Hatena::ブログ(Diary)

ABAの日誌

Back to ABA Games
Twitter (abagames)
カレンダー
 

2014-12-01

最新ゲーム機の裸眼立体視をマイコン時代のBASICで堪能できるプチコン3号

ニンテンドーDS用プログラミング環境プチコンの第3弾は3DS用である。

しかも裸眼立体視対応である。1000円を握りしめてニンテンドーeショップに駆け込み、プチコン3号を買って、以下のプログラムを打ち込もう。

@1:LOCATE RND(48),RND(30),RND(500)-250:PRINT "バカ":GOTO @1

文字列の表示位置を指定するLOCATEの引数が3つあることに注目。3つ目の引数のZ座標で奥行きを設定することができ、このプログラムで3DSの上画面に飛び出す「バカ」が表示できる。

立体視を手軽に試すことができるという点では、プチコン3号はかなりイケている環境である。コンソール上のテキストだけでなく、スプライトやBGなどもZ座標を設定することで画面から飛び出した位置や奥まった位置に配置できる。ムダに立体なゲームが作りたくなる。

作ったゲームはサーバ上にアップロード、公開することができ、公開キーを打ち込むことでダウンロードできる。作ったゲームを配るのも簡単だ。

いくつか作ってみた。

3DS用のソフトなので、スクリーンショット付きで3DSやWii用のSNSであるMiiverseに投稿できる。3DS上で見ればスクリーンショットもちゃんと立体だ。

プチコン3号の前のプチコンmkIIの時は、

みたいな感じであまり若者が見当たらなかった印象だが、Miiverseを見ている限り今回は若手がたくさんいる感じ。

小4でmkIIから触ってるという人もいるから、単にMiiverseで若手が可視化されただけかもしれん。

プチコン3号にはあらかじめ用意されたキャラクタや背景、BGMやSEもあるので、ちょっとしたゲームを作るのは簡単で、プログラミング入門環境としてはかなり優秀だ。

言語はBASICなので最近の言語みたいな凝ったことはできないが、複数文をくくれるIF〜ENDIFはあるし、昔ながらのサブルーチン作成手段のGOSUB〜RETURN、関数定義のDEF〜ENDはあるから、頑張ればそこそこきれいで大規模なコードもかけそう。手軽ミニゲームからマジ大作まで、いろんなゲームがプチコン3号上で作られるといいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ABA/20141201

2014-10-18

リワードがスコアだけとはなんという古めかしいゲームじゃ

昨日ゲームのリスク/リワードのうちリスクの話だけ (http://d.hatena.ne.jp/ABA/20141017#p1)したけど、リワードの話はしなかった。いやしなかったというか、私が最近作ってるミニゲームにおけるリワードは「スコアが入る」以外なにも無いので、しようがなかったというか。

最近のゲームだとそもそもスコアという概念が無いので、別の形でプレイヤーに報いるリワードがあるのが普通だ。アンロックされるキャラクタやステージだったり、プレイヤーを強化できる経験値やカードだったり、あと実績やメダルも。

ゲームそのものは昔ながらの作りでも、これら近代的なリワードを入れることで現代に通用するゲームにすることができる。最近遊んだゲームの中で、これにとても成功しているなあと思ったのは、LUFTRAUSERS。

LUFTRAUSERSはゲーム自体は「これタイムパイロットじゃん」という古典的全方位シューティングなのだが、コンボ中に8つのボートを倒せ!とかいうチャレンジをクリアしていくごとに、自機の武器、機体、エンジンのパーツがいろいろともらえる。死ぬ時に大爆発する機体とか、海面に突っ込んでもダメージが無いエンジンとか、一風変わったパーツをカスタマイズして組み合わせると、ノーマル自機とはかなり違った遊び方ができるようになっている。

ゲーム本体にいろんなチャレンジと、アンロックされるパーツを組み合わせるという作りにすれば、ゲーム本体は昔ながらの古典的な内容でも今風なゲームにすることができるので、みなさんなるべくそういうふうにゲームを作りましょう。

と言ってもこれ作るの面倒なんだよな。適切なチャレンジを設定する、組み合わせて面白いパーツを作りこむ、両方ともそれなりに手間がかかる。あと、チャレンジを閲覧したりパーツをカスタマイズするUIを作るのもおっくうだ。チャレンジが設定できるだけのゲームの幅を持たせるのも難しい。

でも少しは現代風なゲームにしたいと思ったら、プロトタイピングにおいてもこういったアンロックされるなにかも含んだ遊び心地まで確認できることが必要だろうし、ミニゲームにもなんらかのチャンレンジ&アンロックの仕組みが入っているのが理想なのかもしれん。これらをうまいこと手抜きして作れる方策を考えたいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ABA/20141018

2014-10-17

ミニゲームに適切なリスクとリワードにはどんな種類があるかね

ゲームにおけるリスクとリワード、つまりプレイヤーがリスクを取るとリワードが得られるという仕組みは、ゲームの面白さを増すのに重要と言われている。

Risk/reward is a system established by the arcade generation that rewards the player for taking a risk that goes beyond what they are asked to do normally.

'arcade generation'とあるように、リスク/リワードはアーケードゲームによって確立されたものなので、現代のゲームにおいても必須かどうかは分からんが、アーケードライクなミニゲームにおいてはあったほうが望ましい。特にゲーム序盤が簡単で徐々に難しくなるタイプのゲームにおいては、序盤の簡単な時にプレイヤーがリスクを取れるようになってないと、やることが無くなってとても暇なゲームになってしまう。

So the first and most obvious aspect of r/r in Pacman is the blue ghost multiplier. When the player eats a power pellet the four ghosts chasing you become edible for a small amount of time and attempt to avoid you. Eating said ghosts will result in score points and with each ghost eaten after the first that score is multiplied.

The risk here of course is the fact that the ghosts will turn back to normal very quickly, so eating them becomes a race against the clock, if you're too close to one when they become normal you usually die.

代表的なのはパックマンでパワーエサを食べたあとに青点滅しているゴーストをぎりぎりまで食いにいく場面。パワーエサの効力が切れてゴーストが反転して食われるかもがリスク、切れる前に食ってしまえば1600点がリワード。

こういったリスクのバリエーションを色々と揃えておくと、ゲームに彩りを加えるのに役立つ。なので自分で今まで作ったゲームを眺めて、リスクの種類を整理してみたいと思った。自作ゲームだとリワードは「点が入る」くらいしか作ってないので、それはまた別に考えないと。

ボーナスアイテムを取りに行く

例えばこれで使っているボーナスアイテム。

上からくる黄色いボーナスアイテムを取るとボーナススコアが入る。足場がないところにボーナスが現れたりしたら無理して足場を作って取りに行かないといけない。また、アイテムを逃さずに取り続けるとスコアが+100→+200→...→+1000と増えるので、逃さないようにしたほうがお得。バトルガレッガの勲章と似たような感じ。

これとかガレッガ勲章そのもの。

ボーナスアイテムはあらゆるゲームに簡単に導入できる上にリスク/リワードも分かりやすいのでとても便利だが、それ故に安易に頼ってしまいがち。

敵に近づく

パックマンの例は思いっきりこれ。バリエーションとして、敵の近くに長時間いるとスコアが増す、という実現方法もあるよ。

これはミサイルに長い時間追っかけられると点が上がるようにした。

これは敵の背後を長時間取るとボーナス。

うまく使えばゲームにヒリヒリ感を与えるのにとても役立つが、プレイヤーのフラストレーションと表裏一体なので加減が重要。サイヴァリアの、敵弾の真横ギリギリでレバーをぐるぐる回すというとんでもないリスクに、一定時間無敵を与えるというとんでもないリワードを与えるとかが、ある意味理想型。

敵を意図的に増やす

次々に出現する敵をすぐには倒さずに、多数出現させてから倒すとボーナススコアというタイプ。敵が増えることはもちろん危険に直結する。

敵をまとめて誘爆させると高得点、とかがよくある。

「まとめて倒すと高得点!」は昔のアーケードのインストカードに書いてある代表的文句であった。

死に近づく何かを貯める

敵を増やすの類型。

での大きく囲おうとする行為とか、

での数字パネルを積み上げる行為とか。

ゲームスピードを上げる

アクセルを踏み続けるとスコアが入るというチキンレースタイプ。速度が上がると制御が効かなくなって危なくなるのは現実と同じ。

ゲームスピード上昇はゲーム&ウォッチ時代からの伝統的な難度上昇手段だが、それをプレイヤーに意図的にやらせるという方式。

リスク低減に役立たない何かをする

という分類名が正しいのかよく分からんが、破壊不能な敵弾を撃つなど、やったところで別に自分が安全になるわけではない行為に点をあげること。

有名なジェミニ誘導。

同色の敵のみを撃つ

赤、青、黄色の敵の、同色3つを続けて撃つとボーナス点。

シルバーガンじゃん。

このタイプのリスクは「シルバーガンじゃん」か「斑鳩じゃん」と言われるのがリスク。

とりあえずこんくらいの種類が思いついた。あんまりバリエーションないな。まあ「死に近づく何かを貯める」とかいうのは、それをリスクと言うのだ、というレベルでちょっとざっくりすぎる感じはする。こういったゲーム向けリスク種別をまとめている記事があったら読んでみたいのだが、どっかのゲームデザイン教科書にはあったりするのかしらん。

2014-08-23

HTML5ミニゲーム作り向けライブラリMGL.COFFEEを作った

またゲームエンジンを作っているのか、きみは。

前にHaxeでFlashのミニゲームというかプロトタイプを作るためにmgl (https://github.com/abagames/mgl)というゲームエンジンというかライブラリを作っていたが、そのCoffeeScript版を作った。CoffeeScriptのやたら短いコード記述ができるのが好きなので。

作るものがきっちり決まっていれば1時間以内、漠然としたアイデアからでも3時間以内に、いちおうタイトルとスコアと音が付いたゲームが作れる、ということが目標。その分グラフィックスやら音やらは最低限でしょぼいが。

メソッドチェインと短縮記法を使うと、例えば上方向へのスピード0.05、サイズ0.05のパーティクル20個を、以下の短い記述で出せる。

@np
	.w 0, 90
	.s .05
	.sz .05
	.n 20

可読性は最悪である。

ドラムパターンと音色を適当に自動生成するので、とにかく何でも音が付けばいいやという場合は、

Sound.sd 4321
@drums = []
@drums.push G.ns.d().dp() for i in [1..4]
d.pp for d in @drums

でBGMは鳴るし、

Spring.bs = @ns.v(4).d()
Spring.bs.p

で効果音代わりのドラムがクォンタイズされて鳴る。安直である。ランダムシードの4321を適当な値に変えれば出る音はいろいろ変わる。

あとはキャラクタのグラフィックスを自動生成できればさらに手抜きができるのだが、あまりいい方法を思いついてない。ロールシャッハ的な適当な左右対称キャラなら作れそうだが、それだけでは使い勝手は良くなさそう。今はごく少数の四角の組み合わせをキャラにしているが、とりあえずこれでしのぐか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ABA/20140823

2014-03-08

一週間に一つミニゲームを作り続けるのに役立つひどいゲームをかろうじてましなゲームにする力

最近一週間で一つゲームを作るってのにチャレンジしてるよ、という記事をちょいちょい見かける。

ゲームはアイデアだけでは面白いかどうかわからないので、できる限りすぐに遊べる状態に持っていくのが大切。他の人が遊べるようにすればフィードバックがもらえる。そういった取り組みができるよう、毎週一つゲームを作ってリリースするチャレンジをするのがいいよという話。

推奨することとして、ゲームは良かろうが悪かろうがWebサイトでリリースしてコメントをもらう、一度リリースしたものはもういじらない、毎週全く違うものを作るようにする、作って分かったことを日記に残す、ということが挙げられている。

上の記事を受けて、実際に14週に渡ってゲームを作った人の記事。作ったもの、うまくいったところ、うまくいかなかったところ、学んだことが、各週について書いてある。

HTML5のゲームを8週に渡って作った人の、どうやれば短時間でゲームを作り続けられるかのコツ。とてもゲームと呼べないものでいいからとにかく小さく作れ、作りたいものに応じた適切なフレームワークを選べ、音やグラフィックスを作るツールや素材サイトを見つけろ、アニメーションやエフェクトなどでゲームをジューシーに'jucify'しろ、完成直前に友達や家族にテストプレイしてもらえ、あたりがコツらしい。

私も最近2ヶ月で9個ミニゲーム作った。

一週間に一つとか決めてないので、リリースペースは適当です。あと各ゲームを作って分かったこととか全然まとめてません。そろそろ力尽きそう。

一つ分かったことは、一週間に一つとかいうペースで作るんだと、ある程度作ったところで「これはひどいクソゲーだなあ」ということに気づいても、それをまるごと捨てて別のものを作るのは時間的に難しいということ。なので目の前にあるひどいゲームを、なんとかかろうじて遊ぶことはできる程度にはましなゲームに仕立てる能力があると、とても役に立つ。

一つ例を挙げると、2月に作ったSUM10というゲームとCALC +-*/というゲーム、最初に作った時は一つのゲームだった。SUM10みたいなフィールドに、1〜10の数字と+-*/の四則演算が置いてあって、フィールド上のカーソルが動くとそれら数字と四則演算がCALC +-*/のようにスタックに積み上げられ、ヒューレットパッカードの計算機よろしく逆ポーランド記法で計算され、その数字が10の整数倍になると点が入る、というゲームだった。

作って遊んで分かったのだが、このゲームは死ぬほど難しい。適切な数値と演算を限られたフィールド上から揃えることが不可能に近く、それをリアルタイムにこなすなんて並の人間には無理っぽく、ひどいクソゲーだった。

なので2つのゲームに分けた。片方は最初から数値だけがスタックに積み上げられており、四則演算だけをプレイヤーが入力して目標の数字にするCALC +-*/、もう一つは数字が敷き詰められたフィールド上をカーソルを動かして足した数が10の整数倍になると点が入るSUM10。こうすることで、それぞれのゲームに難しさが分散されて、かろうじて遊べる形になった。

難しすぎる1つのゲームをそこそこ難しい2つのゲームに分けて遊べるようにする、ってのは後段の泥縄処理としてはかなり美味しい話で、そんなにうまいこといくことはまれだ。だけど、それ以外にも、スコアリングルールを変えるとか、敵と自分をひっくり返すとか、操作対象のキャラを変えるとか、キャラの数をやたらと増やすとか、そういったことをすることで、ゲームの備えるギミックはそのままでかろうじて遊べるゲームになることはままある。

短時間でミニゲームを作ってると、そういった最後の悪あがき力も鍛えられるという点は、想定していなかった利点ではある。自作ゲームを味見して、ちょっとしたフレーバーを加えることでゲームの味を調える、土壇場のゲーム調整能力は、ミニゲーム制作にとっては重要なポイントであるかも。

arrogant.gamerarrogant.gamer 2014/04/02 06:05 僕はまだまだ一週間にゲーム一つ作ることがとても無理だと思う。

ですが、その一ヶ月に一つ作る「#1GAM」というサイトに参加したことがある。その時、僕もABA見たいに「あ、このゲームはゼンゼンだめだ!」って気づいたことがある。そのアイデアのたねだけ、最初のインスピレーションだけ、をキープして、それをべつのゲームに作ることでSIGNALができた。

でも、SIGNALが作れたから、今までもそのクソゲームに感謝している!

来週のゲーム、よろしく!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ABA/20140308
 
旧AbaPage Diary Logs
Back to ABA Games