鳴り物入り

鳴り物入り

(アート)
なりものいり
  1. 落語の高座で、音楽を奏でながら行う演目。また、その舞台。名人・三遊亭円朝が得意とした。
  1. 大々的に登場しながら、その実大したことがない人物など。

ネットの話題: 鳴り物入り

人気

新着

新着ブログ: 鳴り物入り