DDT

(サイエンス)
でぃーでぃーてぃー

【DichloroDiphenylTrichloroethane】
有機化学物質のひとつ。1940年代に殺虫性のあることが発見され、第二次世界大戦前後から殺虫剤として大量に用いられるようになった。人々が頭から大量のDDTを振りかけられている記録映画を見た人も多かろう。
しかし後に自然環境への悪影響があることが明らかになり、日本では1971年に使用が禁止されたが、使用を禁止していない国も、発展途上国を中心に多い。
ジクロロジフェニルトリクロロエタン。デーデーテー。

DDT

(ゲーム)
でぃーでぃーてぃー

パチスロにおいてしっかりと目押しを行い子役の取りこぼしを一掃すること。
昔はこれを行うことで劇的に勝率が変化したが、現在の機械では液晶などの進化により、不必要な場合が多い。

語源はパチスロ必勝ガイド誌。
パチスロ攻略マガジン誌では同義でKKKと呼ばれる。
(余談ではあるがマガジン誌でKKKと呼ぶ人はほとんど居ない)

DDT

(スポーツ)
でぃーでぃーてぃー

相手の頭を脇に挟んでマットに叩きつけるプロレス技。 語源は殺虫剤のDDT。「デンジャラス・ドライバー・テンリュー」の略ではない。

DDT

(スポーツ)
でぃーでぃーてぃー
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ