高岳親王

(社会)
たかおかしんのう

延暦18年(799年)〜貞観7年(865年)
日本の平安時代初期の皇族。僧侶。法名は真如。平城天皇の第三皇子。
大同4年(809年)に平城天皇が譲位して嵯峨天皇が即位すると皇太子に立てられるが、翌大同5年(810年)に薬子の変に伴い皇太子を廃された。甥に在原業平がいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ