Google+

Google+

(ウェブ)
ぐーぐるぷらす

Googleによるウェブサービス。ソーシャルネットワークサービス(SNS)。

特徴

サークル

既存のオンラインサービスでは、すべての人間関係を「友だち」というひとつの括りにまとめていた。Google+では、友だちや家族、同じ趣味の仲間という関係に応じて自由にグループ分けをし、サークルに登録したユーザーとだけ情報を共有できる。

Sparks

情報共有エンジン。自分が興味のあるトピックを登録しておくと、そのトピックにマッチした情報を見つけてくれる。

ハングアウト(Hangouts)

リアルタイムテキストチャット・多人数ビデオ通話が可能なコミュニケーションツール。
Android・iOSアプリ、ブラウザ上のGoogle+やGmail、Chromeアプリに対応。

イベント

  • 簡単にイベントを作成して管理できる。
  • Google Calendarと連動。
  • 設定したハングアウトのメンバーに自動的に招待状を送る。
  • 「パーティーモード」では、撮影した写真をリアルタイムで表示できる。

写真管理

  • 5GBの無料ストレージにアップロード・バックアップ
  • 写真の自動修正機能

実名登録(ニックネームや旧姓などを「Other name」としてプロフィールに表示になった。)

スマートフォンアプリ

モバイル

  • 位置情報:投稿に位置情報が自動で追加され友達が「どこにいるか」「どこに行ったか」を可視化できる
  • インスタントアップロード:携帯電話で撮影した写真をパソコンに移す手間を省き、そのままクラウド上にアップロードしすぐに友達と共有できる
  • グループチャット:「Huddle」でサークルの仲間とリアルタイムで会話の内容を伝えることが可能

人気の高い利用者をランキング(2013年1月28日時点)

名前 サークルに追加されている数
1 Hello Kitty 2,324,367人
2 PlayStation 2,295,809人
3 TOYOTA 2,096,508人
4 Nissan 1,879,273人
5 mtbk.tokyo 1,173,467人
6 Uniqlo 579,716人
7 Sony 573,507人
8 大島優子 374,733人
9 篠田麻里子 347,349人
10 柏木由紀 343,401人

沿革

  • 2011年6月、招待制でリリース。
  • 2011年8月、ゲーム機能を追加。
  • 2011年9月、一般リリース。
  • 2011年11月、企業向けサービスとして、「Google+ Page」がローンチ。
  • 2012年1月、利用可能年齢が18歳以上から13歳以上に。
  • 2012年4月、ユーザーインタフェースの一新。
  • 2012年5月、ハングアウトのオンエアー機能が公開。
  • 2012年12月、Google+コミュニティが公開。
  • 2013年6月、通知アイコンが「ミスター・ジングル」に変更される。
  • 2013年12月、Google+へ投稿されたポストを外部サイトに配信出来る「+Post Ads」のテストを開始。

その他

ユーザー数の推移

  • 開始から約1ヵ月でユーザーが2500万人を超える。*2
  • 2012年1月にはユーザーが9000万人を超え、利用者のうち6割が1日に1回以上、8割は1週間に1回以上サービスを使っているという。*3
  • 2012年6月、ユーザー数は2億5000万人を超えた。
  • 2012年、世界第2のSNSになったことが、英Trendstream社の「GlobalWebIndex」の調査で明らかになった*4
  • 2013年10月、約5億4000万人を超えたことを発表。

呼び名

アイドルグループ「AKB48」の交流サービス「AKB48 on Google+」により、「ぐぐたす」や「ぐーぷら」など日本独自の呼び名が広まった。

ネットの話題: Google+

人気

新着

新着ブログ: Google+