Hatena::ブログ(Diary)

Drop the Debt ! ジュビリー関西ネットワーク(Jubilee Kansai Network) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-05-13

【5・17セルジュ・ラトゥーシュ講演会@同志社大学】「脱成長」の挑戦〜なぜ消費社会は北側諸国だけではなく、南側諸国でも持続不可能なのか?〜

13:25 | 【5・17セルジュ・ラトゥーシュ講演会@同志社大学】「脱成長」の挑戦〜なぜ消費社会は北側諸国だけではなく、南側諸国でも持続不可能なのか?〜を含むブックマーク 【5・17セルジュ・ラトゥーシュ講演会@同志社大学】「脱成長」の挑戦〜なぜ消費社会は北側諸国だけではなく、南側諸国でも持続不可能なのか?〜のブックマークコメント

f:id:Jubilee_Kansai:20130513131605j:image

出所:http://global-studies.doshisha.ac.jp/images/pdf/2013-05-17.pdf

イベント掲載ページ:http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/%E3%80%8C%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%8D-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%BB%E3%83%AB/


シリーズ 「グローバル ・ ジャスティス」第38回


「脱成長」の挑戦

〜なぜ消費社会は北側諸国だけではなく、南側諸国でも持続不可能なのか?〜


長らく開発経済学においては、経済成長が至上目標とされてきた。「経済成長こそ

が、雇用を創出し、貧困を解決する」と信じられてきたからである。だが、グロー

バリゼーションにともなって、ますます南北格差が拡大し、生態系の破壊が急速に

進むなか、あらためて経済発展や開発の在り方が問われている。この有限なる地球

で、無限の経済成長を続けることは可能か。もし不可能だとすれば、いかなるオル

タナティブが求められるのか。本講演では、「脱成長(デクロワサンス)」を唱え、

ヨーロッパエコロジー運動をリードする経済哲学者セルジュ・ラトゥーシュ

を迎え、経済成長なき社会発展の可能性について考える。


f:id:Jubilee_Kansai:20101217104518j:image

講師:セルジュ・ラトゥーシュ Serge LATOUCHE(パリ大学教授)


【講師紹介】

1940年生まれ。パリ大学(Université Paris Sud)名誉教授。専攻は、南北問題およびに経済

学。ポスト開発思想としての「脱成長(デクロワサンス)」の提唱者。邦訳書に『経済成長なき社

会発展は可能か? ――〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学』(作品社、2010)などがある。

f:id:Jubilee_Kansai:20101217092327j:image


来聴歓迎

予約不要


主催: 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科

共催: 日仏会館フランス事務所

アンスティチュ・フランセ

在日フランス大使館

GRM(グローバル・リソース・マネジメント)

Lecture Series 2013


※講演はフランス語で行われます。(逐次通訳有)


日時: 5 月 17 日 (金) 18:30-20:00

会場: 同志社大学 寒梅館 KMB211教室地下鉄烏丸線今出川」駅から徒歩1分)

(アクセス↓)

http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html


同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科では、連続セミナー「グローバル・ジャスティス」を開催いたします。このセミナーは、現代世界が直面するさまざまな課題における「ジャスティス」の問題を、講師が自らの視点で語っていくものです。したがって、どのような視角で、何を問題としてジャスティスを論じるかは講師にゆだね、主催者は一切の方向性をあらかじめ規定いたしません。ジャスティス(正義)という言葉のもつ多義性や問題性もふくめて、多様な議論の場として提供していくものです。


同志社大学グローバル・スタディーズ研究科

tel. 075-251-3930 e-mail : ji-gs@mail.doshisha.ac.jp

matthew24matthew24 2013/05/13 14:19 ファティマ第三の預言とノアの大洪水について。

第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
また、ダニエル書の合算により、
御国の福音が宣べ伝えられるのは、5月15日だと理解できます。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界           +1335日 
            ダニエル9:2         イスラエル建国70年

2018年 3月30日(金) ノアの大洪水         +1290日 過越14日-15日 
2014年 9月17日(水) ダニエル12:11            +0日
2013年 5月15日(水) ダニエル9:24  マタイ24:14    -490日  第一次中東戦争から65年


天におられるわれらの父とキリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。

Jubilee_KansaiJubilee_Kansai 2013/05/13 15:16 ポスト開発と脱成長のためのツール・ボックス
ポスト開発や脱成長の様々なアイデアを日本で議論し実践していくための、鍵となる言葉や情報を紹介していきます。 Le site japonais pour la mise en oeuvre des idees de l'apres-developpement et la decroissance.
http://ameblo.jp/decroissance-japan/entry-11526320997.html

セルジュ・ラトゥーシュ講演会:全日程。

これまで紹介してきたラトゥーシュの来日講演の全日程を、一覧にして紹介します。


5月17日(金) 18:30-20:00 (同志社大学今出川キャンパス寒梅館211教室)
      演題:「脱成長の挑戦:なぜ消費社会は北側諸国だけでなく、南側諸国でも持続不可能なのか?」
      詳細リンク: http://www.doshisha.ac.jp/event/2013/0419/event-detail-239.html


5月18日(土) 13:30-17:00 (滋賀県大津市 コラボしが21大会議室)
      シンポジウム:「足るを知る日本の成長」
      演題:「脱成長とは何か?」
      詳細リンク:http://www.asknature.jp/project/1710

5月21日(火) 16:45-18:15 (明治学院大学戸塚校舎 9号館3F 930教室)
      演題:「なぜ日本でもアフリカでも消費社会の未来はないか?」
      詳細リンク:http://ameblo.jp/decroissance-japan/entry-11525821696.html

5月24日(金) 18:30-20:30 (日仏会館1階ホール)
      演題:「消費社会からの脱出」
      詳細リンク::http://www.mfj.gr.jp/agenda/2013/05/24/index_ja.php

5月25日(土) 15:00-18:00 (麗澤大学東京研究センター)
      演題:「〈脱成長〉は世界を変えられるか?」
      詳細リンク:http://ameblo.jp/decroissance-japan/entry-11520078667.html