羨望は無知

…夜明けが毎日訪れることを当然だと思っていたのが最大の誤解でした。

2006-02-17 この世で犯された最初の罪は偽善である

[][]なぜ「デザイン」という行為、「デザイナー」という職業は誤解されるのか

私は個人的興味からゲームデザインについて色々と調査・研究を追いかけている。巷では「ゲームデザイン」という概念はあまりなじみが無いらしく、こういうことをしているんですよ、と説明が必要な機会は多々ある。

こういったときに感じるのが、「デザインは誤解されているな」ということである。たとえば、「ゲームデザインとはゲームのグラフィックやキャラクター、世界観などをつくる仕事である」、という誤解があったりする。このような誤解は、ゲームデザインが理解不足というよりも、デザインという概念そのものが一般的に誤解されているとしか考えられない。

「デザインであると同時に技術でもあるような、ある一つの行為」をすることでしか、真にすぐれたインタフェースというのを作れない場合っていうのが、けっこうあるからなんじゃないかと。(中略)技術を精密に認識できていないから、その技術で可能となるユーザインタフェースを十分にイメージできないわけで、いいデザインするための持ち駒の数が、ハイブリッド君よりずっと少なくって、不利なわけですよ。

分裂勘違い君劇場 - エンジニアの方が優れたユーザインタフェースデザインができる理由

この記事を読んで思ったことは、この記事でいう「ハイブリッド君」(デザイナーとエンジニアのハイブリッドみたいなやつ)のことを本当はデザイナーと呼ぶのではないか、ということだ。というのも、エンジニアリングを理解せずにデザインなどできるわけが無いと考えるからである。

ゲーム開発での「デザイン」の日米差の例

北米のゲーム開発の話(GDCだとかGamasutraの記事だとか)を見ている人にはよく知られていることだが、「デザイン」の意味が日本国内の「デザイン」のそれとは異なって捉えられている。北米のゲーム開発で「designer」といえば、日本国内でいうところの「ゲームデザイナー」のことをさす*1。わざわざ接頭語として「game」と付ける必要は無い。一方、日本国内で「デザイナー」と呼ばれている人たちは、北米では「artist」と呼ばれている。日本国内ではグラフィックデザイナーという役職がゲーム開発であったりするが、おそらく通じない*2

北米のゲーム開発で「designer」と呼ばれる職業は他にもある。level designer(レベルデザイナー)やinterface designer(インターフェイスデザイナー)などだ。特にFPSRTS、スポーツ物*3が人気のある北米ではlevel design(レベルデザイン)がかなり重要視されている為、必然的にレベルデザイナーという職業に対する注目度も高い。interface designはゲーム産業のお家芸のひとつなのでわざわざ取り上げるまでもないくらいだ。

ゲームデザインにせよ、レベルデザインにせよ、あるいは引用元でも触れているインターフェイスデザインにせよ、エンジニアリングを理解せずに出来る行為ではない。一方で北米でartと呼ばれるそれは、(誤解を恐れずに言えば)エンジニアリングをたいして理解していなくとも―もちろん、理解していることに越したことは無いが―可能な作業である。かつてのドット絵やビープ音の世界ならともかく、近年のハードの表現力を持ってすれば殆どエンジニアリング・原理を理解せずともartistは感性を発揮し表現できるようになった。開発の分業化が進むにつれて、designerとartistの区分が明確になってきた、とも言えるだろう*4

デザインは意匠よりも設計

ゲームデザインを例に取れば、コンピューターゲームのゲームデザインはもちろん、コンピューターエンジニアリング(ソフトウェアハードウェア共に)の理解が絶対に必要だ。あるいは、スポーツのゲームデザインならば人体の力学的構造などへの理解が必要だろう。理解が無ければ、「人間並みのAIが搭載されているゲームソフト」「腕が10本、足が15本必要な競技」をデザインしかねない。ゲームデザイナーはスーパーハッカーオリンピック選手である必要はない*5が、その動く原理*6については専門家でなくてはいけない

このことは「デザイン」が「設計」という言葉で置き換わりうることを知っていれば、当たり前のことだ。構造計算のできない建築設計士(=デザイナー)がどれほどあり得ないことなのか、わざわざ私が主張するまでもないことだろう。だがしかし実際には「デザイン」は「意匠」という言葉で置き換えられて理解されている。冒頭で紹介したゲームデザインに対する誤解の例も、「デザイン=意匠」という理解が生んだ誤解だった。根本的な原因はここにあるのだろう。

デザイナーはもちろん、意匠に対しても意識を集中させなくてはいけない。だがしかし、意匠に終始するのであれば、それはart(アート)である。design(デザイン)ではない。同時にengineering(エンジニアリング)に終始してもそれはdesign(デザイン)ではない。アーティストとエンジニアのハイブリッド*7こそデザイナーと呼ぶべきであり、どちらに偏っていても、どちらかが欠けていても、それはデザイナーではない。

*1:ゲームを作っているのだから、その際にデザインといえばゲームデザインのことをさすのは当たり前だ、と思うのだが何故国内はそうではないのだろう。何故誰も疑問を呈しないのだろうか。

*2:別にゲーム産業だけではなくて、ハリウッドなどの映画産業でも彼らはartistと呼ばれている。

*3:リアルタイム性が高く、ちょっとしたlevel designの良し悪しがプレイに大きく影響するジャンル

*4:国内のゲーム開発ではそこまで分業化は進んでいない分、未だデザインとアートが混同されている状況が続いているが、北米の分類にあわせる形で徐々に区分けがされつつあるようだ。

*5:つまり、かならずしも優れた技術を持っている必要は無い

*6:工学・エンジニアリング

*7:あるいは芸術と技術がかつてのように未分化の状態で一人の人間に存在する状況

fuku33fuku33 2006/02/18 12:02 はじめまして。僕は製品開発論を研究しているものなのですが、「design」という英語が日本に入ってきた時に、戦前に機械工学系の分野ではまず「設計」と翻訳され、戦後になってファッションアパレルの分野でやはり「design」概念を導入しなければならなくなった時に、「機械の設計とは違って機能設計や構造設計は成熟しているので今更手を加えなくてもいいが、外面の意匠こそ変革したいんだよ」という繊維業界の人が、苦心してわざわざ「設計」とは違う表現として、衣装をいじるための概念として、「デザイン」という言葉を作ったようです。それまで多くの繊維業界の人には、服の意匠というのは歴史的・社会的にほぼ大枠が固まっているもので、それをいじることで商品力を高めると言う意識が希薄だったんですね。昭和30年ごろのことと思いますが。

fromdusktildawnfromdusktildawn 2006/02/18 18:30 せっかくたくさん釣れたのに、釣った魚を横取りするなんてヒドイ。明日あたり、こういう論調の記事を各予定だったのに。

handohando 2006/02/18 19:31 はじめまして。建築設計をやってます。
私も以前に同じような記事を書いたことがあります。
http://handa.ifdef.jp/2004/07/design.html
ところで、建築の世界では分業化が進んでいて、小さな木造住宅の設計を除いては構造設計には専属の担当がつくことが多いようです。意匠設計担当者は、いわゆる意匠設計と構造・設備・外構を含めた全体のコーディネートを担当します。

あれれあれれ 2006/02/18 21:08 グラフィックデザインという言葉自体は欧米でも通じます。ただ使用方法が主に「平面のグラフィックを設計する」という分野に限定されます。広告デザイン、パッケージデザインなどがその最たる例です。
だから油絵などなどを描く人はアーティストとなります。音楽もそうですね。

ConquestArrowConquestArrow 2006/02/18 21:20 >fuku33さん
>日本のものづくりの発想の足かせのひとつ

まったく同感です。

>fromdusktildawnさん

はじめまして。

す、すいません。
横取りしたつもりはなかったのですが…。

>handoさん
>構造設計には専属の担当がつくことが多いようです。意匠設計担当者は、いわゆる意匠設計と構造・設備・外構を含めた全体のコーディネートを担当します。

はじめまして。なるほど、やはり構造設計担当者と意匠設計担当者という分業が行われているのですね。勉強になります。

ConquestArrowConquestArrow 2006/02/18 21:39 >あれれさん

あ、確かにそういう意味では通じますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

1000 | 01 |
2004 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2007 | 02 | 08 | 09 |
2009 | 06 | 08 |

There is a time in every man's education when he arrives at the conviction that envy is ignorance; that imitation is suicide; that he must take himself for better, for worse, as his portion; that though the wide universe is full of good, no kernel of nourishing corn can come to him but through his toil bestowed on that plot of ground which is given to him to till. The power which resides in him is new in nature, and none but he knows what that is which he can do, nor does he know until he has tried.

— "Self-Reliance", Ralph Waldo Emerson,1848