FRP防水

(一般)
えふあーるぴーぼうすい

FRP防水とは、母材となるコンクリート、金属や木部の表面にライニングすることで、FRPの被覆防水層を形成する工法です。ライニングとは防水・耐蝕のために合成樹脂(ゴム・ウレタン・エポキシ・ポリエステル等)ガラス繊維・シリカサンドを用い、積層により樹脂を厚く塗り皮膜を形成させることをいいます。軟質の樹脂で現場施工され、反応硬化して補強材と一体になったFRP層は防水機能をはじめ、耐食や耐熱、耐候性など 種々の外的要因からの保護機能を発揮し、今までに無い耐久性のある新素材の防水材として注目されてきています。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ