Celeron M

(コンピュータ)
せれろんえむ

Intelが2003年にバリュー向けモバイルにリリースしたCPU.
Pentium Mと同じBaniasコアだが,2次キャッシュが512kバイトに制限されている.
FSBは400MHz,SSE2などに対応.


2004年にPentium MがDothanコアに移行するのにともない,Celeron MもDothanコアへ移行.
相変わらず2次キャッシュが1Mバイトに制限されたままであるが,消費電力が下がった.
プロセッサナンバーは3xx.


2006年4月にはYonahコアのCeleron Mがリリースされた.
DothanコアのCeleron Mと同じく2次キャッシュは1Mバイトに制限されたままであるが,FSBが533MHzへ向上するなど,性能は確実に向上している.
またオーバークロック耐性が高いことから人気のCPUとなっている.*1
プロセッサナンバーは4xx.


なお,DothanコアのPentium M(プロセッサナンバー)発売以降,Celeron Mもプロセッサナンバーを導入している.


→Celeron/Celeron D

*1:1.73〜1.60GHzのCPUが3GHz近くで動作する模様.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ