CORTEX-M3

(コンピュータ)
こーてっくすえむすりー

ARM社の開発した小型CPUコア。ASICに搭載して使う。

ARM7Tで採用されたThumb命令セットを拡張したThumb2命令セットを持ち、ARM命令セットを省いている。この結果、OSや割り込みまで含めたほとんどすべての作業を16bitで行うことができるようになった。そのため、プログラムサイズがコンパクトになり、場合によっては早くなる*1。現在、低価格組み込みプロセッサに広く使われているARTM7TDMIを置き換えるものと期待されている。

ARM7TDMIアーキテクチャからの距離が小さいため、コンパイラをはじめとする開発ツールの対応がよい。ARM社の純正開発ツールのほか、多くのサードパーティによるサポートが期待される。GNUツールチェーンはほぼ対応を完了している。

CORTEX-M3を使用した製品はすでに市場に出回っている。そのひとつ、ST MicroのSTM32F103VBはDesign Wave Magazine誌の2008年5月号付録として採用された。

*1:ARM7TDMI応用製品の中には、内部バス幅16bitのものもある

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ