鹿児島実業高等学校

(一般)
かごしまじつぎょうこうとうがっこう

鹿児島県鹿児島市にある私立の高等学校。略称は鹿実。
学校法人川島学園グループ。系列校にれいめい中学校・高等学校尚志館高等学校などがある。
全日制文理科・普通科・総合学科、通信制課程からなる。
スポーツ名門校のイメージが強いが、近年、進学コースとして文理科を開設し、進学教育にも力を入れている。また、女子へも門戸を開くなどして従来の経営方針を転換し、少子化への対応を図っている。

沿革

1916年、私立鹿児島実業中学館を西千石町に創立。
1917年、私立鹿児島実業学校設立認可。
1947年、財団法人川島学園設立認可。
1948年、学制改革により、鹿児島実業高等学校と改称(全日制・定時制)。本科別科に分かれ、本科は普通科(1952年に募集停止)、商業科、 機械科、土木科、建築科(1953年に募集停止)の5科を置く。
1951年、学校法人川島学園に改組。
1960年、電気科新設。
1964年、川内市(現・薩摩川内市)に鹿児島実業高等学校川内分校(現・れいめい高等学校)新設。
1976年、定時制廃止。
1977年、普通科設置。
1993年、情報工学科設置。
1995年、現在地の鹿児島市五ヶ別府町に移転。文理科設置。文理科・普通科・情報工学科・商業科で女子生徒募集開始。
1999年、総合学科設置。
2000年、機械科・電気科・土木科で女子生徒募集(全学科男女共学化)。通信制課程設置。
2003年、文理科・普通科・総合学科の3科に改編、2学期制に移行。

部活動

部活動に力を入れており、野球、サッカーなどで全国大会常連校の一つ。1996年、サッカー部が第74回全国高等学校サッカー選手権大会で優勝(静岡学園高等学校と両校優勝)するとともに、硬式野球部が第68回選抜高等学校野球大会を制覇した。サッカー部は2005年、第83回全国高等学校サッカー選手権大会でも全国制覇を成し遂げた(初の単独優勝)。2010年、陸上競技部が第61回全国高等学校駅伝競走大会(男子の部)で初優勝を果たした。
サッカー部、硬式野球部、陸上競技部(男子駅伝)の他に、剣道部、相撲部、柔道部、新体操部、射撃部、ソフトテニス部が全国制覇の経験がある。

主な卒業生

野球

永江健一、久木田正昭、川畑和人、定岡智秋、定岡正二、鹿島忠、定岡徹久、林博康、入来智、内之倉隆志、内薗直樹、杉内俊哉、本多雄一、伊集院峰弘

サッカー

前田浩二、片野坂知宏、久永辰徳、前園真聖、藤山竜仁、城彰二、藤崎義孝、遠藤彰弘、遠藤保仁、田ノ上信也、平瀬智行、松井大輔、那須大亮、田原豊、上本大海、赤嶺真吾、松下年宏、登尾顕徳、岩下敬輔、伊野波雅彦、西岡謙太

ラグビー

蔵憲治

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ