高橋都彦

(読書)
たかはしくにひこ

ブラジル・ポルトガル語学者、拓殖大学名誉教授。1942年東京生まれ。1967年東京外国語大学ポルトガル・ブラジル科卒、71年同大学院博士課程退学、拓殖大学商学部助教授、教授、2014年退職、名誉教授。2007年ペソア『不安の書』の翻訳ででポルトガル大使館からロドリゲス通事賞を受賞。

著書

  • 『ブラジルポルトガル語の基礎』白水社 2009

共編著

  • 『ブラジル・ポルトガル語の入門』富野幹雄共著 白水社 1974
  • 『標準ブラジルポルトガル語会話』富野幹雄共著 白水社 1978.5
  • 『現代ポルトガル語辞典』池上岑夫, 金七紀男, 富野幹雄, 武田千香共編 白水社 1996

翻訳

  • 『老練なる船乗りたち バイーアの波止場の二つの物語』J.アマード 1978.11 旺文社文庫
  • 『G.Hの受難・家族の絆』リスペクトール ナヲエ・タケイ・ダ・シルバ共訳 集英社 1984.3.ラテンアメリカの文学
  • 『リスボン市に住む帳簿係補佐ベルナルド・ソアレスの不安の書』フェルナンド・ペソア 新思索社 2007
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ