Hatena Blog Tags

MMT理論

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

「悪い円安」という悪夢が到来

□「悪い円安」という悪夢が到来 ここ1ヶ月で円相場が20円近く円安になったのですが、これは、ただ事ではありません。円の暴落と言える出来事です。そのことについて、なにか対策をしなければならないのですが、実は今の円安の原因は、貿易赤字と日本政府の借金、国債を日銀に購入させるために大量の円を発行したことに原因しています。 この問題は、異次元の量的緩和ということで金融緩和だということを話して、ここ何年も日本円を大量に発行して、日本政府の財政危機を支援してきた結果、対外的に円の価値を一気に下げていることがいえます。 日本円の借金問題は、自国通貨であるので、これは、借金にならないというMMT理論的な話が一…

急激な円安に打つ手なしの日本!このままならずの底に落ちるのか?

□急激な円安に打つ手なしの日本!このままならずの底に落ちるのか? 日本円安の一番の原因は、公定歩合の引き上げができないことが一番の原因になっています。その理由は、日本は、金利引き上げをするということは、同時に国債を中央銀行に買い取らせる場合、公定歩合の引き上げは、国債も高い金利をつけることになりますので、高い金利をつければ、政府が国債を売った後に償還する際に、高い金利をつけて借金の返済をしなければなりません。そうなれば、普通でも借金により、回している日本政府の財政に対し、自国通貨の調達で、大きな金利をつけて借金をしたくないという考えがあるので、公定歩合の引き上げができません。 この状況では国際…