Jocelyn Brown

(音楽)
じょせりんぶらうん

70年代よりセッション・シンガーとしてのキャリアをスタート。
その後、サルソウルのディスコ・プロジェクト、インナー・ライフのリード・ヴォーカルとして「I'm Caught Up」「Ain't No Man High Enough」などのヒットを放つ。
84年には初ソロ作『Somebody Else's Guy』を発表。表題曲は、永遠のクラブ・クラシックとして現在も世界各地のフロアを揺らしている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ