ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

くうのバイクライフ

2018-08-10

秘湯 ♪

f:id:GSX-R1000:20180808175147j:image

7月のとある日、秋田の秘湯に行ってきました。

秘湯といっても  ちっとも秘密でなく

ちょー有名な 「鶴の湯」です。



平日の小雨の降る日しっとりした日に

     露天風呂につかるというのは風情があっていいじゃないですか。


レインスーツを着てバイクで走ること3時間、

秋田に入って雨あがる。雨が晴れないツーリングなどぬあいっ!

f:id:GSX-R1000:20180808175146j:image


入り口は舗装ですが

f:id:GSX-R1000:20180808175148j:image


途中からおもてなしのダートになり秘湯を演出♪

f:id:GSX-R1000:20180808175149j:image



来たぜ、鶴の湯!

f:id:GSX-R1000:20180808175150j:image


秘湯を演出するため古い建物造りになっている。

あえてテレビはない宿でたっぷりと自然を楽しめる。

f:id:GSX-R1000:20180808175151j:image


この雰囲気が最高にいい!

f:id:GSX-R1000:20180808175152j:image


f:id:GSX-R1000:20180808175202j:image


f:id:GSX-R1000:20180808175153j:image


ここがフロントで入浴券を700円で買った。

f:id:GSX-R1000:20180808175200j:image


フロントで売っている飲み物、やぼな冷蔵庫はない!

f:id:GSX-R1000:20180808175155j:image


小川を渡ると温泉がある。

f:id:GSX-R1000:20180808175156j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175159j:image


誰もいなければ温泉につかって自撮りでもしようかなと思ったら、

混浴に若い女性がいたっ  カップルだけど

べつに入ってもいいんだけど、 

岩に腰かけながら胸をタオルで抑えるのは目の毒なので、

頼むから湯につかってくれー

非常に落ち着かない状況で乳頭温泉「鶴の湯」を味わうのでありました。


開けていけない、見てはいけないの鶴の恩返し的なような・・・

それで鶴の湯なんかなあ。。。




水車もいい雰囲気を出してます。

f:id:GSX-R1000:20180808175203j:image


裏側でえい 仕事しておらず、物置小屋になってます。

でも雰囲気だけはいいねい!

f:id:GSX-R1000:20180808175204j:image



目的は達成!   あとは帰るだけ。


帰りは安比スキー場の方へ行ってみます。

f:id:GSX-R1000:20180808175206j:image


なんにもねえなあ  夏のスキー場はそんなんでしょう。

f:id:GSX-R1000:20180808175207j:image



そしてやっぱりここは外せない、

日本一深い湖の 田沢湖でしょう!

f:id:GSX-R1000:20180808175213j:image
f:id:GSX-R1000:20180808175209j:image

田沢湖いいねー   

f:id:GSX-R1000:20180808175208j:image


田沢湖といえばたつ子像!!!

f:id:GSX-R1000:20180808175216j:image


たつ子像を見ないと帰れないよねー

f:id:GSX-R1000:20180808175217j:image


f:id:GSX-R1000:20180808175218j:image


安定の風景です!

f:id:GSX-R1000:20180808175220j:image


ちょうど水上バイクがこっちに向かってきました。

f:id:GSX-R1000:20180808175222j:image


ザ田沢湖って感じです。 

なんかカッコいいですね。こんな感じで撮られてみたいです。

f:id:GSX-R1000:20180808175223j:image



結局バイクを降りずにたつ子像を楽しんでいたという(^^;

f:id:GSX-R1000:20180808175226j:image



さて次は以前から気になっていた

抱返りだ〜〜〜

f:id:GSX-R1000:20180808175227j:image

名前が抱返り渓谷という。。。

f:id:GSX-R1000:20180808175228j:image


おそらく あそこらへんだろう。

f:id:GSX-R1000:20180808175239j:image


ファジーな案内板があり渓谷を歩くと片道6kmもあるよ。

往復12kmなんてちょっと見てくるかってな 距離でねいっ

f:id:GSX-R1000:20180808175233j:image


望遠で楽しむ('ω')ノ

f:id:GSX-R1000:20180808175239j:image


杉の木の向こうに遊歩道があり、

f:id:GSX-R1000:20180808175234j:image


入り口に抱返り神社があります。

f:id:GSX-R1000:20180808175231j:image

ミシュラングリーンガイドがありまして、

この抱返り渓谷は★ひとつですがいい場所なんでしょう。

f:id:GSX-R1000:20180808175230j:image


f:id:GSX-R1000:20180808175235j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175236j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175237j:image


以前から気になっていた抱返り渓谷は歩かねば見に行けぬ、、、

おうちゃくしては見れない風景なのでありました。






帰りは、鳥海ブルーラインを通って帰ります。

f:id:GSX-R1000:20180808175244j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175246j:image

雨のブルーラインもまたおつなものじゃないですか。

f:id:GSX-R1000:20180808175249j:image


鳥海山のこのアングルが最近お気に入りです。

f:id:GSX-R1000:20180808175251j:image




リアルモードで撮ります。なんか沁みますね!

f:id:GSX-R1000:20180808175254j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175253j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175252j:image

鳥海山の雲が流れる景色って最高にいいですね。



こちらのカップルなんかも景色を楽しまれてます。

f:id:GSX-R1000:20180808175255j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175256j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175302j:image


雲が最高!

f:id:GSX-R1000:20180808175257j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175259j:image


ちょっといつもとは違う雨上がりの

      ブルーラインを楽しんだのでありました。

f:id:GSX-R1000:20180808175303j:image



帰りは流れる路面に酔いまくり、


f:id:GSX-R1000:20180808175306j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175305j:image

出していないスピードで画像を流しまくり、

f:id:GSX-R1000:20180808175311j:image


f:id:GSX-R1000:20180808175309j:image

f:id:GSX-R1000:20180808175307j:image


自撮りで走っている満足感を確かめるのでした。

(変でしょう)

f:id:GSX-R1000:20180808175308j:image




極めつけは、

f:id:GSX-R1000:20180808175314j:image


鏡のタンクローリー!

f:id:GSX-R1000:20180808175317j:image


このローリーは牛乳ローリーでした。

鉄道が入ってくれてグ〜♪

f:id:GSX-R1000:20180808175315j:image


北海道のミルクロード的なやつでないかい(*^▽^*)

信号待ちで横に止って ガン見!

f:id:GSX-R1000:20180808175319j:image


f:id:GSX-R1000:20180808175318j:image


雨のち曇りの日でバイクとはほとんどすれ違わず、

東北の道を貸し切った感じのツーリングでした(*^^)v

雨も またよし!