黒木知宏

(スポーツ)
くろきともひろ

プロ野球選手、指導者。
通称「ジョニー黒木*1」。
右投右打、ポジションは投手。背番号は54番。
1973年12月13日生まれ、宮崎県日向市出身。
延岡学園高校から新王子製紙春日井を経て、1994年、ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。

ボビーチルドレンの1人として、入団当初はリリーフとして期待されるが、先発に転向。
1996年からは5年連続規定投球回登板し、小宮山悟、伊良部秀輝、エリック・ヒルマンが抜けたマリーンズで先発の柱として活躍する。

1998年7月7日、グリーンスタジアム神戸でのオリックス・ブルーウェーブ戦で連敗脱出をかけて先発。
勝利まであと1人となった9回2死の場面で、ハービー・プリアムに同点本塁打を打たれる。
マウンドで号泣し崩れ去る姿が全国中継された。*2

この悪夢を乗り越え、シーズン最多勝獲得。
エース投手となり、1990年代のマリーンズを支えた。

2001年、開幕9連勝を記録するなど絶好調だったが、この年右肩を痛めてしまう。
オールスターゲームのファン投票で1位獲得、期待に応えて強行出場、先発して好投する。
しかし、この強行出場がたたり、この年の夏から戦線離脱する。

2004年におよそ3年間のリハビリを経て戦列復帰。開幕当初は勝利に恵まれなかったが、
6月2日、北九州市民球場での福岡ダイエーホークス戦で劇的な復活勝利を挙げる。
このまま完全復活するかと思われたが、右ひじ痛でまたもや離脱。

2005年8月28日、7回を無失点に抑えて1年振りの勝利をおさめた。

2007年、現役引退。
引退後は野球評論家に転身。辛口解説が評判となる。
また日本テレビ「Going!」にも準レギュラー出演。*3


2013年、北海道日本ハムファイターズの一軍投手コーチに就任。


マウンドの記憶―黒木知宏、17連敗の向こう側へ

マウンドの記憶―黒木知宏、17連敗の向こう側へ

黒木知宏〈千葉ロッテ〉―サムライハート (スポーツアルバム (No.6))

黒木知宏〈千葉ロッテ〉―サムライハート (スポーツアルバム (No.6))

*1:入団時の「ジョニーと呼んでくれ」発言が話題となり、ジョニー黒木のニックネームが定着する。

*2:なお、試合は延長戦で負け、17連敗のプロ野球ワースト記録を樹立。翌日も敗れ、18連敗を記録した。

*3:赤星憲広と交代で隔週出演。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ