vim病

(コンピュータ)
びむびょう

vimの素晴らしさを理解しだした頃に発病する病気。
次の症状が見られれば、vim病である。

  • 手を動かす距離が気になり、ホームポジションから手を動かしたくなくなる。マウスに手を動かすのは論外でカーソルキーに手を動かすのも嫌いになる。
  • UNIX配列の英語キーボードを使っている。
  • vimのコマンドを覚え設定にこだわる。便利なプラグインを探すのに燃え、無ければ自作する。
    • ブログの投稿にvimのプラグインを使用する。(はてなダイアリーの投稿にはhatena.vimが使える。)
  • Notepadなどのほかのエディタでも手が勝手にvimキーバインドを叩いてしまう。
  • 何でもvimキーバインドにしなければ気がすまなくなる
    • シェルはbashやzshのviモードを使う。
    • WebブラウザはFirefoxにVimperatorアドオンを入れて使う。
    • メーラはmuttを使う。もしくはThunderbirdにMuttatorアドオンを入れて使う。
    • Mac OS XでVi Input Managerを使えば Safari上でブログ書くのも、TextEditでメモを書くのも vi系キー操作で編集できるようになる。

関連

名前を言ってはいけないあのエディタ

ViIMproved‐Vim完全バイブル

ViIMproved‐Vim完全バイブル

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ