TOM TOM CLUB

TOM TOM CLUB

(音楽)
とむとむくらぶ

トーキング・ヘッズのリズム隊、ティナ(b)&クリス(dr)夫妻によるフューチャー・ポップ・プロジェクト。ヘッズが歴史的傑作『リメイン・イン・ライト』をリリースした翌81年に結成。ヒップホップやレゲエのテイストをふんだんに盛り込んだ、当時としては猛烈にニュー・スクールなダンス・ポップを展開し、高い人気/評価を獲得していった。――『おしゃべり魔女』(81年)、『フォクシー・ワールド』(83年)と2枚の名作を世に残している。