高山樗牛

(読書)
たかやまちょぎゅう

1871-1902 明治のカリスマ評論家。

山形県生まれ。本名、林次郎。「太陽」を中心に明治中期の論壇で活躍。「美的生活を論ず」でニーチェに影響を受けた本能満足主義を主張、浪漫主義宣言として反響を呼んだ。
代表作「滝口入道」「時代管見」「文芸評論」。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ