O2Jam

(ゲーム)
おーつーじゃむ

韓国製のオンライン音楽ゲーム。クライアントには韓国語版の他、マレーシア版(言語は英語)がある。


インターフェースはボンバーマインオンラインとEZ2DJを足して2で割ったようなもので、ロビーで部屋を作り、ルームマスターが曲やオプションを決め、ゲームに入る。チャットも可能だが、残念ながら2バイト文字は表示できない。


ゲーム部分は、降ってくるオブジェに対応したキーを判定ライン上で叩くという基本に忠実なシステム。曲が終了すると、同じ部屋で対戦したほかの人と一緒にリザルト画面が表示される。


曲をプレイする事で手に入るお金 (単位:GEM) を使うことで、アバターに服や楽器を買うことができるのも特徴。ただ、報酬として貰える額 (平均130〜200) と比べ、物価が高めなので、何か一つを購入するにもかなりのプレイ時間を強いられる。


なお、プレイヤーレベルも存在。Lv0 から始まり、曲をプレイすることで経験値を入手、規定量溜めることでレベルが上昇する。ただし、レベルが4上がるごとにミッションが提示され、ここで指定された条件をクリアしない限り、次のレベルには上がれないようになっている。


肝心の楽曲は、韓国のBMS作家が提供していたり、あのEZ2DJからの移植曲も存在。曲のクオリティにはかなりのバラつきがあるが、そんな部分もO2Jamの味といえるだろう。


日本では禁則とされている配置のオンパレードによる譜面は、ある意味新鮮ささえも感じさせてくれる。


恐るべし韓国、といえよう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ