Hatena::ブログ(Diary)

MoonMt.Lab IT開発技術 調査報告書 RSSフィード

2015年03月22日

REST風サービスをJavaEEで構築する方法09(DB接続設定編)

今回はJavaEEからDataBase(MySQL)に接続する方法を紹介する。

<前提条件>
下記の記事を読了していること。
REST風サービスをJavaEEで構築する方法01(導入編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法02(雛形プロジェクト編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法03(RESTクライアント編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法04(各メソッド編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法05(パラメータの受け取り編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法06(JSON返却編1)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法07(JSON返却編2)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法08(Logic層編)

ローカル環境または接続可能なサーバに、MySQLがインストールされ、下表の様な設定が行われていること。


MySQLの設定

項目名
サーバ名localhost
ポート番号3306
DB名SAMPLE_DB
ユーザ名sample_user
パスワード123456789


<全体像から見た位置づけ>
プログラムからDBに接続するための設定を行う。
f:id:MoonMtLab:20150322120024p:image:w640

<手順概要>
1.MySQLのJDBCドライバをダウンロードする
2.MySQLのJDBCドライバをGlassFishのフォルダに配置する
3.GlassFishサーバの接続プールを設定する
4.GlassFishサーバのJDBCリソースを設定する
5.永続性ユニットを作成する

<手順詳細>
1.MySQLのJDBCドライバをダウンロードする
下記サイトからMySQLのJDBCドライバをダウンロードする
http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/

Select Platformで「Platform Independent」を選択し、「Platform Independent (Architecture Independent), ZIP Archive」をダウンロードする。
f:id:MoonMtLab:20150322120025p:image:w640

【ダウンロード】ボタンを押下すると、ログインを促す画面に遷移するが、画面下方の「No thanks, just start my download.」を押下すれば、ログインする事無くダウンロードが可能である。
f:id:MoonMtLab:20150322120026p:image:w640

2.MySQLのJDBCドライバをGlassFishのフォルダに配置する
手順1でダウンロードしたzipファイルを解凍し、その中にある「mysql-connector-java-X.X.XX-bin.jar」(Xはバージョン番号)を下記のフォルダに配置する

<GlassFishのインストールフォルダ>/glassfish/domains/<対象ドメイン>/lib/ext

筆者の環境だと下記のフォルダになる。

/Applications/NetBeans/glassfish-4.1/glassfish/domains/domain1/lib/ext

f:id:MoonMtLab:20150322121240p:image:w640

3.GlassFishサーバの接続プールを設定する
プロジェクトツリーの右側にある「サービス」のタブを選択し、[サーバ]>[GlassFish Server]を右クリックし、「起動」を押下する(既に起動している場合は不要)。
f:id:MoonMtLab:20150322121241p:image

[サーバ]>[GlassFish Server]を右クリックし、「ドメイン管理コンソールの表示」を押下する。
f:id:MoonMtLab:20150322121803p:image

Webブラウザ上に「GlassFish Console」が表示されたことを確認する。
f:id:MoonMtLab:20150322121804p:image:w640

画面左の[JDBC]>[JDBC Connection Pools]を選択し、【New】ボタンを押下する。
f:id:MoonMtLab:20150322121805p:image:w640

入力項目に下表の値を設定し、【Next】ボタンを押下する。

項目名設定値
Pool Namesample_db_pool
Resource Typejavax.sql.DataSource
Database Driver VendorMySql

f:id:MoonMtLab:20150322121806p:image:w640

Additional Propertiesの下記項目に値を設定し、【Finish】ボタンを押下する。

項目名設定値
Usersample_user
Password123456789
DatabaseNameSAMPLE_DB
Port3306
URLjdbc:mysql://localhost:3306/SAMPLE_DB

f:id:MoonMtLab:20150322121807p:image:w640

Connection Poolが作成されたことを確認する。
f:id:MoonMtLab:20150322121808p:image:w640

作成したConnection PoolのPool Nameのリンクを押下し、表示された画面の【Ping】ボタンを押下することで、接続テストを行う。
「Ping Succeeded」の文字列が表示されたことを確認する。
f:id:MoonMtLab:20150322121809p:image:w640

4.GlassFishサーバのJDBCリソースを設定する
引き続き、Webブラウザ上の「GlassFish Console」で作業を行う。
画面左の[JDBC]>[JDBC Resources]を選択し、【New】ボタンを押下する。
f:id:MoonMtLab:20150322121810p:image:w640

入力項目に下表の値を設定し、【OK】ボタンを押下する。

項目名設定値備考
JNDI Namejdbc/sample_db-
Pool Namesample_db_pool手順3で作成したConnection Pool

f:id:MoonMtLab:20150322121811p:image:w640

JDBC Resourceが作成されたことを確認する。
f:id:MoonMtLab:20150322121812p:image:w640

5.永続性ユニットを作成する
ここからはNetBeans上で作業する。
プロジェクトツリー上のプロジェクト名を右クリックし、[新規]>[その他]を選択する。
f:id:MoonMtLab:20150322121813p:image:w640

表示されたダイアログで、カテゴリ「持続性」、ファイル・タイプ「持続性ユニット」を選択し、【次>】ボタンを押下する。
f:id:MoonMtLab:20150322121814p:image:w640

入力項目に下表の値を設定し、【終了(F)】ボタンを押下する。

項目名設定値備考
持続性ユニット名SampleRestPU任意の名称
永続性プロバイダEclipseLink-
データ・ソースjdbc/sample_db手順4で作成したJDBCリソース

f:id:MoonMtLab:20150322121815p:image:w640

プロジェクトツリー上に「persistence.xml」が作成されたことを確認する。
f:id:MoonMtLab:20150322121816p:image

以上でDBに接続するための前準備が終了となる。
次回は実際にプログラム上からDBのデータを読み書きする方法を紹介する。

Enjoy Programing!!


<関連記事>
REST風サービスをJavaEEで構築する方法01(導入編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法02(雛形プロジェクト編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法03(RESTクライアント編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法04(各メソッド編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法05(パラメータの受け取り編)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法06(JSON返却編1)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法07(JSON返却編2)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法08(Logic層編)
・REST風サービスをJavaEEで構築する方法09(DB接続設定編)[本記事]
REST風サービスをJavaEEで構築する方法10(DAO層編1)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法11(DAO層編2)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法12(DAO層編3)
REST風サービスをJavaEEで構築する方法13(SQLログ編)


<お勧め書籍>
わかりやすいJavaEEウェブシステム入門
JavaEEに関して基本的なことが分かり易く記述されている。
JavaEEに関する最初の1冊としてお勧めである。
Beginning Java EE 6 GlassFish 3で始めるエンタープライズJava
「金魚本」の愛称を持つJavaEEの教科書的な書籍である。
JavaEEを腰を据えて学びたい人にお勧めする1冊!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

リンク元
Connection: close