高松宮記念杯競輪

(スポーツ)
たかまつのみやきねんはいけいりん

高松宮記念杯競輪は競輪のGI競走である。ファンや関係者からは「宮杯」とも略される。
滋賀県大津市に競輪場を開設するにあたり、その選定地が近江神宮の外苑であったから、近江神宮に縁のある高松宮宣仁親王に賜杯の下賜を請願し、承諾を得たというかかわりによって、1950年以降毎年大津びわこ競輪場で開催されていた。
2010年度をもって大津市が競輪事業から撤退したため、2010年6月の第61回が大津びわこ競輪場における最後の開催となった。
2011年度以降は、持ち回り開催となっている。

沿革

1950年、大津びわこ競輪場開設記念開催として第1回『高松宮同妃賜杯競輪』を開催(この時には女子選手による競走もあった)。
1963年、第14回より特別競輪(GI)として正式に認定。
1964年、第15回をもって女子競輪が廃止
1965年、第16回からは『高松宮賜杯』に名称が変更。
1973年、第24回からは『高松宮杯』に名称が変更。これ以降東西対抗の形式をとる。
1998年、第49回からは『高松宮記念杯』と改められ、故高松宮宣仁親王殿下の御遺徳を偲び、その御意志を末永くお守りして継続することとなった。
1999年、第50回からはそれまでの6日制から4日制へと改められた。
2001年、『東西王座戦【GII】(高松宮記念杯競輪トライアル)』が設けられ、ここで高松宮記念杯競輪の優先出走権獲得を目指した競走が行われることとなった。
2002年、東西別での勝ち上がりの場はその『東西王座戦【GII】(高松宮記念杯競輪トライアル)』の東・西各王座戦に移し、高松宮記念杯競輪では初日の一次予選及び青龍賞・白虎賞の各レースにおいて東日本地区・西日本地区の選手がそれぞれ4名又は5名に分かれて激突することとなった。
2004年、青龍賞・白虎賞を含め、初日の競走に関しては全レース東西別で行われ、2日目以降は東西混合戦という形になった。
2010年6月、同年をもって大津市が競輪事業から撤退することになったため、第61回が大津びわこ競輪場による最後の開催となった。
2011年、第62回を前橋競輪場で開催。
2012年、第63回を函館競輪場で開催。
2013年、第64回を岸和田競輪場で開催予定。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ