NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2007-11-15 混合診療解禁で保険診療が縮小されるのはガチ

[]混合診療解禁で保険診療が縮小されるのはガチ 混合診療解禁で保険診療が縮小されるのはガチを含むブックマーク

本日(2007年11月15日)の日本経済新聞の1面トップは「規制改革会議 混合診療、全面解禁迫る」であった。

 厚生労働省は「混合診療を全面的に認めると、医療の安全性が確保できない」と強く反発している。しかし規制改革会議は保険診療と保険外診療を併用できるようになれば患者の選択肢が増えるだけでなく、臨床が活発になって医療技術の高度化につながると判断。混合診療の規制を禁止行為だけを列挙した「ネガティブリスト方式」に移行し、実質的に全面解禁するよう求める方針だ。

ときに誤解が見られるが、厚生労働省は混合診療解禁に反対の立場。「医療の安全性が確保できない」というのはタテマエで、厚生労働省がコントロールできない保険外診療の部分が増えるのが嫌なのだ。もちろん、規制改革会議の「患者の選択肢」「医療技術の高度化」ってのもタテマエで、増えた保険外診療分で金儲けというのが本音であるのは周知の事実。日本医師会はこれまでは解禁反対の立場であったけれども今回はどうだろうか。診療所の初・再診料も下げられそうだし、ぼちぼち患者より自分たちの心配をせざるを得なくなるのではないか。

混合診療解禁に賛成する人の意見で、「選択肢が増えることはいいことではないか」というものがある。規制改革会議の言う選択肢は、「家を売って高度医療を受ける」か「死ぬ」かの選択肢なんだけど。ちなみに、家を売れない人には「死ぬ」という選択肢しかない。必要な医療は家を売らなくても受けられるようにするのが一番いいと思うけどな。むろん、あまりにも高額な医療をも公的保険でまかなうべきかという議論はありだけど、先進国で最低レベルの医療費しかかけていない現状ではまだ早い。

それに、混合診療が解禁されれば、いずれ保険診療は削られ、貧乏人が受けられる医療の質は低下する。それなりの収入がある人でも病気になったときのために民間保険に加入せざるを得なくなる。オリックス大もうけ。そのようなことを言ったら、「混合診療解禁がすぐに保険診療縮小につながるわけではない」と反論された。なるほど、可能性としては、混合診療を解禁しつつ、効果的な保険外診療を順次保険診療に組み込んでいくという制度もあるかもしれない。エビデンスが十分確立していない高度医療はまず保険外診療で行い、評価が確立し、コストが下がってきたところで保険適応を認めるのだ。

よさげに思えるが、まずそのようなことにはならない。そもそも混合診療を解禁しましょうと言っている人たちの目的は、保険診療を削って自分たちの取り分を増やすことにある。削れるだけ削ってくるに決まっているじゃないか。しかも彼らは、その目的を隠していないよ。むしろ、公的保険財政が改善するからこそ、混合診療解禁は良いと言っている。■「混合診療の問題点について」大阪府医師会 難波俊司副会長講演(大阪府医師会)や、■混合診療、解禁するとどうなる?(「やぶ医師のつぶやき」〜健康、病気なし、医者いらずを目指して)でも引用されているが、規制改革・民間開放推進会議の官製市場民間開放委員会が作成した資料*1を見てもらえば一目瞭然である。

「本来目指すべき制度」ってところに注目。奴ら、保険診療削る気まんまんだよ。現状ですら先進国最低レベルの医療費なのに、さらに削減したらどうなるのだろうね。



関連記事

■混合診療のメリットとデメリット

*1:内閣府 規制改革・民間開放推進会議のサイト内のURL:http://www8.cao.go.jp/kisei/minkan/giji/01/kansei01/3.pdfの2ページ目

bamboobamboo 2007/11/15 17:40 目的は団塊の世代の殲滅です。年金も安泰となり、めでたしめでたし。私は家を売らないで死ぬ方を選ぶつもり。どうせ何時かは死ぬんだから。

Dr. IDr. I 2007/11/15 19:44 ブログ引用、TBありがとうございました。

ホント、「保険診療削る気まんまん」っすね、彼ら。
そういう人達が言っても、全然説得力ない、って気づかないのかなー、彼ら。

お弟子お弟子 2007/11/15 20:14 制度がいくら残っていても、健康保険を全面的に採用する医療機関や医師がどれだけ残るかわかりませんよ。「保険審査でダメといわれるかもしれないからうちの病院ではここの部分は自由診療としております」とか。
ならばと「医療法人は儲けてはならない」と規制をかけるなら、医学教育には金がかかるからその分を自由診療で稼いで再投資します、はありですし。ある程度以上の待遇があれば、技術職である医師は教育が充実したところを選ぶのはいまでも明瞭です罠。

lukeluke 2007/11/16 12:04 「まっとうな経済学」には、高額医療(コスト便益比が良いが、万一必要になった時の負担は膨大)は強制加入の保険負担にして、皆がよくかかる病気は全額自己負担(保険にしても、どうせ皆、払う額は大差ない;ただし、「払える時期(働いてる頃)」と「必要になる時期(引退後)」のずれを考えて、「医療費にしか使えない口座」に天引きで強制貯蓄)というシンガポールの制度が「大成功している望ましい例」として紹介されてましたね。

一郎一郎 2007/11/16 16:50 ミクシーから参りました。私は今のところ、吉川元忠・関岡英之『国富消尽』(PHP、06年刊)と伊東光晴『日本経済を問う』(岩波書店、06年刊)に依拠してモノを見ていますが、混合診療の導入問題には本気で対応しなければならない、と思っております。

wadjawadja 2007/11/17 12:12 >混合診療解禁に賛成する人の意見で、「選択肢が増えることはいいことではないか」というものがある。規制改革会議の言う選択肢は、「家を売って高度医療を受ける」か「死ぬ」かの選択肢なんだけど。ちなみに、家を売れない人には「死ぬ」という選択肢しかない。必要な医療は家を売らなくても受けられるようにするのが一番いいと思うけどな。

「選択肢が増えるからよい」といってる人も、「必要な医療は家を売らなくても受けられるようにするのが一番いい」というのには反対しないと思いますよ。受けられるようにするのがいいけど、時間が掛かる点が一番の問題だと思ってる訳で。

ご紹介のチャートでは、今現在の保険診療で減る部分は、「ムダの排除」ってなってるけど、どの程度無駄な診療が行われてるんでしょうか?「効果は無いけど、この治療しか保険適用できないから、この治療でいきましょ!」ってのは、結構あるの?

保険内で保険内で 2007/11/17 14:38 無駄な治療ってのは、あれですかね。貴方はガンです糖尿病です>ウソだ!>よその病院に行く>同じ検査受ける>あなたはガンです糖尿病です>ウソさ>他の病院にいく
基本的には効果がなくて保険が認められる治療はないんじゃないかな。
昔は脳代謝賦活薬とかありましたが。保険適応はずされた。
最近だと白内障の目薬が効果あるなしでモメテタナ。
個人的にはめまいのATP点滴は効果ないと思いますが。

hodahoda 2011/11/15 13:40 保険診療が減った分だけ保険料の支払いや税からの補填が減るのならば、損得の範囲では変わらないのでは?
あとは、再分配制度全体の方針と、その中での位置づけをどうするかという問題、あるいは逆選抜の起きない保険という利点をどれだけ評価するかの問題であると思う。
つまり、保険診療が縮小されるという点だけを見て良し悪しは判断できない。

NATROMNATROM 2011/11/15 17:12 >保険診療が減った分だけ保険料の支払いや税からの補填が減るのならば、損得の範囲では変わらないのでは?

誰にとっての損得か、および、医療の効率性という話になります。マクロで見て「保険診療が減った分だけ保険料の支払いや税からの補填が減るのならば、損得の範囲では変わらない」としてしまうと、思い切って保険診療分をゼロにしても「損得の範囲では変わらない」ことになってしまいませんか?hodaさんが正しくご指摘されているように「再分配制度全体の方針と、その中での位置づけをどうするかという問題」です。ごく一部の金持ちを除けば、多くの人にとって、保険診療が縮小されれば「保険料の支払いや税からの補填が減った」としても損であろうと思います。

医療の効率性については、混合診療解禁となって自由診療枠が大きくなりますと、金持ちが「ダメで元々。少しは効くかも」と、エビデンスの明確でない代替医療にもコストをかけるようになりますので、全体としての効率性が落ちます。マクロで見ても、「損得の範囲では変わらない」のではなく、若干の損になるのではないかと考えます。

GG 2011/11/27 06:27 金持ちが代替医療にコストをかけてくれるのは大いに結構。エビデンスやエピソードが積み重なっていきます。ちなみに、代替医療と言っても、医療機関側が提供できるものは時間・スペース・人手・導入コスト・価値観等の関係で限られてきます。