高島秋帆

(社会)
たかしましゅうはん

1798年9月24日(寛政10年8月15日)〜1866年2月28日(慶応2年1月14日)
日本の江戸時代後期の砲術家。名は茂敦。長崎出身。
天保の改革の時に砲術方与力に抜擢された。
1841年6月27日、徳丸ヶ原で日本初となる洋式砲術の公開演習を行った。このことにちなみ、徳丸ヶ原は大規模団地が開発された1969年に「高島平」と名付けられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ