高野聖

(動植物)
こうやひじり

 水生昆虫・タガメの別名。タガメの背中の模様が、高野聖の笈のように見えることから。

高野聖

(読書)
こうやひじり

 泉鏡花の小説。初出:明治33年2月「新小説」
 浪漫主義作家としての泉鏡花が初期に書いた代表作である。自然主義風の作品と違って、作者らしい人物は姿をひそめ、読者は作品にみなぎる鏡花の世界に没入させられる。

歌行燈・高野聖 (新潮文庫)

歌行燈・高野聖 (新潮文庫)

高野聖 (集英社文庫)

高野聖 (集英社文庫)

高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)

高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)

高野聖 (角川文庫)

高野聖 (角川文庫)

高野聖 (文芸まんがシリーズ (12))

高野聖 (文芸まんがシリーズ (12))

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ