SSL

(地理)
えすえすえる

湘南新宿ラインの略称。

SSL

(コンピュータ)
えすえすえる

Secure Socket Layer (セキュア-ソケット-レイヤー) の略。
ウェブを利用したデータのやりとりのセキュリティ機能のプロトコル名。Webに限らずTCPを用いた通信でなら何にでも使用可能。
2004年1月現在の最新バージョンは、SSL3.0。次世代の規格としてTLSが開発された。

SSL2.0は、安全ではなくなってきているのでIE7、Mozilla Firefox 2.0などでは弱い暗号が利用できないように変更されているが、サーバ側が安全な暗号に対応していない場合もある。

ちなみに、ベリサイン社の技術ではない。

  1. 開発社 - Netscape Communications (ネットスケープコミュニケーションズ)
  2. プロトコル - トランスポート層に位置する。
  3. 暗号化 - 共通鍵暗号。
  4. 特徴
    1. HTTPだけでなくFTPでも利用できる。
    2. データ送受信者のなりすましを防ぐため、 CA(Certification Authority)による保証が必要。

関連キーワード

  1. 暗号化技術
  2. 電子認証システム
  3. 公開鍵暗号基盤
  4. PKI
  5. 電子署名
  6. TLS
  7. HTTPS
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ