Core 2 Quad

(コンピュータ)
こあつーくあっど

Intelが2007年第1四半期に投入したクアッドコアCPU。Core 2 Duoの上位製品。コードネームはKentsfield。

2個のCore 2 Duoを1パッケージに収めたものであり、共有メモリは二分割される。
しかし、そんなの気にする必要はなく、普通にC2Dよりは速い。
(Dual CPU構成マシンよりは効率よいから当然と言えば当然かもしれない)

Kentsfield(Conroeコア)

2007年1月9日に発表。4個のCPUコアを1パッケージに収めたクアッドコアCPU。(2個のConroeコアを1パッケージに収めたもの)
製造プロセスは65nmで、FSBは1,066MHz、2次キャッシュは4MB x2、Intel Virtualization Technology(VT)、Intel 64(旧称EM64T)、拡張版Intel SpeedStep Technology(EIST)に対応。NX機能であるExecution Disable Bit(XD bit)を搭載。
プロセッサーナンバーはQ6000。TDPは105Wまたは95W。対応ソケットはLGA775。対応チップセットは975X Express、P965 Express。

Yorkfield(Penrynコア)

2008年1月8日に発表。Q6000番台から製造プロセスを65nmから45nmに細分化し、Trusted Execution TechnologyやSSE4、Radix 16などの機能を搭載したもの。
製造プロセスは45nmで、FSBは1,333MHz、2次キャッシュは12MBまたは6MB、Intel Virtualization Technology(VT)、Intel 64、拡張版Intel SpeedStep Technology(EIST)、TXT、SSE4、Radix 16などに対応。NX機能であるExecution Disable Bit(XD bit)を搭載。
プロセッサーナンバーは2次キャッシュ12MB版がQ9050、2次キャッシュ6MB版がQ9000。TDPは95W。対応ソケットはLGA775。対応チップセットはIntel 3シリーズ。

IntelのデスクトップPC向けプラットフォームブランド「Viiv」を構成するCPUである。

関連キーワード

  • Core 2 Duo
  • Core 2 Extreme
  • Xeon
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ