55年体制

(社会)
ごじゅうごねんたいせい

1955年の左派社会党右派社会党の再統合による日本社会党社会党)、自由党日本民主党保守合同による自由民主党自民党)の結党から日本社会党社会党)崩壊までの日本の政治体制。

自民党が常に与党として政権を担い、社会党野党第1党として反対野党としての立場を維持し、その状態で安定していた体制。

1990年代に入ると、1991年のソビエト連邦ソ連)崩壊による、東西冷戦及び共産主義社会主義の終焉、日本の政界再編の波などが襲い、1994年の“自社さ連立政権”の樹立。1996年の日本社会党の崩壊による社会民主党社民党)への改名で“55年体制”は終焉を告げる。
1998年6月に“自社さ連立政権”は解消された。
1955年体制とも。

55年体制下の政治と経済―時事世論調査データの分析

55年体制下の政治と経済―時事世論調査データの分析

一九五五年体制の成立

一九五五年体制の成立

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ