鹿児島郡

(地理)
かごしまぐん

鹿児島県鹿児島郡は、鹿児島県南部にある郡。
1973年4月1日に大島郡より所属が移った以下の2村からなる。また、本土に存在していた鹿児島郡の町村は、すべて鹿児島市に編入された。

  • 三島村
  • 十島村

沿革

1889年4月1日、町村制施行に伴い、鹿児島郡に吉田村・吉野村・伊敷村・西武田村・中郡宇村の5村が成立。(5村)
1897年4月1日、谿山郡・北大隅郡と統合され、谷山村、西桜島村、東桜島村の3村を加える。(8村)
1924年9月1日、谷山村が町制施行し谷山町となる。(1町7村)
1934年8月1日、吉野村・西武田村・中郡宇村が鹿児島市に編入。(1町4村)
1950年10月1日、伊敷村・東桜島村が鹿児島市に編入。(1町2村)
1958年10月1日、谷山町が市制施行し、谷山市となり郡より離脱。(2村)
1972年11月1日、吉田村が町制施行し吉田町となる。(1町1村)
1973年4月1日、大島郡三島村・十島村が鹿児島郡に移管。(1町3村)
1973年5月1日、西桜島村が町制施行・改称し桜島町となる。(2町2村)
2004年11月1日、吉田町・桜島町が鹿児島市に編入。(2村)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ