鮎川義介

鮎川義介

(一般)
あいかわよしすけ

実業家、政治家。

1880年、山口県生れ。明治の元老、井上馨の長姉の孫。

東京帝国大学工科大学卒。

経営不振に陥った久原財閥を継承し、日産コンツェルンを作り上げた。同コンツェルンには、日立製作所、日本鉱業、日産自動車などが含まれる。

満州開発を図る陸軍や岸信介(当時、満州国政府産業部次長)らの勧めに応じ、日産コンツェルンの本社日本産業を満州に移して満州重工業開発株式会社に改組、本人は総裁に就任した。しかし、経営方針をめぐって陸軍と対立し、1942年、同社総裁を辞任した。

敗戦後、中小企業の振興を狙い、1952年、中小企業助成会を組織。さらに、1956年、日本中小企業政事連盟を組織して、中小企業政策の充実を働きかけた。

1959年、自ら参議院選挙に立候補し、当選。しかし、同時に当選した次男、鮎川金次郎に選挙違反容疑がかけられ、道義上の責任をとって議員を辞職した。

1967年、死去。

2005年1月、鮎川弥一(義介長男)の長男、鮎川純太氏がタレント、杉田かおると結婚し、話題となった。

新着ブログ: 鮎川義介