DRAM

(コンピュータ)
でぃーらむ

Dynamic Random Access Memory
半導体記憶素子の作り方で、コンデンサーにビットを記憶させるタイプのメモリをさす。時間が経過するとコンデンサーに蓄えた電荷が減少するため、一定時間内に再書き込みを行わなければならない。したがって、電源を落とすと記憶内容は消去されてしまう。
トランジスタの電気の流れで記憶するタイプは、SRAM と呼ばれる。
DRAM は、SRAM に比べて、スピードは、遅いが、安くでき、また集積度も上げやすいため、主記憶(メインメモリー)によく使用される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ