高専病

(一般)
こうせんびょう

高専(高等専門学校)における特有の症状。
しかし全国の高専によってその意味は様々。
一般的には、

学校に女子が少なく、さらにクラス外や学校外で女子と接する機会が少ないために、
女の子を見る目が一般的なレベルよりも低くなってしまう。

という意味で使われる場合が多い。

他には、

学校に女子が少なく、さらにクラス外や学校外で女子と接する機会が少ないために、(ここまで一緒)
いきおい余って男の子にときめきを感じてしまう。

という意味や、時にはさらに広く

高専というシステム上(5年一貫教育や教員が博士のため研究優先で教育に熱心でないために)、
勉強が他の高校と比べておろそかになってしまう。

ことをも指す場合がある。

ローカルな意味では、

  • いんき*

がある(男性の性器に白癬菌が感染して起こる病気)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ