Dart

(コンピュータ)
だーと

2011年にGoogleがJavaScriptを置き換える新しいウェブプログラミング言語の標準化を目指して公開したプログラミング言語。
Java風の構文を持ち、クラスベースのオブジェクト指向プログラミングをサポートする。また、Isolateというshared nothingなスレッド機構を持つ。

記述されたプログラムは「Dart VM」と呼ばれる仮想マシン上で動作する。またライブラリ「dart2js」でJavaScriptへ変換でき、Dartをサポートしていないブラウザでも実行可能。

  • 2012年3月、IDEであるDart Editorとコマンドラインから使える処理系が含まれたDart SDKが利用可能。
  • 2013年6月19日、ベータ版をリリース。
  • 2013年11月14日、正式版がリリース*1
  • 2013年12月12日、ECMA Internationalが標準化を開始*2
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ