黄金の中盤

(スポーツ)
おうごんのちゅうばん

歴史的には

1982年のFIFAワールドカップスペイン大会におけるブラジル代表の中盤の通称。
ジーコ、トニーニョ・セレーゾ、ソクラテス、ファルカンの4人を指した。
「クワトロ・オーメン・ジ・オロ」とも。

一方、日本では

最近ではジーコジャパンにおいて、中田英寿、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一の4人を指す事もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ