DTCP

DTCP

(一般)
でぃーてぃーしーぴー

DTCP (Digital Transmission Content Protection)

ハードディスクレコーダーなどで録画された映像などを転送時に保護するための仕組み。
データはDTLAが発行する証明書を使った公開鍵暗号により暗号化されるなど、IEEE1394で機器間で映像を転送する場合に適用される。
1998年、松下電器産業、インテル、日立製作所、ソニー、東芝がCPTWGに共同提案。
デジタル放送をIEEE1394を経由して機器外にデジタルのまま移動/再生させるために必要。(ARIBの規定)

DTCP-1394などといわれることもあるが同じもの。

  • DTCP-IP (DLNAで使用される) などがある

ネットの話題: DTCP

人気

新着

新着ブログ: DTCP