ACFフィオレンティーナ

(スポーツ)
あーちえっふぇふぃおれんてぃーな

ACF Fiorentina
イタリアのサッカークラブ

クラブ概要

正式名称 : ACF Fiorentina S.p.A.
愛称 : Viola, Gigliati
クラブカラー : 紫
創設 : 1926年 (現在のクラブ形態は2002年)
本拠地 : Firenze, Provincia di Firenze, Regione Toscana (フィレンツェフィレンツェ県トスカーナ州
スタジアム : Stadio Artemio Franchi (スタディオ・アルテミオ・フランキ)
収容人数 : 47.282人

国内タイトル

国際タイトル

歴史など

1926年8月26日、フィレンツェを本拠地とする2つのサッカークラブ パレストラ・ジンナスティカ・リベルタス (Palestra Ginnastica Libertas) と クラブ・スポルティーヴォ・フィレンツェ (Club Sportivo Firenze) が合併し ACフィオレンティーナ (Associazione Calcistica Fiorentina)」 を結成。クラブ名のフィオレンティーナはラテン語の 「花 (Fiore)」 を意味し、これを由来とした地元フィレンツェ市の紋章である 「ユリの花」 が、そのままクラブのエンブレムに使われている。愛称のヴィオラ (Viola) はイタリア語で 「すみれ(色)」 を意味する。

1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会で優勝したときの立役者の1人で、「フィレンツェの至宝」 といわれたファンタジスタ ジャンカルロ・アントニョーニ (Giancarlo Antognoni, 1972年〜1987年に在籍) が所属し、1990年代にはガブリエル・バティストゥータ (Gabriel Batistuta)、マヌエル・ルイ・コスタ (Rui Manuel César Costa)、フランチェスコ・トルド (Francesco Toldo) らが在籍し、ロベルト・バッジョ (Roberto Baggio, 1986年〜1990年に在籍) の才能が開花したのもこのクラブ。2004-05シーズンに中田英寿が在籍したサッカークラブとしても知られている。


2002年の夏、財政破綻に伴いセリエC2 (イタリア4部リーグ) に降格し、一時はクラブ名もフロレンティア・ヴィオラ (Florentia Viola) と改称を余儀なくされていたが*1、地元企業の財政支援で "Fiorentina" の名称使用権を取得し、リーグのクラブ数拡大とともにセリエBに昇格。2003-04シーズンをセリエB6位で終え、そしてプレイオフの末3シーズンぶりとなる2004-05シーズンのセリエA昇格を決めた。

2005-06シーズン終了後、審判買収や試合結果操作などに加担したとして*2、翌2006-07シーズンを勝ち点をマイナス15からスタートすることとなったが、ルカ・トーニ (Luca Toni) の活躍などでセリエAを5位でシーズンを終え、その後はUEFAヨーロッパリーグUEFAチャンピオンズリーグなどのヨーロッパカップコンペティションにたびたび出場している。

名誉会長: ディエゴ・デッラ・ヴァッレ

ミラノ創業の高級靴メーカー 『 TOD'S 』 の経営者で知られたマルケ州出身の実業家で、『コリエレ・デッラ・セーラ』 紙の株主でもある。生粋のインテリスタで、フィオレンティーナを買収するまではインテル・ミラノの役員だった。

フィオレンティーナを扱った作品

Viva!calcio 1 (月刊マガジンコミックス)

Viva!calcio 1 (月刊マガジンコミックス)

主人公がフィオレンティーナに所属しているという設定。

*1:それまでのクラブ名は Associazione Calcio Fiorentina (ACフィオレンティーナ

*2:俗に言うカルチョ・スキャンダル (Calcio Scandal)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ