Hatena Blog Tags

鶴見良行

(読書)
つるみよしゆき

アジア学者。鶴見和子鶴見俊輔姉弟は、従兄弟にあたる。

略歴

1926年、アメリカ合州国カリフォルニア州ロスアンゼルス生まれ。外交官の父の仕事にともない、少年時代、ワシントン、ポートランド、ハルピンなどで在外生活経験を重ねる。水戸高校を経て東京大学法学部を卒業。55年より財団法人・国際文化会館に勤務(〜86年)、その傍ら「思想の科学」誌他への執筆活動を始める。65年「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)発足に関わり、前後して頻繁なアジア行、研究を深める。
73年「アジア太平洋資料センター」(PARC)設立メンバーの一人となり、80年から81年にかけて『アジア人と日本人』『アジアを知るために』『マラッカ物語』の連続刊行を通し、独自なアプローチによるアジア探究者として、旺盛な研究活動を本格化させた。82年『バナナと日本人』、90年『ナマコの眼』などの代表作によって、世に〈稀有な旅人であり自由奔放な知識人〉としての「鶴見良行」スタイルを、鮮烈に刻み付けた。89年より龍谷大学経済学部教授。94年、『ココス島奇譚』執筆中に京都の自宅にて急逝。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

皮をむく手間はないも同然,種もない.程よい甘さが口になじむバナナ.果物売り場のかなりの面積をバナナが占めています.南米産はじわじわ増えつつあるとはいえ,フィリピンからの輸入が今でも他を圧倒しています.「バナナと日本人」のその後も気になりますが---.ビタミンB6含有量は他を圧倒.甘さも十分で,エネルギー源としての役割も担えるます.欠点は,日持ちしないこと.そのため,熟成が進まないように一定の温度(13〜14℃)で運搬.輸入後,「追熟」を経て,店頭に並ぶことに.バナナ1

バナナ1 日本人が最も沢山食べていると言われるバナナ. 今日はバナナについて,とりとめのない話を思いつくまま繋いでいきます. http://www.banana.co.jp/public/trend/trend12.pdf 私も,多くの日本人と同じく,かなり頻繁にバナナを食べています.同居する母親が大好きなことが最大の理由ではありますが,好みの程度も,多くの日本人と同じでまあまあ好き. 果物に関する調査(第2回)/アンケートデータベース(MyEL) バナナの輸入元 近くのスーパーの果物売り場でも,かなりの面積をバナナが占めています. 今日見たところでは,フィリピン産と南米産が半々ぐらいでしょう…