Hatena Blog Tags

Jリーグチャンピオンシップ

(スポーツ)
じぇいりーぐちゃんぴおんしっぷ

1993年〜2004年(Jリーグサントリーチャンピオンシップ)

1993年から2004年*1まで毎年開催されていた、Jリーグの年間王者決定戦。
Jリーグ ディビジョン1(J1)の1stステージと2ndステージそれぞれの優勝チームによる年間優勝決定試合。特別協賛はサントリー。ホーム&アウェー方式により行われた。Jリーグの年間順位は、チャンピオンシップの勝者が優勝、敗者が2位となる。勝利クラブには、Jリーグチャンピオンとしてゼロックス・スーパーカップ、AFCチャンピオンズリーグへの出場権が与えられる。
なお、1stステージと2ndステージともに同じチームが制した(完全優勝)場合は行われず。
2005年より1シーズン制に移行した為、2004年が最後となった。

歴代大会結果

太字は年間王者

年度 1stステージ王者 スコア 2ndステージ王者 備考
1993年 鹿島アントラーズ 0 - 2
1 - 1
ヴェルディ川崎
1994年 サンフレッチェ広島 0 - 1
0 - 1
ヴェルディ川崎
1995年 横浜マリノス 1 - 0
1 - 0
ヴェルディ川崎 順位決定方式に勝ち点制導入
1997年 鹿島アントラーズ 2 - 3v
0 - 1
ジュビロ磐田 勝ち点変更
1998年 ジュビロ磐田 1 - 2v
1 - 2
鹿島アントラーズ
1999年 ジュビロ磐田 2v - 1
1 - 2v
PK 4-2
清水エスパルス 1LegのPK戦廃止
2000年 横浜F・マリノス 0 - 0
0 - 3
鹿島アントラーズ
2001年 ジュビロ磐田 2 - 2
0 - 0
延長0-1v
鹿島アントラーズ
2002年 ジュビロ磐田 --- ジュビロ磐田 完全優勝
2003年 横浜F・マリノス --- 横浜F・マリノス 完全優勝
2004年 横浜F・マリノス 1 - 0
0 - 1
PK 4-2
浦和レッズ

2015年〜(明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ)

2015年、2ステージ制移行に伴い復活。大会要項は以下の通り。

  • スーパーステージ一回戦:ステージ優勝チームのうち年間勝ち点上位のチームがホームで年間勝ち点3位のチームと、同じくステージ優勝チームのうち年間勝ち点下位のチームがホームで年間勝ち点2位のチームと、それぞれ90分(延長30分・PK戦)の一発勝負。なお、2016年度は延長戦は行わず、引き分けた場合年間勝ち点上位のチームが勝者となる。
  • スーパーステージ準決勝:一回戦の勝者のうち、年間勝ち点が上位だったチームのホームで同じく90分(延長30分・PK戦)の一発勝負。2016年度は一回戦と同じく、引き分けた場合年間勝ち点上位のチームが勝者となる。
  • チャンピオンシップ:準決勝の勝者と年間勝ち点1位のチームで、ホーム&アウェーの90分の2回戦制で行われ、勝ち星が同じ場合得失点差→アウェーゴール数で判定、それでも決着がつかなかった場合に限り延長30分・PK戦を行う。2016年度は延長戦は行わず、引き分けた場合年間勝ち点上位のチームがチャンピオンとなる。

条件に当てはまるチームが重複した、あるいはステージ1位チームの降格やJ1ライセンス失効に伴う出場資格剥奪があった場合、出場枠の補てんは行われない。
なおJリーグと同様明治安田生命がスポンサーについた。
2017年より1シーズン制に再移行するため、2016年が最後となる予定。

2015年

ラウンド 上位チーム スコア 下位チーム 会場 備考
準決勝 浦和レッズ
(1st優勝、年間2位)
1 - 3 ガンバ大阪
(年間3位)
埼玉スタジアム2002  
決勝 サンフレッチェ広島
(2nd優勝、年間1位)
3 - 2
1 - 1
ガンバ大阪 万博記念競技場
エディオンスタジアム広島
 

2016年

ラウンド 上位チーム スコア 下位チーム 会場 備考
準決勝 川崎フロンターレ
(年間2位)
0 - 1 鹿島アントラーズ
(1st優勝、年間3位)
等々力陸上競技場  
決勝 浦和レッズ
(2nd優勝、年間1位)
1 - 0
1 - 2
鹿島アントラーズ カシマサッカースタジアム
埼玉スタジアム2002
 

*1:1シーズン制だった1996年を除く

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ