CONTAX T2

CONTAX T2

(一般)
こんたっくすてぃーつー

京セラ製の35ミリフィルムカメラ。1990年12月発売。定価12万円。
同社製のCONTAXブランドコンパクト機「CONTAX T」から発展した二代目モデルで、
いわゆる「高級コンパクトカメラ」市場の先駆けとなった。
CONTAX Tixと入れ替わりに絶版となったが、その後「CONTAX T3」に発展した。

主な仕様

  • 形式:35mmレンズシャッター式コンパクトカメラ
  • レンズ:ゾナーT*38mm F2.8 4群5枚
  • シャッター速度:1秒〜1/500秒
  • 撮影距離:0.7m〜∞ 赤外線アクティブ式オートフォーカス
  • 露出制御:絞り優先プログラムオート
  • 大きさ:幅119×高さ66×奥行33mm
  • 重量:295g
  • その他の機能:
    • ±2EVの範囲内で露出補正可(ステップ1/2)
    • マニュアルフォーカス可

特記事項

AF使用時に中抜け現象が多いことがよく指摘されている。
実際のフォーカスポイントが、ファインダー上に表示されているそれよりも左に寄っていることに起因しているらしく、
近接撮影時のフォーカスポイントを利用してAFロックをかけたり、MF機能を利用したりして対処している方もいる様子。

ネットの話題: CONTAX T2

人気

新着

新着ブログ: CONTAX T2