Hatena::ブログ(Diary)

模型とかキャラ弁とか歴史とか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-02-14

[][]南京事件における日本軍の性暴力による妊娠は当時から知られていた

南京事件における日本軍の性暴力は数々の資料に裏づけられており日本側の記録にも残っている歴史的事実です。

そうした日本軍の性暴力に関する日本側の記録については新書の南京事件 (秦郁彦、中公新書)でも知ることができます。

そして、その結果の妊娠についても当時から知られており、難民の保護などにあたった外国人による記録が残されています。


以下、性暴力被害に関する記述があることから「続きを読む」記法で。




鼓楼病院のウィルソンのもとには、新たに不幸な犠牲者が入院してきた。それは、南京城内の難民や住民の近くに長期にわたって駐屯した日本軍が、婦女子を炊事婦・洗濯婦として拉致し、軟禁状態にして連日強姦・輪姦するケースや一人の女性が異なる日本兵に何回も強姦されるケースが増えたために発生した被害であった。

マギーが被害者の父親から間いた話では、彼の若い娘は、一月一四日に二人の日本兵に犯され、同二二日に一人の日本兵に、そして二月一日に二人の日本兵に強姦されたのである。ウィルソンのところに来た婦人は、難民区内に藁小屋をつくって結婚四年目の夫と避難生活をはじめたが、夫は日本軍に拉致されたまま行方不明となり、彼女は城南地区にあった日本兵の宿舎に軟禁され、八日間にわたり毎日七回から一〇回強姦された。その結果悪性の性病――梅毒と淋病――をうつされて発病し、放免されたのである。もう一例は、マギー撮影のフィルムに登場する一八歳の少女で、二八日間拘留され、毎日一〇回から二〇回の割合で強姦された結果、あらゆる種類の性病をうつされてから放免され病院にやってきたのである。

そしてさらなる別の不幸は、長期にわたって何回も犯されたため、妊娠してしまった女性も多かったことである。女性にとって強姦を拒否して抵抗することは、殺されることを意味する状況下にあった。スマイスは調査結果もふまえ南京では数万人の女性が強姦の犠牲になったとみている。そして後日になっての観測であるが、強姦された女性のうち一〇人に一人の割合で妊娠したとみる。母親が強姦された未婚の娘をつれて、堕胎をしてもらうために鼓楼病院にやってきたが、それを拒否せざるをえなかった病院の側も痛恨の思いであった。しかし、その結果、家族は無理な堕胎をこころみて娘の健康を取り返しのつかないものにしてしまう悲劇もおこった。また、妊娠を知った未婚の女性にはショックのあまり、自殺してしまうものもでた。さらに後日のスマイスの観察によれば、この時の妊娠で生まれた子どもは例外なく溺死や窒息死、あるいは捨て子にされ、ハーフが育てられることはなかった。日本軍の婦女凌辱は、あとあとまでも残酷な悲劇を残したのである。

南京難民区の百日―虐殺を見た外国人 (笠原十九司、岩波現代文庫)P368から369より。

引用文中のスマイスやマギーやウィルソンは南京安全区で住民の保護にあたった外国人の名前です。

このように日本軍の性暴力とその結果の妊娠は当時から知られており、難民の保護にあたった外国人により記録に残されています。

スマイスによる犠牲者数と犠牲者が妊娠した割合は推測値であり、実数より過小である可能性も過大である可能性もあるものですが、こうした記述により性暴力と妊娠と堕胎・子殺し・捨て子といった当時の状況を知ることができます。

そして、それは性暴力の有無と混血児の有無を単純に結びつけることはできないということも示しているというものでしょう。第二次世界大戦末期の満州におけるソ連兵による性暴力の場合と同様に。

加えて、当時の日本兵が被害者の口封じのために性暴力後に被害者を殺害してしまう場合も多かったことも忘れてはならないことだと思います。

ベトナム戦争における混血児は南京事件などでの日本軍の性暴力を否定しません - 模型とかキャラ弁とか歴史とかで書いたことの繰り返しになりますが、そこに関わる人間の意志と能力を無視して性暴力と混血児の誕生を結びつけるののは無理なのです。


ベトナム戦争における混血児は南京事件などでの日本軍の性暴力を否定しません」のブックマークコメントに対して

はてなブックマーク - ベトナム戦争における混血児は南京事件などでの日本軍の性暴力を否定しません - 非行型愚夫の雑記のブックマークコメントに対し質問したいものがあるのでIDコールします。

id:oguogu 439はてサ, 593反歴史修正主義, *ブログ アメラシアン韓国との混血の例に出すのは不可しい気がする。当時の韓国人に現地妻を持てる余裕は無かったはずだから。混血児のいない事は南京事件の反証としての有効性を失ってはいないと思う。

oguoguさん、「当時の韓国人に現地妻を持てる余裕は無かったはずだから」という発言に何かしら根拠が有るのでしたら、是非それを示してほしいと思います。それと、性暴力の有無と混血児の有無を単純に結びつけられない以上、「混血児のいない事は南京事件の反証としての有効性を失ってはいない」なんてことはなく、最初から有効性なんてありはしません。


id:gasemato 自衛厨 レイプ被害者に対して「お前が望んだんだろ?」と貶めるとは何事!!!!!「自称被害者」が被害者だと言ったら、同意の上でなく、被害者なの!!絶対なの!!!!!

もしかしたら、現地妻問題と慰安所問題を混同しているのではないかと思うのですが、「自称被害者」という言葉を含め色々と聞き捨てならない発言ですので、どういう人のどういう言葉をもとに発言しているのかなど具体的な説明を求めます。


id:HauntedHotel 戦時下に置ける性暴力という重すぎる問題すら自国の体面ばかり気にする右翼に振り回されている事が悲しい。全面的に同意だけど最後の「中絶してないなら性暴力じゃない」みたいな言い方はどうかと思う。

どの部分が「『中絶してないなら性暴力じゃない』みたいな言い方」と感じられたのか説明していただければと思います。私のいたらなさによるのでしょうが、そのように受け取られるのは本意ではないので、記述を改めるために是非知りたいです。

D_AmonD_Amon 2010/02/15 15:27 >そうかそうか ついでに通州事件の性的暴力も検証してあげてください あとソンミ村や満州引き上げ時のソ連軍の行いも 日本軍とかの話ではなくて、戦争や内乱、軍事統治下という極限状況が問題なのですが

id:tyokorataさん、こういう記事を書いているのは南京事件での性暴力を否定したがる人々がいるからです。そういう主張をする人々がいなければ、カウンターとしてこういう記事を書く必要もありません。
もし、こういう記事が不快で、書かれることを望まないのでしたら、そのような否定論に影響されている人々を自ら説得して原因を解決してみればいいのです。
そうすれば、私もこのような記事を書かないですむようになります。

tyokoratatyokorata 2010/02/20 08:44 D_Amonさん

 ぶっちゃけ歴史修正主義者については相手にするだけ不毛かと。皇軍は強姦はしなかったと言うのは、南方戦線とかの証言を聞く限り嘘でしかないわけですから。

 
 記事を書くことを否定はしませんが、戦時下に於ける性的暴力やジェノサイドこそが戦争の本質なので、そこら辺も扱って欲しいと思った次第です。


 ヤングジャンプで連載中の『キングダム』は、中国の春秋戦国時代を扱っていて中々面白かったです。


 特に城砦が落ちた後の虐殺と強姦を淡々と描いてたくだりとか。そんな描写が出来る時代が来たのだなぁと感じました。

 追記 プラモ話を一つ

 下手の横好きでガンプラを「買う」だけでしたが、ようやく積みプレイから、組み立てプレイに進化しました。多少面倒と感じても出来上がったプラモを見ると、嬉しいですね。

 特に00ライザーはHGでも出来がいいので作りがいが有りました。

D_AmonD_Amon 2010/02/20 18:56 >ぶっちゃけ歴史修正主義者については相手にするだけ不毛かと。

歴史修正主義者の発言に対しカウンター情報を発信することには意味があると思います。
相手にしない、つまり、そういう発言を言いっぱなしにさせることは、事実上、歴史修正主義者による言論の独占への加担であり、それは歴史修正主義に騙される人を増やすことにもなります。
実際問題、日本におけるインターネットの初期は歴史修正主義とレイシズムの独壇場だったわけで、tyokorataさんはそういう状況を放置することを望ましいと思いますか?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 05 | 06 | 09 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 |
2016 | 08 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 06 | 12 |
2018 | 01 | 11 |
2099 | 01 |
AX アクセス解析