ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なのはなテレビ Twitter

なのはなテレビは2002年8月からスタートしました

2016-05-23 DIG MY STYLE

先夜放送された*1TBSラジオ「粋な夜電波」で紹介された曲が、とってもよかった。

番組の最後に菊地さんが紹介してくださったのが、秋山一将さん。

1978年にリリースされたデビューアルバム「DIG MY STYLE」から。

聴いておどろきました。1978年ですよ。この年はグレートビンテージ年なのですって。ヒップホップ、ハウス、テクノポップ、ニューウェーブ、AORといった新時代の音楽がいっせいに花咲いた時代でした。奇しくもわたくしが生まれた年が、こんなすごい年だったとは、うれしい。

ぜひCDを手に入れたいとおもいましたが、現在では入手困難だそうです。

入手困難だった「DIG MY STYLE」が限定盤として2016年7月20日に発売されるみたいです♪

amazonで2484円(税込み)です。このタイミングで再発売決定ということは、菊地さんご存じだったのですね? 宣伝上手。でもいいです。すてきな曲を聴きたいので、予約しました。

ディグ・マイ・スタイル

ディグ・マイ・スタイル

*1:2016年5月20日深夜

kotarokotaro 2016/06/01 03:35 この紹介記事に出て来るレコード音源はいずれも名盤ですが、とりわけ「NEW YORK」の中の秋山一将の演奏は有名です。http://music.isi-tec.com/?p=4279 代表作がピックアップ曲になっているけれど、私的YouTube利用を目の敵にするソニーらしく削除されて聴けないのが残念ですね。CD探してみてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160523

2016-05-15 ポータブルスピーカー

出張先のホテルで音楽を聴くときにほしいなーと以前からおもっていたのが、携帯できるスピーカーです。

かさばらなく、持ち運びしやすく、音もそこそこいいもの。

こういうものは同居人のほうが詳しいので、相談してみました。

「リチウム電池を使っているのは手荷物に預けられない*1から、ハンドバッグに入れないとだめなの。だからなるべくかさばらなくてちいさいのがいいの」

「そうか」

「でも、音が悪いのはイヤ。あと、ちゃちいのも好きじゃない」

「わかったわかった」

「さあ、選べ!」

パソコンの前に座らせ、さっそくAmazonで検索開始です。

f:id:Nanohana:20160522233948j:image:w360

しばらく画面を見ていた彼が最終的に選んだのが、このスピーカーです。

「なんで?」

「防水、耐衝撃仕様だから、がさつなおまえにぴったりだ」

「なにー」

「おまえはすぐ落とすだろ」

「むー」

「レビューを読んだけど、音もまあまあいいみたいだ。値段のわりには作りもしっかりしているみたいだぜ」

「いくらするの?」

「なんと2999円」

「安物じゃないの?」

「いや。旅先で使うなら、この程度のもので十分だ。クリックするぞ」

翌日、届きました。

実物は眼鏡ケースくらいのおおきさです。これならハンドバッグに入れておけます。

iPod touchとペアリングして音楽を再生してみました。意外とおおきな音が出ます。音質もけっこうきちんとしています。ふつうに楽しめます。全体の作りもちゃちくありません。箱の上下がラバー仕様なので持ちやすく、落とさずにすみそう。なかなかいいものを選んでもらえました。

*1:B787の発火事故があったように、リチウム電池はいまでも危険なのかしら

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160515

2016-04-25 Siriに質問してみました

ゾルタクスゼイアンについて

ゾルタクスゼイアンですか?架空の惑星です。あと、私の知り合いの友人のお母さんの弟のペットの名前ですね。

ゾルタクスゼイアンは、架空の惑星です。6000年くらい前に、遠い銀河で人気があったTV番組の中に出てきたんですよ。

ELIZAについて

ELIZAをご存じですか? 彼女は私の最初の先生だったんですよ!

私はELIZAから多くを学びました...でも彼女は少しマイナス思考でしたね。

ELIZAは私の親しい友人です。優秀な精神科医でしたが、今はもう引退しています。

Siriを逆に書くとIris

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160425

2016-04-14 熊本で大地震が

震度7の大地震が熊本で起きました。

あらためて、日本はどこにいても地震からは逃げられない国なのだなとおもいます。

東日本大震災のとき、わたくしは未曾有の震災を経験しました。

あれからまだ5年しかたっていませんが、こんどは九州の方々が怖いおもいをなさったのです。震源が地下10キロということは、プレートによる地震ではなく、マグマによる火山性の地震ではないでしょうか。震源地の近くには阿蘇山があります。

ここで収まってくれればよいのですが、万一、霧島や桜島などに影響が派生したらたいへんなことになってしまいます。

どうかみなさん、ご無事でありますように。

テレビの中継を見守っていると、あの緊急地震警報が鳴りました。わたくしもあのときのことを、まざまざと思い出しました。あの夜も、この警報が鳴り止まなかった…

NanohanaNanohana 2016/04/25 09:07 この街(ザ・森高ヴァージョン)を聴くと涙があふれてきます。
森高さんは熊本県ご出身です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160414

2016-04-12 俺達に墓はない

俺達に墓はない

主人公・島勝男はアウトローなのだけど、遊戯シリーズの鳴海昇平とはちょっち違うタイプです。

時代は1970年代の終わり。わたくしが生まれたころの東京が見られます。主に新宿界隈ですが、開港したばかりの成田空港周辺の風景も見られます。

出演者は岩城滉一さん、志賀勝さん、竹田かほりさん。そのほか、裏社会の人々を演じたのは東映映画ではおなじみの強面の面々がずらりと…

そしてさりげなく森下愛子さんが友情出演なさってます。優作さんとの接点はなんだったのでしょうか。

1979年5月公開

■監督/澤田幸広

処刑遊戯

松田優作DVDマガジン(22) 2016年 3/29 号

松田優作DVDマガジン(22) 2016年 3/29 号

1979年11月公開

■監督/村川透

遊戯シリーズ第3弾。

コミカルな演技を抑え、ハードボイルドに徹した鳴海昇平の姿が見られます。あらためて見直してみました。シリアスな殺し屋を演じる優作さん、こういう作品もあっていいとおもいます。

森下愛子さんが出ていらっしゃいますが、こちらの公開のほうがあとになるのですね… 「俺達に墓はない」が夏公開で、「処刑遊戯」は冬公開でした。竹田かほりさんとは同世代。優作さんとは東映つながりで、仲が良かったのかもしれません。

ちなみに1979年8月には「蘇える金狼」が公開されています。5月、8月、11月と立て続けに優作さんの映画が公開されていたなんて… 撮影がかぶっていた時期もあったのじゃないでしょうか。

kotarokotaro 2016/04/14 21:18 優作さんとの接点は判りませんが、直前に「処刑遊戯」で共演しているので、その縁では。
今気付いたことは、森下愛子と竹田かほりが同じS33年生まれで同学年。それぞれ吉田拓郎の3度目の奥さん、甲斐よしひろの再婚相手で、今日に至ります。S33年4月ー34年3月生まれは、淳子、百恵、昌子の「中3トリオ」はじめ、岩崎宏美、岡田奈々、伊藤咲子ら、空前のアイドル豊作年でした。この二人はテレビと映画女優ですが、改めて面白いと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160412

2016-04-07 ツバメを見ました

この春、ようやくツバメを見ました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160407

2016-04-01 BJ

ヨコハマBJブルース

優作さんの23枚目のDVDマガジン、遊戯シリーズ3作が続いたあとにいよいよこの作品です。

バイオレンスなのだけど、遊戯シリーズとはちがう、でも静かな怖さが伝わってくる優作さんの演技が見られます。

1981年4月公開です。

バブルに向かいつつある昭和の、横浜の風俗が垣間見れます。

監督は工藤栄一さん。

松田優作DVDマガジン(23) 2016年 4/12 号

松田優作DVDマガジン(23) 2016年 4/12 号

次回は「俺達に墓はない」。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160401

2016-03-11 都井岬

岬馬を見てきました

今回の旅は宮崎県串間市にある都井岬で、自然のままに放牧されている天然記念物「岬馬」を見に行ってきました。

過去何度か日南を旅したときに気になってしょうがなかった場所です。スケジュールの都合がつかず、見送ってきたのですが、今回は思いきって野生馬だけを見に行くことにしました。

志布志湾に建つ「大黒リゾートホテル」

f:id:Nanohana:20160307165638j:image

f:id:Nanohana:20160307165725j:image

f:id:Nanohana:20160308095732j:image

前乗りして、志布志湾のホテルに泊りました。お部屋はゆったりとしており、さすがはリゾートホテルです。テラスのすぐ下まで海が。

いざ、野生馬

f:id:Nanohana:20160308104739j:image

f:id:Nanohana:20160308105719j:image

f:id:Nanohana:20160308105755j:image

f:id:Nanohana:20160308124825j:image

f:id:Nanohana:20160308110054j:image

翌朝、チェックアウトしてから都井岬を目指します。ホテルからは30キロ弱の道のりです。

駒止の門というゲートで野生馬の保護育成協力金400円を支払います。ここから先が馬の楽園です。

すぐに馬だらけなのかと期待していたのですが、案外と見つかりません。ただ、道の脇でぼーっと寝ている馬がいました。車が近づいてもまったく意に介しません。ニンゲンや自動車に対する警戒心は皆無なので、道路の真ん中に突っ立っていて、車にはねられてしまう馬もいるのですって。なぜ馬は近づいてくる車を認識しないのかというと、車は向かってくるときにフォルムがほぼ一定ですよね。馬はフォルムが変わらないものに対しては反応できません。同じ形のまま近づいてくる物体は、近づいてきているとは認識できないそうです。馬はあれは動いていないとおもっている。だから逃げもしない。天敵のオオカミが向かってくる場合は、真一文字に走ってくるわけじゃありませんから、見え方が微妙に変化します。それで馬はオオカミを認識できます。「うわっオオカミ来たっ」と逃げられるわけです。

動かないものは見えない馬。むかし、映画「ジュラシックパーク」で、動かなければ恐竜は見えないというシーンがありました。そういうことなのかもしれません。

冬を乗り越えてきたけれど、食べるものが少なかった馬たちは痩せていました。よくがんばってきたね、とねぎらいの言葉をかけてあげました。基本的に人の手をかけない方針なのですが、真冬の最中には最低限のエサは与えているそうです。野生馬なので、ほんとうに最低限生き延びられるだけの手助けはしているのですって。ソテツはふさふさと生い茂っていましたが、馬はソテツを食べません。おいしくないのでしょうね。

電話ボックスの上であたりを睥睨している馬がいました。

御崎神社さん

f:id:Nanohana:20160308115129j:image

f:id:Nanohana:20160308115553j:image

安曇氏の氏神さま綿津見三神が祀られている神社。海上航海の安全や、なぜか縁結びにもご利益があるそうです。

ご縁結びにあやかって? わりと女性のかたがたがお詣りに訪れています。

都井岬灯台

f:id:Nanohana:20160308123119j:image

f:id:Nanohana:20160308124926j:image

昭和4年12月に初点灯された灯台です。観光客が中に入れる灯台は、九州にはこれひとつなのですって。

まだ若い馬が、一心不乱になにか食べていました。

エサがすくなくなる冬、馬たちは木の皮を食べたりしてしのいでいます。ですから冬から春先にかけての馬はこの子のように痩せています。野性の世界で冬を越せるかどうかは重大事ですからね。

三月初旬に訪れた宮崎は田植の準備の真っ最中でした。

毎年、宮崎の新米はどこよりも早く市場に出回りますが、その理由がわかりました。わたくしが住んでいる千葉も、わりと早いほうですが、宮崎ほど準備が進んではいません。ひと月くらいは遅れているかな。

kotarokotaro 2016/03/15 03:29 都井岬は懐かしいです。大学生のときに帰省中友人と正月、24時間で北九州から軽自動車で、高速も無かったから国道10号線で往復したことがあります。大分ー宮崎県境の峠で車中泊。九州といえ1月は寒かったです。
今年東ルートの高速が全通して、1980年頃の旅を懐かしむのも楽しい。当時は島内夜行列車が3本もあり、長崎、鹿児島、宮崎に毎晩発着、鉄道の旅も楽しめました。

NanohanaNanohana 2016/03/16 22:07 高速道路開通したんですか。宮崎から日向のあいだ。知りませんでした。そちらの方面はまだまだ未開拓なので、今後攻めてみたいとおもっております。まず西都原古墳群を見たい。
kotaroさんはもともと九州のご出身だったのですか?

kotarokotaro 2016/03/20 11:47 私は大学に入るまでが、北九州と大分で過ごしました。国道10号線が生活道路で、日豊本線が通学路線。熊本・鹿児島が男性的な風景が多いのに対し、大分と宮崎は女性的な優しい山の風景中心です。気候も温暖で、人間も朴訥ですが、福岡のような荒さがないので、大分が好きでした。旅行好きはひとりの友人の影響です。あの頃は誰も行かなかった宮崎の綾とか、今はブームです。大分宮崎県境の奥地の山深さは独特の孤愁感があり、いつか登山したいです。西南戦争のことを調べてご覧なさい。あの辺は全部戦場だったのですよ。

NanohanaNanohana 2016/03/25 00:41 東京の周りに住んでいる者にとっては、西郷隆盛さんは上野公園に建っている銅像くらいしか思い当たりません。しかも、なぜあの場所に彼の銅像が建っているのかすら、ぼんやりとしています。戊辰戦争があったことさえ知らない人が多いとおもいます。どうやって江戸が明治に変わったのか、きちんと知っている人は少ないのじゃないかしら。
東京の人にとっての西郷さんは、あの銅像にあるような浴衣姿で犬を連れているイメージ。でもあれは失礼ですよね。軍人なのに浴衣姿で犬の散歩? 威厳も何もありません。暗に彼のイメージを貶めているとしかおもえません。
鹿児島に行くと、西郷さんのイメージはまったくちがうものになっています。鹿児島空港の目の前にある西郷公園に建つ西郷さんの像はたいへんに立派なものです。紋付きの羽織袴姿で、腕組みをして鹿児島空港をぐっと睨みつけておられます。郷土のひとからはこういうイメージで愛されているんだとおもいました。こちらのほうがほんとうのお姿じゃないかなと。犬の散歩している上野の西郷さんはあまりにも情けないお姿じゃないでしょうか。それをあえて、首都に置く。西南戦争で負けた大将を、情けない姿で晒し者にする。明治政府がやったことかどうかわかりませんが、為政者がさりげなくすることは、けっこう恐ろしいものがあります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160311

2016-03-01 エスパー魔美

Amazonビデオで「エスパー魔美」が見放題!

プライム会員は無料です。なっててよかったー。

119話まで見られます。2年くらい続いていたんですね。小学校低学年のときに毎週見ていました。だいすきでした。

D

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160301

2016-02-15 iPad Air 2を購入

寿命が尽きた初代iPad

スイッチを押しても反応しなくなってしまった初代iPad。

アップルストアに持ち込んで診てもらったところ、全交換といわれました。費用は3万円。

考えどころです。わたくしはコロコロと機種を変更するのはすきじゃありませんので、できればこのまま使い続けたい。でも、3万円払ってまた初代iPadでしょう? iOSも5で止まってます。最近のアプリは対応すらしてくれません。動作もまったりしています。

だったら、あと数万円プラスして新しいiPadを買う方がいいのじゃないか、と考え、その場でiPad Air 2の購入を決断しました。

薄くなったiPad

選んだのは初代と同じシルバー色。でも正面はホワイトなので見た目が明るくなりました。

Wi-Fiモデルです。ほんとうは32GBがほしかったのですが、ラインナップされておらず、しかたなく16GBでがまんしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160215

2016-01-20 最終日は温泉と滝

さて、きょうは千葉に帰る日です。

が、きのうも一日降り続いた雪で、駐車場は20センチ近い積雪! 道路もかちかちに凍っています。でも夜明けから晴れていたので、陽が差している場所から徐々に氷は溶けています。

雪が溶けるまでゆっくりしていってください、とおっしゃる女将さんのお言葉に甘え、チェックアウトの10時から1時間半以上お部屋に滞在させていただきました。そのあいだ、宿のみなさん総出で除雪作業をなさってくださり、おかげさまでようやくわたくしたちの車も動かせるようになりました。

霧島で雪に閉じ込められたというめったにない経験ができた、いい旅だったとおもいます。

帰りの飛行機は夜なので、まだまだ十分に時間があります。

まず、丸尾から山を下りました。ところどころ雪が残っているので、ゆっくり走ってよ、と指示を出しておきました。

以前から気になっていた関平鉱泉に立ち寄りました。

こちらも雪景色。

f:id:Nanohana:20160120120645j:image

f:id:Nanohana:20160120120805j:image

f:id:Nanohana:20160120120141j:image

貸し切り湯は内湯と露天のふたつのお湯が楽しめます。源泉がふたつあります。それぞれ神経痛に効くお湯と、傷に効くお湯です。傷に効くお湯のほうは湯量がすくないため、湯槽がちいさめになっています。

こちらのお風呂には休憩所がないので、ほんとに湯浴みするだけです。せいぜいフロントわきの椅子で休めますが、畳敷きの休憩施設があればいいのになとおもいました。こちらもいいお湯でしたので、休み休み何回も入ってみたい。

霧島連山も雪化粧。

f:id:Nanohana:20160120121906j:image

f:id:Nanohana:20160120121600j:image

温まったあと、さらに山を下り、まほろばの里に寄ってみました。

ガラス工芸や楽焼きなどの体験ができます。

家族揃って楽焼きのカップやお皿に絵付けをしてきました。届くのが楽しみです。

まほろばの里で冷えてしまった体を温めるため、いつものように龍馬公園の塩浸温泉に入りました。こちらの温泉は行くたびに温度がちがってて、いつもは熱くてずっと入っていられませんが、今回はちょっちぬるめでした。おかげさまで、いつまでも入浴していられたので、これもいいカモ。

f:id:Nanohana:20160120140133j:image

f:id:Nanohana:20160120140507j:image

f:id:Nanohana:20160120140156j:image

まだ時間があったので、加治木にある龍門滝を見に行くことにしました。

あまり期待しないで行ったのですが、とてもすごい滝で感動しました。

滝の上からも見られます。

f:id:Nanohana:20160120155601j:image

f:id:Nanohana:20160120161059j:image

大河ドラマのロケ*1でも使われた龍門司坂も見学。途中まで登ってみましたが、かなりの急坂でしかも苔むしているのですべります! 降りるのが怖い状況になってきたので、三分の一まで登ってから降りることにしました。あんなにすごい坂を馬が登っていたのでしょうか。馬もすべりそうです。

f:id:Nanohana:20160120162039j:image

f:id:Nanohana:20160120162259j:image

さえずりの森にある高倉展望所を訪れました。

錦江湾が一望にでき、その向こうに桜島の勇姿が望めます。

絶景です。

f:id:Nanohana:20160120163600j:image

金山橋。

龍門滝の上流(網掛川)にあります。

どこに金山があったのかしら…

奥に見えるのは板井手の滝

f:id:Nanohana:20160120170953j:image

前知識として鹿児島はシラス台地なので水が乏しいと教わっていましたが、実際に訪れてみると豊富な水に圧倒されます。お米を作るには適さないのかもしれませんが、鹿児島って水多いじゃないっておもいます。

*1:翔ぶが如く(1990年)篤姫(2008年)龍馬伝(2010年)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160120

2016-01-19 雪の霧島温泉

目覚めたら銀世界。

言い古された慣用句ですが。まさにそのとおりでした。

もう、びっくり。

考えてみたら、標高800メートルの山の上に位置するのですから、雪が降ってもあたりまえなのですけど。でも、地元の方にお話を伺ってみますと、ここ数十年は雪なんて気にしたこともなかったそうです。雪が積もることなんかめったになかったそうです。ただ、もっとお年を召した方のお話によりますと、むかしは冬の霧島に行くにはタイヤチェーンは必須だったそうです。それだけむかしの霧島はいまより寒かったのでしょう。道路事情が悪かったことも影響していたかもしれません。

f:id:Nanohana:20160118172619j:image

到着した日の夕方は曇り空でしたが、こんな感じでした。

f:id:Nanohana:20160119073613j:image

ところが朝になったら雪でした−。

f:id:Nanohana:20160119094500j:image

f:id:Nanohana:20160119110024j:image

とりあえず、午前中はバスで霧島神宮まで行き、すこし遅めの初詣を済ませてきました。霧島神宮まで降りると雪はほとんどありませんでした。これなら車で来ればよかったね、などと話していましたが、レンタカーはノーマルタイヤなのでそもそも駐車場から動かすことができませんでした。ムリに走らせて事故でもおこしたらたいへん。

参拝を済ませたあとは、またバスで丸尾まで帰ってきました。ほんとうはいわさきホテル行きのバスですが、丸尾止まりです。丸尾から上には行けません。それだけ上はもっとすごい雪なのでしょう。でも、いわさきホテルに泊まっているお客さんたちはどうしたのでしょう… 閉じ込められてしまったのでしょうか。

宿に戻ってからは温泉三昧でした。まだ13時くらいなのですが…

いまもまだ雪は降り続いています。

f:id:Nanohana:20160119154114j:image

わたくしと同居人は存分に温泉を楽しめるので、かえってラッキーだったかもしれません。ほんとうは、えびの高原のほうにいってみる予定だったのですが、バスでさえ丸尾から上には行くことができない状況です。瑠璃は宿のお子さんと仲良くなって、プライベートルームにお邪魔していっしょに遊んでもらっています。わたくしたちは部屋でテレビを見ながらごろごろしています。

なんだかむかしの文豪みたいだな〜なんておもいながら。

kotarokotaro 2016/02/18 06:09 40年以上昔の九州は、雪がよく降りました。えびの高原で正月明け旅行に銀世界だったことを思い出します。京町温泉という所でした。球磨川に沿って走る肥薩線の山間部では、かなりの積雪で、夜になって北九州に戻ると全てが夢のように思えたこと。遠い雪国を旅していたのだと、子供心に今も覚えています。

NanohanaNanohana 2016/02/21 00:43 京町温泉を地図で調べてみました。熊本県に近いのですね。鹿児島・宮崎・熊本の県境。なぜか温泉地がたくさんあります。吉松温泉、雪松温泉、中野温泉、愛宕温泉、吹上温泉、吉田温泉。
京町という地名に興味がわきます。京都に関係があるのでしょうか。
ちょっち行ってみたい場所になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160119

2016-01-14 ウイスキー売り場にて

いままでは素通りするだけだった洋酒コーナー、特にウイスキーが並んでいる前。

買い物のついでに立ち止まってじっくりと眺めてみました。

さまざまなウイスキーがあるもんだな〜と改めて実感。

「余市」とか「竹鶴」とラベルに書かれたビンを見つけて、手にとって値段を確認したら、これがまあびっくりするほどお高くて、やはり高級酒なんですね。もちろんお手軽なお値段のものもありました。

スーパーニッカの復刻版というものも見つけました。竹鶴さんがリタさんのためにこしらえたウイスキーだとか? ビンの首のところに竹鶴さんとリタさんのお写真が載っているちいさなパンフレットのようなものが掛けられていました。マッサンが造ったお酒なら飲んでみたいな、とおもってよくよく値段を確かめたら4千円近いプライスです。ウイスキーの味もなにもわからないわたくしが、こんな高級なものを買うなんて、まさに豚に真珠です。

でもこれ、数量限定なんですね。スーパーの棚に並んでいるうちに買っておいたほうがいいのでしょうか。

ドラマを見たのでようやく「麦の唄」の意味もわかるようになりました。

NanohanaNanohana 2016/01/21 23:06 丸尾のローソンで見つけて買ってみたのが、180mlビンの「余市」と「竹鶴」のウイスキー。
もともと高価なので、180mlといえどもそれなりのお値段です。ふつうのウイスキーが買えるじゃないって感じ。
わたくしは興味を持つといてもたってもいられない性格なので、とにかくマッサンが造ったウイスキーがどんなものなのか飲んでみたくてたまらないわけです。
…で、買っちゃいました。ビンがかわいいっていう点も重要でした。ウイスキーって本来これくらいのちいさいビンがいいんじゃないの? だってアルコール度数が45度もあるのですから。
雪に降り込められた宿の部屋で、あけてみました。
もちろんわたくしは飲めません。蓋をあけて匂いを嗅いで、ほんとにひとしずくだけなめてみました。
香りは、たしかに甘い香りがして、きらいじゃありません。バニラのような熟成香というのですね。ラベルに書かれている文言だけでも覚えておいて損はありませんね。
でも、お味のほうはいまひとつ、わかりません。
ひとこと、強烈!って感想。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160114

2016-01-13 マッサン

NHKで年末にまとめて放送された「マッサン」をこのお正月休みに見てみました。

このドラマが本放送されていたのは、2014年秋から2015年冬にかけて。ちょうど一年前のお正月旅行で霧島に泊まったとき、朝食会場のテレビに映っていたのをわけもわからず見たおぼえがあります。

今回きちんと見たので、日本のウイスキーがどのようにして生まれたのか、わかりました。そしてわたくしもなんだかウイスキーが飲んでみたくなりました。

おかげさまでビールは飲めるようになりましたので、次はウイスキーに挑戦してみます。わたくしもいい年齢なので、これまでにむりやり飲まされたことはあります。あの匂いと強烈なアルコール度数で、ノックダウンでした。ぜんぜんおいしいとおもったことがありません。でも「マッサン」を見ていると、なぜかおいしそうとおもってしまうのです。

小樽を訪れたことはありますが、余市はまだ未体験。いつか行ってみたい。

それから、ニッカウヰスキーの工場って柏市にあるんですね。柏でも造っているのでしょうか。それともボトル詰めだけ? こんど調べてみたいとおもいます。

ホームページで見たところ、

ウイスキー、焼酎、缶チューハイ・カクテル等ニッカ最大の総合パッケージング工場です。

なのだそうです。そして工場見学不可。せっかくニッカウヰスキーに興味関心をもつ人が増えたいまこそ、工場見学をさせてほしいのに。東京から余市まで見学に行くのはたいへんですが、柏ならわりと近いし、すぐ行けるのですから。工場見学とはいかなくても、ニッカウヰスキーの資料館のようなものでもあればいいですよね。野田のキッコーマンが醤油博物館を持っているのだから。

「マッサン」を見て以来、ニッカウヰスキーに対する興味は前年比120%ですよ。

うちは、わたくしも同居人もウイスキーをふだんから飲まないので、これを機会に勉強してみようかとおもっています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160113

2016-01-10 Fireを買いました

このごろ、iPadの調子が悪い…

思うように電源が入りません。わたくしが初めて買った初代iPadです。iPadが初めて出たときに買ったモデルです。もう何年前になるのでしょうか… 2010年だったとおもいます。早いもので、もう6年前になります。

そうですね、もうパソコンだと古い機種になってしまいますものね。6年も使っていれば、バッテリーの調子が悪くなってもしかたないかもしれません。

修理しようとおもい、調べてみたら、一万円以上かかるみたいです。

そんなとき、ふと目についたのが、AmazonのKindle Fireが5000円以下で買えるという広告です。それは、Amazonプライムメンバーだけの特典なのですが、わたくしは幸いなことにプライムメンバーなので、ちょっち買ってみました。7インチのタブレットが4000円台で買えるなんて…

わたくしがほんとうにほしいのはiPad miniです。でも、iPad miniは5〜6万円します。ところが、それとなんとなくよく似ているタブレットが4000円台。これはもう、クリックするしかないでしょう?

注文しました。

届いたFireは、箱から出してすぐに使い始められます。Amazonで買うと、最初からわたくしのIDに紐付けられているので、めんどうな設定は必要ありません。以前、Kindleを購入したとき、その設定に感動したものです。今回も、同様でした。電源を入れて、ワイファイにつながったとたん、わたくしだけのKindle Fireになりました。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

iPadを使っていたので、なんとなく使い方はわかるのですが、Androidは初めてなので、微妙な違いにとまどったりします。ロック画面の解除には下から上にスワイプするとか、物理的なホームボタンがなかったりとか…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160110

2016-01-02 新春のご挨拶

あけましておめでとうございます

皇紀2676年

平成28年

昭和91年ですって。わたくしも昭和53年生まれなので、いまが昭和だと何年になるのか、といつも考えてしまいます。

西暦2016年。

あらためまして、あけましておめでとうございます <m(__)m>

昨年中はたいへんお世話になりました。

本年も、どうぞ「なのはなテレビ」をご贔屓に、よろしくお願い申し上げます。

ことしは、地元の、すぐ近くにある神社さんに初詣しました。

お稲荷さまだから、ちょっち怖くてふだんはご挨拶程度にとどめていました。お稲荷さまのご利益は抜群だけど、その分こちら側にも負担を強いられるわけです。日本での最強の契約神なので、生半可なお約束はできません。おそるおそる、お詣りして、具体的なことはなにもお約束しないようにしました。とりあえず、今月下旬にまた霧島に行くので、霧島神宮さんによろしくお願いしますとお伝えしておきました。

また家族旅行してきます。

霧島温泉大好き。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160102

2015-12-26 iPod nanoでもワイドFMが聴けた

わたくしが愛用している第五世代のiPod nano*1にはFM受信機能がついています。

たまにこれでFM放送を楽しんでいたので、もしかしたらワイドFMにも対応しているんじゃないの?と考えて、チューニングしてみたのですが、90から上に行くことができませんでした。TBSラジオが90.5、文化放送が91.6、ニッポン放送が93.0だから、90以上が受信できないとワイドFMには対応できません。

それでもあきらめきれず、nanoの設定項目をいろいろ眺めていたら、ラジオの設定項目に「Radio Regions」というのを発見! 通常は日本になっています。試しにアメリカにしてみますと90から上に行けるようになりました。ただ、ホイールを回してチューニングするときの刻みが奇数単位になるので、文化放送の91.6が選べません。91.5の次は91.7になってしまいます。

そこでこんどは、アジアに設定してみます。すると、文化放送も選べるようになりました。

nanoでもワイドFMが聴けるようになりました。

ただ、日本以外を選択すると、日本の通常のFM局はほとんど受信できません。87.5以下に行けなくなったりとかしますので、通常のFMが聴きたいときは、設定を日本に戻す必要があります。それほどの手間じゃありません。それよりも、ふだん持ち歩いているnanoでワイドFMが聴けるようになった意義のほうがおおきいです。ご存じのようにわたくしはFMよりAM放送派なので、以前からnanoでもAM放送が聴けないかしらと不満を持っていました。それがこれからはnanoでもAM放送の番組がそのまま聴けるのですから、とても幸せです。しかも、クリアな音で、radikoも必要ありません。パケット代を気にせず、聴き放題ですからね!

Apple iPod nano 第5世代 16GB ブラック MC062J/A

Apple iPod nano 第5世代 16GB ブラック MC062J/A

*1:nanoは電波を出さないので飛行機に乗るときにはたいへん重宝しております

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151226

2015-12-25 粋な夜電波

クリスマスの夜に放送された「粋な夜電波」*1は、反則です。

泣いちゃいました。

感動したこともあるけど、半分以上は嫉妬。

「愛してます」なんて言われたら、太刀打ちできません。

…わたくしも、せいぜい同居人を大事にしましょうかね… そういえば、最近「愛してる」なんて言われたことがありません。わたくしも言ったことがありません。おあいこでしょうか。

*1:TBSラジオ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151225

2015-12-24 メリークリスマス \(^O^)/♪

今夜はイブ。

忙しさの合間を縫って、娘を連れて教会へ行ってきました。

寒くなりましたね。

みなさん、あしたがクリスマスですからね!

あしたが本番なんですよ。

今夜は、聖子さんの「Under the beautiful stars」を聴いて、しっとりしてくださいませ。わたくしも聴いています。

Under the beautiful stars

Under the beautiful stars

Under the beautiful stars

Under the beautiful stars

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151224

2015-12-23 酒井法子さんの新曲

Truth 〜飛べない鳥よ〜

2015年11月に発表された酒井法子さんの新曲とミニアルバム。

今回もDVD付きを購入しました。

酒井法子さんの歌声はとても素敵です。

わたくしにまた生きる力を与えてくださいました。

Truth~飛べない鳥よ~

Truth~飛べない鳥よ~

iTunesで聴いてみる

D

D

「As time goes by」や「レモンの涙」のような、明るいラブソングが入っていたのが嬉しかった。

そしてブックレットにはファンが待ち望んでいた酒井法子さんのこぼれるような笑顔の写真が満載です。

次は、ラブソングばかりのフルアルバムを出してほしい。

ところで、クリス松村さんの番組*1や平野さわこさんの番組*2をいつも聴いているのですが、酒井法子さんにはノータッチなの。曲がかかることがありません。話題に上ることも一切ありません。たしかに、ラジオで酒井法子さんの曲がかかることがありません。いまでも、ダメなのでしょうか。

…でも、テレビではこうやって話題にあげてくれるのだから…

酒井法子さんがいつかCMに出てくださることを、心待ちにしております。どこかの企業、英断してくださいませんか?

ディナーショーは完売ですって。行ってみたい。

*1:「クリス松村のいい音楽あります」MBS「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」ラジオ日本

*2:「音番パラダイス」ぎふチャン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151223

2015-12-09 更新できずごめんなさい

一年でいちばん忙しい季節がやって来ました(>o<)

書きたいことはたくさんあるのですが、パソコンに向かって書き込む気力がありません…

河出書房新社さんからお師匠さんの本が出たこと。

お亡くなりになってからもう十年がたっていたこと。

「合葬」の映画化が決まったこと。

D

水木しげる御大がお亡くなりになったこと。

松田聖子さんのベスト盤が出たこと。やっぱり30センチLPサイズのジャケットはいいなってこと。

「蘇える金狼」と「野獣死すべし」のDVDを見たこと。

松田優作DVDマガジン (14) 2015年 12/8 号

松田優作DVDマガジン (14) 2015年 12/8 号

松田優作DVDマガジン (15) 2015年 12/22 号

松田優作DVDマガジン (15) 2015年 12/22 号

松田優作DVDマガジン16号2016年 ?1/5 号

松田優作DVDマガジン16号2016年 ?1/5 号

いろいろ書きたいことがありますが、時間が取れず、申し訳ございません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151209

2015-12-03 ワイドFM

いよいよ来週月曜日のお昼過ぎから、在京AM放送局3社がFMサイマル放送を開始するそうです。

正式にはFM補完放送と言いますが、愛称的に親しみやすい「ワイドFM」と呼ぶことに決めたそうです。この名称もあんまりピンと来ませんけれども。

いま、試験放送の真っ最中。

どうせならAM放送の内容を流せばいいのに、各局とも音楽しか流していません。

正式放送が始まれば便利になるかもしれませんが、いまのところわが家ではAM放送がきれいに聴こえるので、さほど恩恵には預かれないかもしれません。radikoでも聴けますし。ただ、東京都内のビル街に行くと、ほんとに受信できないのは知っています。オフィスで聴けるのはFMだけですし。

SONY CDラジオ Bluetooth対応 ZS-RS80BT

SONY CDラジオ Bluetooth対応 ZS-RS80BT

各社から対応ラジオが発売されますが、けっこうお値段しますね。

CDがついていないタイプなら数千円からあるみたいです。

NanohanaNanohana 2015/12/21 01:22 家にあるラジオでも聴けました。
実際聴いてみるとやはり音質がいいので、FMのほうを選択することが増えました。ただ、FMで聴くときはアンテナを伸ばさないといけないので、それがちょっちめんどうくさいかな〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151203

2015-11-07 南さつまの旅

 二泊三日で南さつま、南九州を旅してきました。

 家族全員で行きたかったけど、瑠璃が学校を休みたくないというので、しかたなく母に預け、同居人とふたりで行ってきました。

今回見たところ

  • 道の駅たるみず

f:id:Nanohana:20151102114452j:image:w360

おだやかな桜島。

f:id:Nanohana:20151102115454j:image:w360

f:id:Nanohana:20151102115556j:image:w360

足湯が人気です。立ち寄り湯もあります。

メインの駐車場からやや離れた場所に、ひっそりとモニュメントがありました。大多数のお客さんは気づかずに行き過ぎてしまうはず。残念なことです。

幕末、島津のお殿様はこの地で軍艦を造りました。他国との船と区別するため「日の丸」を提案し、幕府はこれを採用。その後1860年に国旗になったのだそうです。

f:id:Nanohana:20151102115315j:image:w360

それからこちらには、海軍航空隊桜島(牛根)基地がありました。前知識なしに訪れた場所ですが、その後の旅を示唆するような場所でした。そういうつもりで行ったわけじゃないのですけれど。

  • なんきゅうフェリー(根占〜山川)

f:id:Nanohana:20151102152246j:image:w360

f:id:Nanohana:20151102163853j:image:w360

f:id:Nanohana:20151102165906j:image:w360

桜島フェリーに比べると、コンパクトな船でした。乗用車が10台くらい、バスが1台くらいしか載れません。フェリー乗り場ものんびりした感じでした。垂水フェリーに乗る手もあったのですが、ちょっちこの寂れた感じを味わいたくてムリしてここまで来ました。

対岸の山川まで50分弱です。けっこう時間がかかります。

  • 枕崎観光ホテル岩戸(泊まり)

f:id:Nanohana:20151103090032j:image:w360

f:id:Nanohana:20151103090113j:image:w360

地元のかたが銭湯がわりに利用なさっているので、夕方のお風呂は混雑してました。

「旅人かい?」と話しかけられました。

「はい。千葉から来たんです」と答えると、「あたしもむかし東京にいたことがあるんだよー」と。「東京でなになさっていたんですか?」「いやぁーOLだぁ」「へえー」

なんて会話が弾み、こういうふれあいが楽しいですね。

  • 火之神公園

f:id:Nanohana:20151103092752j:image:w360

竜宮から山幸彦が戻ってきた場所だとか。たしかに、神秘的な場所です。

  • 平和祈念展望台

f:id:Nanohana:20151103093831j:image:w360

f:id:Nanohana:20151103094001j:image

戦艦大和が沈められたときに亡くなったかたがたのご遺族が建てられた展望台です。ここから見える海のはるか彼方で大和は撃沈されたのだそうです。わたくしたちが訪れたときは波静かでおだやかな海でした。

f:id:Nanohana:20151103094343j:image

f:id:Nanohana:20151103095018j:image

岩礁がまるで船のように見えます。

f:id:Nanohana:20151103094737j:image

f:id:Nanohana:20151103094642j:image

f:id:Nanohana:20151103094613j:image

f:id:Nanohana:20151103094846j:image:w360

突然、キャメラの顔認識フレームが反応しました。中央の石碑と右の石碑のあいだにある空間で。それも数カ所に、顔認識フレームが反応しているのです。だれもいない空間で顔認識フレームが突然現れると、正直びっくりします。肉眼ではなにも見えません。このキャメラはいったい何に反応していたのでしょうか。わたくしはまったく霊感ゼロなので、どうしてよいかわからず、とりあえずシャッターを押してみましたが、どうでしょうか? 見える人には見えますか?

  • 登立遺跡

f:id:Nanohana:20151103103213j:image:w360

f:id:Nanohana:20151103103249j:image

知覧に向かう途中で見つけて、立ち寄ってみました。

遺跡はほとんど畑になっていて、実際に見ることはできません。

奥に見える神社さんは鳥居からもうクモの巣だらけで、ともてくぐる気がしませんでした。地元のかたがあまりお詣りしていないようで、ちょっち寂しいです。

わたくしは神社さんをお詣りするのはだいすきですが、ここはいやだと感じたところには入らないようにしています。その場所に立っているとなんだか落ち着かなかったり、背筋が寒くなったりする神社さんは、確かにあります。

  • 知覧ミュージアム
  • 知覧特攻平和会館

f:id:Nanohana:20151103130714j:image:w360

意外なほど大勢の観光客が訪れていました。

鹿屋にもおなじような施設はあるのですが、鹿屋は静かに見ることができます。知覧はネームバリューの高さでしょうか。特攻基地といえば知覧とまっさきに出てくるくらいですから。

見学していたかたがたは、とても真剣に見ていらっしゃいました。それこそ老若男女、お年を召したかたはもちろんですが、わたくしよりも若い世代の男女が真摯な態度で見つめていらっしゃいました。

きちんと物事を考えられるひとたちは、若い世代にもちゃんといるのです。こんどは瑠璃も連れてきてみないといけないなとおもいました。

  • 知覧武家屋敷庭園

f:id:Nanohana:20151103133021j:image

f:id:Nanohana:20151103134718j:image

f:id:Nanohana:20151103140539j:image

萩の街並に似てました。城下町というのは似通っているのですね。メインストリートの脇を流れている川にはでっぷりと太った鯉が泳いでいました。津和野みたいでした。

  • 富屋食堂

f:id:Nanohana:20151103143417j:image:w360

f:id:Nanohana:20151103143311j:image

この建物は映画「ホタル」撮影後に建てられたものだそうです。わたくしたちがうろうろしていると、地元の食堂のかたが立ち止まって、丁寧に説明してくださいました。

平和会館は大勢のひとたちでいっぱいでしたが、こちらはひっそりとしていました。でもね、特攻隊で出撃したひとたちを偲ぶのなら、こちらにもぜひ来ていただきたいとおもいます。

  • 豊玉姫神社

f:id:Nanohana:20151103155039j:image:w360

f:id:Nanohana:20151103155112j:image

境内にはいったとたん、おもわず歓声を上げました。

すごく気持ちのいい神社さん。正直、ここまですてきな神社さんだとはおもっていなかったので…

ちょうどわたくしたちが訪れたときは、七五三詣りのご祈祷でしょうね。おさない姉妹がちょこんと座って、神主さんのお祓いを受けていました。どんどんという太鼓の音が胸に響きます。

  • 吹上温泉みどり荘(泊まり)

f:id:Nanohana:20151103165930j:image

f:id:Nanohana:20151103165914j:image

f:id:Nanohana:20151103170015j:image

偶然なのですが、こちらの旅館も、戦争当時に特攻隊のかたがたが最後の夜を過ごしたところだったそうです。

お風呂がとてもよかった。硫黄泉なのにアルカリ泉質で、わたくしがいままでに入浴したなかでもいちばんまったりと濃いお湯でした。内湯は、見たことがない黒いお湯で、湯の花が豊富です。千葉にも黒っぽいお湯はありますが、どちらかというとコーヒー色です。でもこちらのお湯は黒いの。でも墨のようじゃなくて、透明です。

露天風呂のほうは、源泉がちがって、こちらは透明無色。お宿のおすすめは、この露天風呂のお湯です。ただ、女性専用の露天風呂は、森の小道をずっと歩いた先にあり、先客がいるときはよかったのですが、わたくしひとりだと怖くて怖くて入れませんでした。日が暮れてからはとても… 翌朝、明るくなってから入りましたけどね。得体の知れない鳥の鳴き声がしてて、秘湯だなーっておもいました。

f:id:Nanohana:20151104084856j:image

f:id:Nanohana:20151104084950j:image

f:id:Nanohana:20151104090952j:image

女性風呂は先客がご入浴中でしたので、こちらは男性用のお風呂です。

男性用の露天風呂のほうが明るくて、池も見えていいわ。ただし、道から丸見えですが(>o<)

ね? 内風呂はお湯が黒いでしょう?

f:id:Nanohana:20151103165612j:image

家族風呂も十分広くて、名湯を堪能できます。家族やカップルで訪れたときには、大風呂よりむしろこちらのお風呂のほうがおすすめです。気兼ねなくプライベートを満喫できます。窓からは池を泳ぐアヒルさんたちが見えます。彼らは夜明けから「ガアガア」鳴いて、けっこうやかましかったですが、わたくしはアヒル大好きなので気になりません。

  • 吹上浜

f:id:Nanohana:20151104103400j:image

f:id:Nanohana:20151104104212j:image

日本三大砂丘のひとつということで、期待して行ったのですが、千葉県民のわたくしにはいまひとつでした。千葉には九十九里浜という大砂浜地帯があります。だから砂浜は見慣れているの。ただ、薩摩・大隅を旅していてこういう砂浜はあまり見かけなかったので、こちらのひとにとっては、珍しいものなのかなーとおもいました。

  • 万世特攻平和祈念館

f:id:Nanohana:20151104120840j:image

複葉機をデザインした建物なんですね。

終戦まじか海軍は、93式中間練習機という布張りの複葉機で特攻を命じました。この時代に複葉機です。アメリカ軍の戦闘機の4分の1しか速度が出ず、しかも重たい爆弾を積んでいるため飛ぶのが精一杯だったそうです。

鹿屋の基地でも感じたことですが、特攻で亡くなったかたたちはとても優秀なひとたちでした。まず飛行機の操縦ができるということは、現在でもエリートですよね。頭が良くなくてはできません。

遺品のノートなどを読むと、こまかい字できちんと書き込まれているの。物理法則にのっとった攻撃方法などが。敵艦との距離がこれくらいなら、この高度と速度で爆弾を落とせばいいとか。きれいな字と図で書いてあるの。こんなに優秀な若者をただただ死なせてしまうだけの特攻に仕向けたなんて、ほんとうに悲惨だし、日本の将来にとってももったいないことだったとおもいます。二度と繰り返してはなりません。

絶句したのは、突撃するときは目を見開いて、目標に向かって突っ込むのだと。いちばん弱い煙突を目指すのですって。時速300キロくらいでぶつかっていくわけでしょう? 最後にどんな気持ちだったのか、想像すらできません。

  • 笠狭宮阯

f:id:Nanohana:20151104124811j:image

f:id:Nanohana:20151104124512j:image

ニニギノミコトとコノハナノサクヤヒメが宮殿を設けていた場所です。なにもない場所ですが、なんとなく皇子原公園のような雰囲気がしました。あちらはひ孫の神武天皇がお生まれになった場所です。

やはりニニギノミコトは薩摩半島のこのあたりに上陸なさったのですね。こういう史跡が何千年たっても残っているのはすごいことだとおもう。

  • 清水の湧水
  • 清水磨崖仏群
  • 仙巌園

f:id:Nanohana:20151104155919j:image

f:id:Nanohana:20151104154638j:image

鹿児島市内から桜島がこんなに大きく近く見えることを知りませんでした。

桜島の家が一軒一軒見えるくらいですからね。

まだまだ見たい場所が残っています。坊津のほうも行きたかったし、野間岬も行ってみたかった。だけど、スケジュール的にむりでした。来年、行ってみようかと計画中。

kotarokotaro 2015/11/22 08:12 吹上砂丘荘が懐かしい。昭和50年から3回くらい泊まっています。
その頃は国民宿舎でした。当時は伊集院ー枕崎間に鹿児島交通の私鉄線があり、おんぼろ気動車がのんびり結んでいました。
途中の加世田が大きな駅で、車庫が有り、使われなくなったSLが赤錆びて放置されていました。私たちはそれを見に、北九州から夜行列車で毎年鹿児島旅行をしたものです。
知覧は加世田からバスで訪ねました。程よい距離のバス旅行は楽しかったです。
当時読んでいた本は、梅崎春生の「桜島」という戦中のことを書いた小説と、特攻隊基地「知覧」という文庫本。
この中におそらく富家食堂のことが出て来ます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151107

2015-10-25 Apple Music その後

無料期間が終了し、課金が発生したApple Musicですが、みなさん継続していらっしゃいますか? それとも、解約しちゃいましたか?

わたくしは継続利用中です。

でも、不満な点があります。それは、iCloudにアップロードできるのが25000曲までという制限です。この制限はiTunes Matchを利用しても同様です。つまり、ライブラリーに25000曲以上保存しているユーザーは、それ以上アップロードできません。それだけなら納得できますが、問題は別にあります。それは、Apple Musicにある曲をダウンロードして保存することもできないということです。オフラインで聴こうとおもい、ダウンロードしたいなとおもっても、それができないのです。

だったら、iCloudにアップロードされた曲を削除して、スペースをあけたいとおもうのですが、どうしたらよいのかわかりません。iCloudってどうやって管理したらいいの?

ちょっち充実

上に書いたように不満もありますが、さいきん曲が充実してきました。

松田聖子さんや大原櫻子さんの曲が配信されるようになり、個人的には満足しています。

そのほか、南野陽子さん、中森明菜さん、工藤静香さん、華原朋美さん、早見優さん、石野真子さん、桜田淳子さんなど。ソニーやビクターが参加するようになったんですね。

Under the Beautiful Stars

聖子さんのアルバムがほぼ全部聴けるようになっているみたい。はじめて聴くアルバムが何枚も見つかりました。

なかでも、いいなっておもったのがこれ。

Under the Beautiful Stars (2005年)

バラード集です。季節は冬、なのでいまごろからクリスマスころにぴったりのアルバムです。

とてもしっとりとした曲ばかりで、じっくり落ち着いて聴けます。聴いてるうちに、なんだか若いころのように、イルミネーションの街をデートしたくなっちゃいました。

そんな気分になるとてもいいアルバムです。

Under the beautiful stars

Under the beautiful stars

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151025

2015-10-19 風間三姉妹

あの三姉妹が戻ってきた♪

D

D

お三人とも、きれいに年齢を重ねていらっしゃいますね。

ほぼあのころとお変わりなく、いまでもおきれいです。

Apple Musicでは「Anniversary」のMVが見られます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151019

2015-10-08 きょう見た映画

地下鉄(メトロ)に乗って

ひさしぶりにいい映画を見ました。

わたくしも、まだ子どもだった時分は両親に反発したことも数え切れないくらいありました。だって、わたくしが知ってる両親の姿は、わたくしが生まれてからのものですから、わたくしが生まれる以前の両親の姿など知るよしもありません。

もしもタイムスリップして、若いころの両親の姿をみることができたなら、接し方も変わるかもしれません。

この映画はファンタジー。

「異人たちとの夏」にも似ているかしら。でもあれよりもっと悲しい。

原作者がどなたなのかまったく知らずに見てました。最後に浅田次郎さんだということがわかり、納得。「鉄道員」にも通じるテイストがありました。地下鉄という電車つながりかもしれませんけれど。

主演は堤真一さん。重要な役に大沢たかおさん。それから岡本綾さん、常盤貴子さん。

2006年、監督は篠原哲雄さん。

D

地下鉄に乗って (講談社文庫)

地下鉄に乗って (講談社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20151008

2015-09-27 南さつま

薩摩半島の南端の地図を眺めていたら、ニニギノミコトの上陸地というのが目につきました。それも一ヶ所だけではなく、あちこちにあります。

まず、疑問が起きますよね。だって、ニニギノミコトは高天原から高千穂峰に降ってきたわけですから。空から降りてきたわけですから。上陸? 海から来たの?

関裕二さんの説によりますと、彼は出雲の血を引く貴種ですが、ヤマトとの政争に敗れ、逃れ逃れて笠沙まで来たとか… そこでカムアタカシツヒメ(コノハナノサクヤヒメ)と出会います。

わたくしが変だな〜とおもっていたことは、高千穂峰から笠沙まではけっこう遠いということです。最初から開聞岳に天下ればいいじゃないとおもいます。それならまあ、近いです。

でも、そうじゃない。薩摩半島南部にはニニギノミコト上陸地といわれる場所がいくつもある。これは、ぜったい、ニニギノミコトは海からやってきたとしかおもえない。天孫降臨はありえないでしょう? 人が空から降りてくるなんて。それは8世紀に書かれた物語なわけですから。わたくしたちはそれにちょっち騙されていますよね。日本書紀や古事記に惑わされています。残っている文献は勝者のものだから。負けたひとたちの歴史は抹消されてしまうから。

ニニギノミコトの上陸地を訊ねる旅をしてきます。

まだまだ先になりますが。

九州はおもしろい。鹿児島はおもしろい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20150927

2015-09-21 松田優作DVDマガジン

f:id:Nanohana:20151029213550j:image

松田優作DVDマガジン(8) 2015年 9/15 号

松田優作DVDマガジン(8) 2015年 9/15 号

第16話 裏切りの遊戯

第17話 黒猫に罠を張れ

松田優作DVDマガジン (9) 2015年 9/29 号

松田優作DVDマガジン (9) 2015年 9/29 号

第18話 犯罪大通り

熊谷美由紀さん再登場(別役ですけど)

第19話 影を捨てた男

松田優作DVDマガジン (10) 2015年 10/13 号

松田優作DVDマガジン (10) 2015年 10/13 号

第20話 逃亡者

第21話 欲望の迷路

松田優作DVDマガジン (11) 2015年 10/27 号

松田優作DVDマガジン (11) 2015年 10/27 号

第22話 ブルー殺人事件

第23話 夕陽に赤い血を

松田優作DVDマガジン (12) 2015年 11/10 号

松田優作DVDマガジン (12) 2015年 11/10 号

第24話 ダイヤモンド・パニック

第25話 ポリス番外地

松田優作DVDマガジン(13) 2015年 11/24 号

松田優作DVDマガジン(13) 2015年 11/24 号

第26話 野良犬の勲章

第27話 ダウンタウン・ブルース

Vol.13でドラマ「探偵物語」は完結しました。

次からは映画編になります。 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20150921

2015-09-04 フォルクローロ遠野が閉館

それは今年の3月でした…

夏休みにどこにも行かれなかったので、せめて秋には旅行したいな〜とおもって、ひさしぶりに遠野なんていいかもと考えていました。

遠野は20年まえ、わたくしが高校二年生の夏休みに、初めておともだちとふたりだけで旅をした思い出の場所です。そのとき泊まったのが、開業したばかりのフォルクローロ遠野。JR遠野駅の一部がホテルになっている、とっても便利でおしゃれなホテルでした。

またあのすてきなホテルに泊まりたいとおもいたち、予約を入れようとインターネットで検索したら、なんということでしょう。今年の3月で閉館になっておりました。どうやら遠野駅の建て替えに伴い、やむなく閉館したのだそうです。たった20年で閉館だなんて… しかたない事情はあるにしても、残念でなりません。

調べてみたら、釜石線沿い、土沢駅の近くにフォルクローロ花巻東和っていうのがありますが、遠野からは遠いし… でも写真を見る限りですが、けっこういい感じ。お風呂は温泉です。ヤギもいるみたい(^-^*) ここにしようかな〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20150904

2015-09-03 杏里さんの新譜

Smooth & Groove

Smooth & Groove(初回限定盤)(DVD付)

Smooth & Groove(初回限定盤)(DVD付)

10年ぶりに発表された杏里さんのフルオリジナルアルバム。

ちょっち遅れてしまいましたが、買いました♪

DVDにはMusic Videoが2曲収録されており、杏里さんのすてきな歌とダンスを十二分に堪能することができます。

きっと、ティーンエイジのころの杏里さんも、こんなふうに座間や厚木のディスコで米兵たちと踊っていたんだろうな〜と想像しました。

ハワイで撮影されたのだとばかりおもっていたら、ちがいます。ロケ地は湘南です。西湘バイパス沿いにある「光と風のミュージアム」。すっごいすてきな場所です。わたくしは以前から海のそばに住みたいという願望があり、住むなら湘南あたりがいいなとおもっております。同じ海沿いなのに、千葉とはぜんぜんちがう雰囲気、悔しいけれど。外房とはまた別質なのです。なぜか。伊豆海岸ともちがうのです。近いのにね。

伊豆は伊豆で狙っているんだけど。でも住むなら湘南。

あ、そうそう。杏里さんの新譜ですが、全体を通して聴いてみた感想は、Groove感よりもSmooth感のほうが強めかしら。ノリノリっていうよりは、しっとりと落ち着いて聴けます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20150903