21世紀枠

21世紀枠

(スポーツ)
にじゅういっせいきわく

高校野球全国大会である選抜高等学校野球大会(センバツ)の出場枠の一つ。

「一般選考枠」のほかに、秋季都道府県大会において参加校数が128校を上回る都道府県はベスト16、それ以外の県ではベスト8以上の学校の中から、恵まれない環境、他校や地域に良い影響を与えているなどの理由で認められた高校が3校選出される(2007年までは2校選出、2013年第85回大会は記念大会として4校選出)。
2012年まで21世紀枠に選出された高校は全て公立校だったが、2013年の第85回記念大会で高知の土佐高等学校が私立校として初めて選出された。


また、2003年から2008年までは、一般選考補欠校の中から失点の少ないチームを1校選出する「希望枠」という制度が設けられていた。

21世紀枠での出場校

※は21世紀枠で出場後、春・夏どちらかでも出場した学校

2001年(第73回)

2002年(第74回)

2003年(第75回)

2004年(第76回)

2005年(第77回)

2006年(第78回)

2007年(第79回)

2008年(第80回)

2009年(第81回)

2010年(第82回)

2012年(第84回)

2013年(第85回記念大会)

2014年(第86回

2016年(第88回

関連キーワード

  • チャレンジ枠(ラグビー)
  • ドリーム枠(テニス)

ネットの話題: 21世紀枠

人気

新着

新着ブログ: 21世紀枠