ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なのはなテレビ Twitter

なのはなテレビは2002年8月からスタートしました

2016-11-26 きょう見た映画

ビリギャル

2015年の作品です。

タイトルと金髪女子高生ギャルで退いてしまうかたが多いとおもいます。

わたくしも最初、そうでした。

小学校4年生ていどの学力しかない女子高生が、ふとしたことから慶應義塾大学合格を目指すお話です。ネット上では批判的な意見もあるみたいですが、わたくしは素直に見ていい映画だとおもいました。目標に向かってみずから努力するのは決して悪いことではないじゃない。がんばろうとしている若者に、手を差し伸べて導いてあげるのはわたくしたちおとなの役目です。最初から否定するのではなく、可能性を信じてあげることがたいせつです。

ということを、改めて学ばせていただきました。

主演は有村架純さん。最初見たときはだれだかわかりませんでした。彼女の恩師ともいえる塾の講師が伊藤淳史さん。助演賞を差し上げたいくらい、すばらしい役を演じておられます。いい役者さんになられました。

D

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161126

2016-11-23 あの日

あの日 小保方晴子さん

2016年1月に発刊された「あの日」。

2014年に起こったSTAP細胞があるのかないのか、をめぐる一連の騒動を覚えておられる方もまだいらっしゃることでしょう。

あの日

あの日

2016年初夏発売の「婦人公論」で実現した、瀬戸内寂聴さんと小保方晴子さんの対談は必読だと思います。

婦人公論 2016年 6/14 号 [雑誌]

婦人公論 2016年 6/14 号 [雑誌]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161123

2016-11-22 きょう見た映画

センセイの鞄

2003年の作品です。えっ! 13年も前なんですか!

原作は川上弘美さん。でもわたくしは、最初にこの作品に触れたのは谷口ジローさんが描いた「センセイの鞄」(双葉社さん刊)でした。7年くらい前になるのでしょうか。どちらかというと、わたくしも年上好みですので、この作品でのふたりの関係をうらやましくおもいながら読んでいました。

映像のほうは、小泉今日子さんと柄本明さんがとてもいい感じ。

すこしずつ距離を詰めていくのだけど、お互いに大人同士なので見ているこちらがもどかしいくらい。

恋愛ってむずかしいですね。やっと叶っても、死ぬまで一緒というわけにはいきませんし…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161122

2016-11-21 きょう見た映画

となり町戦争

D

主な出演者は原田知世さんと江口洋介さん。

ある日、静かに、唐突に、隣町同志で戦争が勃発します。行政の一環として。

近代戦のような激しい戦いではなく、ゲリラ戦のようなものとおもったほうがいいのでしょうか。一見すると日常生活がふだんどおりに営まれていますが、新聞の一角に戦死者の数が報道されています。いったいどこで戦争が行なわれているのか、主人公もわかりませんし、観客のわたくしたちにもなかなかわかりません。

でもだんだんとわかってくる。

平時では殺人は最大級の罪。それなのに、戦争という非常事態においては、敵国の兵士を殺すことはむしろ名誉になる。考えてみたらとてもおそろしいことだとおもいます。

この映画の戦争は、結局それぞれの町の首長さんが、選挙活動として繰り広げているようです。町を国レベルまで上げてみれば、どこかの国の大統領同士が戦争を始めるのと大差ないのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161121

2016-11-15 娘に教えられた

わたくしは酒井法子さんの30周年記念ボックスの写真集やDVDを見てすっかり満足していました。限定ナンバーは100番台でした。

小春日和の縁側に座って、静かにお茶をすすっているイメージ。

瑠璃が最近、どんな音楽を聴いているのか、ノーマークでした。

いま、瑠璃はBABYMETALを聴いています。

むべなるかな…

両親はアイドル好き、物心つくころからアイドルの歌を聴いて育ってきた娘。しかもわたくしたち両親は、案外とメタルも好き。

わたくしは陰陽座のファン、同居人は昔から聖飢魔兇離侫.鵝

心配はしていません。むしろ、魔女として育ててきた結果、正しい道に進んでくれたことを喜ぶべきでしょう。

瑠璃にはiPod touchを貸しています。このごろわたくしはFireを使うことが多いので、わたくしがtouchを使っていないときは瑠璃が使ってもいいという決めごとをしています。そしてわたくしはApple Musicの定額プランとamazonのプレミアム会員なので、どちらからでも聴き放題できます。それをじょうずに利用して、瑠璃はBABYMETALを聴いていたわけです。CDを買わない世代がこうして育っていくのですね。

ライブに行きたいとおねだりされています。

まだひとりで行かせるわけにはまいりませんので、保護者同伴で行こうとおもっております。実はわたくしも、けっこう楽しみになってきています。ライブなんて久しぶり。親子で行けるようになったのだなと、感慨深いものがあります。

BABYMETAL

BABYMETAL

METAL RESISTANCE(通常盤)

METAL RESISTANCE(通常盤)

D

D

D

D

D

D

D

↑絶チルの歌を歌っていた可憐ガールズの、あのいちばん小さかった女のコが、ここまで成長したなんて…

当時から度胸のある子だとおもっていました。

D

↑BABYMETAL版のover the future

NanohanaNanohana 2016/11/16 23:08 キツネのハンドサインと悪魔のハンドサインはとても似ています。
中指と薬指と親指を折りたたんでしまえば、悪魔サインになってしまいます。むしろ同一といってもいいでしょう。
キツネからイメージするのは九尾のキツネ。妲己や玉藻前を連想します。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2016/11/17 20:35 それで、ライブには行くのか?

kotarokotaro 2016/11/18 17:24 イイネ

NanohanaNanohana 2016/11/18 21:04 ありがとうございます。
次のライブは12月に英国ですが、ちょっち行けません。わたくしが年末進行にはいってしまうし、瑠璃も期末テストの大切な時期ですから。
来週、ライブ盤のブルーレイディスクが発売されるみたいなので、しばらくはこれを見て我慢するしかありません。1月ならよかったのに。
ところで話は変わりますが、瑠璃が使っていたtouchをチェックしていたら、ジャズピアニストの大西順子さんのアルバムが登録されていました。驚いて瑠璃に問いただしてみたら、わたくしがときどき話題にあげていた「菊地成孔」さんで検索かけたところ、他のおすすめアルバムで見つけたそうです。娘もピアノを勉強しているので、こういうピアノが弾けるようになりたいと。わたくしは反対しませんが、こればかりは才能が物を言う世界ですから。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2016/11/28 13:01 ところで、娘の瑠璃ちゃんはいくつになったのだ?
今時なのにスマホは持たせていないのだろうか??

NanohanaNanohana 2016/12/04 21:22 わたくしはインターネットの初期、Windows95のころ高校生でした。
学校の科学部部室にあったパソコンはモデムでつないでいましたね。インターネットよりも、どちらかというとパソコン通信のほうが主でした。ニフティとか。
男子たちは夢中になって通信してましたが、当時のわたくしはなにもわかっていませんでしたので、そばでぼーっとモニターを眺めておりました。
わたくしがインターネットデビューしたのは、大学生になってからでしたね。古いパソコンをもらいました。まだニフティの時代でした。まずニフティに電話してから、インターネットにつないでもらい、外国の研究施設に接続していました。
それから一年くらいしてから、ICQとかマイクロソフトチャットにはまり、世界中の見知らぬ人と一晩中会話し、電話代がものすごいことになりました。親からひどく怒られました。当時は時間制料金だったのです。
あのころの電話料金って、ほんとうに高かったでしょ? うちからとなりの東京にかけるだけで、三分いくらかかったのかしら。
いまのLINEとかツイッターとか、そういうの、二十歳くらいに経験しているんです。もちろん当時ですからいまのような高機能じゃないけれど、コミュニティーとしては同等だとおもいます。20年近く前からICQとかチャットとか掲示板などでネットの明暗はイヤというくらい体験してきました。
瑠璃には今どきどうかと言われるけど、キッズ携帯しか持たせていません。
18歳以下の子どもにスマホを持たせるのは、同居人も反対しております。
瑠璃本人も泣いて欲しがることもないので、納得してくれているのじゃないでしょうか。
「スマホはおとなになってから」
大学生になったら、解禁します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161115

2016-11-05 明日の記憶

きょう見た映画

「明日の記憶」(あしたのきおく)

渡辺謙さん主演。奥さま役に樋口可南子さん。

若年性アルツハイマー病になってしまった渡辺謙さん。それを支える樋口可南子さん。

健康なわたくしたちにとって、絶望感を味わう瞬間は、相手に忘れられてしまったというときです。

わたくしのおばあちゃんも、認知症で、わたくしのこともわからなくなってしまった。

おばあちゃん子だったわたくしは、ちいさいころからかわいがってもらっていました。それなのに「あなた、だあれ?」と言われたとき、悲しくて悲しくて、こんなことってあるのか!とおもいました。

愛したひとが、わたくしのことを忘れてしまう。

いままでの思い出がすべて消えてしまう。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161105

2016-10-16 映画を見ました

グッドモーニングショー

中井貴一さんのファンなので見て参りました。

落ち目のテレビキャスターが立てこもり犯人にインタビューする羽目になってしまったというお話です。

これだけ聞くとコメディかな?っておもいますが、実際はいろいろと考えさせられる内容でした。テレビと出版社、フィールドは違えども同じようにマスコミに身を置くわたくしとして、身につまされるシーンもたくさんありました。

まだ公開されたばかりの作品なので、これ以上は申し上げられません…

D

最近、吉田羊さんってすごいですね。あちこちの作品にご出演なさっています。

このまえ見た「SCOOP!」もそうでしたし、来月公開の「ボクの妻と結婚してください。」にもご出演されています。

D

kotarokotaro 2016/10/19 12:41 ご無沙汰しています。
この映画、私も気になっていました。
最近、校閲部の女性部員を取り上げたドラマがあるそうで、驚いています。
マスコミがようやく、自分の姿を正しく映し出そうとしているのが、遅きに失せなければいいのですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161016

2016-10-15 ちょっち奇妙な写真があったので

9月に行った霧島温泉で、花房の滝を見に行ったときに撮影したものです。

いままで気づかなかったのですが、シカを撮ったカットに微妙に変なものが写っていました。

f:id:Nanohana:20161017104900j:image

f:id:Nanohana:20160913000000j:image

画面中央に立つ木の左側、青いなにかが写っています。

一見すると、コート姿の女性が立っているようにも見えます。

その右の木の後ろには、一頭のシカがぶれて写っています。警戒心の強いシカのすぐ近くに人がいるとは思えません。

さらに、編集していてぞくっとしたのですが、コート姿の上から顔のようなものが覗いています。これはいままで気がつきませんでした。最初にこの写真を見たときには気がつかなかったのです。時間経過とともに、顔のようなものが写ってきています。

これ、なんでしょうか。

とりあえず、撮影した同居人はぼこぼこにタコ殴りしておきました。わけわかんない生霊連れて来てんじゃないわよ!と。浮気相手だったらぜったい許さないんだから。

わたくしたちの様子を遠くから伺ってるなんて、ものすごくむかつく。その場で気づいていたら、ぜったい文句言ってやるのですが。こんなふうに、あとになってからわかるのが悔しい。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2016/10/19 22:20 スズちゃんの思考回路は非常にユニークだな。この写真を見て正直吾輩も背筋が寒くなった。女の霊としかいいようがない。ただ、それを、旦那さんの浮気相手の生霊と思い込むキミは、とてつもなく強いというか、おもしろい。さまよえる浮遊霊とは思わないのだろうか。なにゆえ、旦那さんの浮気相手と断定したのか。旦那さんにそう思わせるだけの兆候があったのだろうか。彼はこの写真を見せられて、どのような見解を述べたのだろうか。タコ殴りにされて、なにも弁明しなかったのだろうか。
いろいろと聞きたいことがたくさんある。その後の経過をもっと詳しく教えて欲しい。

NanohanaNanohana 2016/10/21 22:18 浮遊霊ねぇ…
こんなシカくらいしかいない森の中に、なんで浮遊霊がいるのかしら。わたくしはあの場所を歩いてみたのでわかるけど、浮遊霊なんかがさまよっている場所じゃありません。もしいたら、とっととどこかへ行きなさい!と叱咤します。こんなところをさまよっている場合じゃないでしょ!と。
でも、この写真のヘンなものは、木陰からこちらのようすを伺っています。百歩譲って浮遊霊なら、もっと堂々と姿を見せればいいでしょう? 全身を見せればいいじゃない。なのに、この写真に写っているなにかは、木の陰からこそこそとこちらを覗いている。女の勘でぴーんときましたね。これはぜったいに生霊。
同居人はぼこぼこに殴られながら「知らない」と哀願していましたが、「あんたが知らなくても生霊は来てるんだよー」と殴り続けました。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2016/10/23 19:20 スズちゃんあまり旦那さんを虐待しないで欲しい。
同じ男として、このような場合に弁明はできないが、かといってまったく身に覚えがないからだ。たぶん旦那さんは本当に知らないのだろう。
吾輩は、スズちゃんにタコ殴りされている旦那さんに同情する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161015

2016-10-02 今夜見てきた映画

SCOOP!

福山雅治さんが中年のパパラッチを演じた作品。

―と、最初はおもってました。単にそれだけで終わってしまうのかなって。

ところが、ぜんぜんちがいました。

とてもよかった。見終えたあと、いい映画を見た〜っておもえました。

この作品もDVDになったら購入決定!

D

ファインダーを覗く福山雅治さんの鋭い視線がかっこよかった。

重要な役を演じたリリー・フランキーさんにも拍手喝采です!

NanohanaNanohana 2016/10/27 22:14 なんだかよくわからないままじぶんのブログにスターを押してしまいました。消し方がわかりません。申し訳ございません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20161002

2016-09-25 君の名は。

映画を見てきました。

君の名は。

なぜか前評判が高い作品です。

新海誠監督の作品は、「ほしのこえ」からのファンで「言の葉の庭」までずっと見続けてまいりました。とてもすてきな作品ばかりなのですが、正直メジャーではありませんでした。ジブリ作品に比べたら、知る人ぞ知る隠れた名作というかんじで、アニメが好きなひとしか知らないような監督だったでしょう?

「言の葉の庭」からだいぶ認知度がアップしたような気がしています。

観客の客層は十代の若い女性が多くて、これも意外でした。

序盤はコミカルなかんじで展開していき、笑わせるシーンもいくつかあり、場内からも笑い声が聞えるのですが、中盤からはものすごい展開になり、度肝を抜かれます。そしてやっぱりわたくしの理解力では一度見ただけではよくわからなかった… DVDが出たら即座に買って、じっくりと何回も何回も見返してみたい。

「秒速5センチメートル」ですれ違いのまま終わってしまったあのふたりがいたでしょう? 貴樹くんと明里ちゃん。あのラストシーンがとてももどかしくて、いままでずっと気にかかっていたのですが、今回はすっきりしました♪ ありがとう、監督\(^O^)/

D

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160925

2016-09-24 酒井法子さんの写真集

ワニブックスさんから11月に酒井法子さんの写真集が発売になるそうです。

【酒井法子 30th Anniversary BOX】

芸能活動30周年を迎える酒井法子が記念BOXセットをリリース!!最新撮り下ろしに加え、過去の写真集からのベストショットや未公開カットを加えた特別写真集を中心に、完全撮り下ろしDVDやマフラータオルなどのグッズを加えた限定豪華セット!! 

〇内容

・写真集(B4サイズ)

・撮り下ろしDVD

・マフラータオル

・バンダナ

・ワッペン

・ポストカード


【限定2,000セット(シリアルナンバー入り)】

※販売はワニブックススペシャルエディションのみとなります。

書店での販売はありません。

定価:20,000円+税 

発売日:2016年11月1日(火)

購入申込はワニブックススペシャルエディションまで。

ビクターから出してもらえたのね。よかったわ。

iTunes Musicの定額プランの利用者は一部の曲を除いて聴くことができます。ということで、1990年代のCD音源と聴きくらべてみましたよ。わたくしの希望は、現在の酒井法子さんの歌唱による録音だったのですが、残念なことに従来の音源をリマスタリングしたもののようです。それでも、最新技術によるリマスタリングが施されていますので、90年代の音源と比べたらとてもよい音になっています。酒井法子さんのボーカルが十歩くらい前にぐいっと出てきて、目の前で歌ってくださっているかんじがします。もう、これだけでも買う意味はあるとおもう。酒井法子さんファンだったら。だいすきなひとがすぐ手の届く至近距離で歌っていてくれるのですから。

不満があるとすれば、わたくしが酒井法子さんをすきになったきっかけの「思い出をめくるために」が収録されていないこと!

わたくしはComplete DVD-BOXをだいじに持っていますから、これは必要ありませんが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160924

2016-09-12 遅い夏休みをとって…

また霧島温泉に行ってきました。

瑠璃は学校があって行けないので、わたくしと同居人だけで。

天候には恵まれませんでした。ここのところ、鹿児島に行くとたいてい雨。今回も雨でした。ま、後半は曇りだったのでまあまあでしたが、季節柄にもよるのでしょうね、どうもいまひとつすっきりしません。

いつもお世話になっているお宿に泊りました。何度もお邪魔しているのでもう定宿といってもいいかしら。自宅に帰ってきたように、リラックスできる。のびのびとくつろげるのはほんとうに嬉しいです。

チェックインする前に、時間があったのでとりあえず硫黄谷噴気地帯へ行ってみました。ここには数回来ているけど、何回来ても地球の熱さがわかるすごいところです。夕方近い時刻でしたが、わたくしたちのほかに、中国語を話す人たちが数家族観光していらっしゃいました。一見、日本人?とおもうのですが、話し言葉は中国語です。鹿児島はほんとうに中国からの観光客が多いです。わたくしとしては、なにも日本に来なくても、中国大陸のほうがよっぽど観光する場所が多いとおもうのですが。日本の島国なんて、大陸に比べたら見るところなんてないとおもいます。どうしてわざわざ日本に来るのでしょうか。

そんなことをおもいながら、駐車場に停めた車に戻ろうとしたところ、道路に一頭のシカが現れました。

のんきですね。いつ車が来るかわからないのに、夕方になると野生動物は油断するのかしら。佐多岬でも夕方イノシシが道路をうろうろしていましたからね。野生のシカなんてエゾシカくらいしか見たことがなかったので、写真を撮ろうとおもったら、やっぱり逃げていってしまいました。

お宿にチェックインしてからは、温泉三昧です。

すぐにのぼせてしまうので、長時間入っていられませんが、だいたい2時間おきに入りに行きました。

夜中でも目が覚めたらお風呂に行きました。23時くらいで入浴時間が終わってしまうところが多いけど、こちらのお宿は宿泊中はチェックアウトするまで入浴できます。やっぱりこうじゃないと。温泉なのだから。基本的には24時間入浴できるといいです。せめて清掃するのはチェックアウトしてからにしてほしいですよね。その点、こちらのお宿は合格です。

翌朝、チェックアウトしてから、花房の滝を見に行きました。

さいわい、曇り空で雨は降っていません。

花房の滝は、旅行人山荘の駐車場から歩いて行きます。大人気の旅行人山荘です。

f:id:Nanohana:20160913105826j:image:w360

わたくしも、気になっているお宿ですが、大人気なのでいつも予約でいっぱいで、なかなか泊まれません。しかも、今回初めてお宿の外観を拝見させていただきましたが、四階建てのたいへん立派な旅館でした。わたくしの想像とはちょっち違っていました。もっと木造でこじんまりとしたお宿かとおもっていたのです。

フロントで「花房の滝を見に行きたい」と告げると、泊まり客でもないわたくしたちにとても親切に、地図をくださり、道案内を丁寧にしてくださり、傘まで貸してくださりました。お帰りのときはロビーでお休みくださいとまでおっしゃってくださりました。とても気持ちのいいフロントマンさんです。これならここに泊ってみてもいいかも。ただ、大人気で予約いっぱい。それもわかるような気がします。

花房の滝までの道のりは、森の中を歩いて行きます。途中から木の根だらけの道なき道を歩きます。せめて階段くらい整備してほしいけど、自然のままの方がいいのかしら。

滝は、花房というだけあって、女性的な感じがする、やさしい滝でした。丸尾の滝に似ているかもしれません。丸尾の滝をもうちょっち高くしたような感じ。

f:id:Nanohana:20160913103620j:image:w360

滝を見た帰り、森の中で三頭のシカに遭遇しました。親子か兄弟でしょうか。わたくしたちも驚いたけど、シカたちもびっくりしたみたい。まさかニンゲンがいるなんて!って感じで固まっていました。しばらく見つめ合ったあと、敵意のないことを確認したのか、ゆっくりと動き出すシカ。

f:id:Nanohana:20160913104726j:image:w360

野性のシカっているんですね。霧島のシカは増えすぎたりしないのかしら。シカだってあまり増えすぎたらいけないでしょう。農作物を食べたりするから。天敵のオオカミがいない現在、霧島のシカは生態系のなかでどのようなポジションなのでしょうか。

滝を見に歩いたので、せっかく朝、温泉に入ったのに、また汗をかいてしまいました。

塩浸温泉でさっぱりと汗を流そうとおもったのですが、以前から気になっていた仙寿の湯というところへ立ち寄って見ました。ここは塩浸温泉のちょっち手前に看板が出ています。ラムネの湯と書かれています。

見過ごすくらいちいさな看板です。

行ってみたら、300円で入浴できるし、きれいに清掃されているお風呂で、意外な穴場を見つけたという感じ。

お湯は塩浸温泉に似ているかもしれませんが、きれいなウグイス色なのでちょっち違うのかも。源泉掛け流しで、結晶分の析出がすごいので、成分が濃いお湯なのだとおもいます。ラムネの湯というくらいなので炭酸が多いのかもしれませんが、バブほどは泡がつきませんでした。わたくしたちが入ったときには、です。温泉はその日によってだいぶ変わりますので、もしかしたら泡がつきまくりの日もあるのかもしれません。

f:id:Nanohana:20160913122035j:image:w360

f:id:Nanohana:20160913121124j:image:w360

f:id:Nanohana:20160913122042j:image:w360

でもとてもいい感じのお風呂でした。塩浸温泉は入浴料370円ですが、こちらは300円。

飲泉もできます。コップの状態がちょっちアレだったので口を付ける気になれず、同居人に飲ませてみました。彼の感想は「なんとなく甘い味がする」だそうです。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2016/10/06 20:18 ほんとに霧島温泉が好きなんだな。
ところでたまにはスズちゃんの入浴シーンをアップしてくれないだろうか。流行りの地鶏、だめか? スズちゃんはあまり地鶏しないな。

NanohanaNanohana 2016/10/08 19:57 同居人といっしょに旅をしているときは、キャメラは彼にお任せしています。わたくしは重たいキャメラを持っていたくないから。そしてつい、いつもの仕事の癖で取材のときのように、押さえておきたいところを指示しては「あ、こことここ、撮っておいて」と無意識に言っています。
もちろん、わたくしも自分のiPod touchで自撮りすることもありますが、こんなアラフォー女の写真なんて見たい人いないでしょ?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160912

2016-08-20 あのころのゲームソフト

Amazon見ていたら、スーパーファミコン時代のゲームソフト「FINAL FANTASY 6」だとか「ロマンシング・SAGA」などのゲームカセットが1万円前後で売られているの発見しました。

すごく高値ですね。「FF6」ならわたくしもまだ持っていますよ。たしかに、とてもおもしろかった。

ファイナルファンタジー6

ファイナルファンタジー6

ロマンシング サ・ガ

ロマンシング サ・ガ

NanohanaNanohana 2016/10/21 22:06 2016年11月に、任天堂からミニファミコンという据え置き型ゲーム機が発売になるそうです。1983年のファミコンを現在の技術で再現したものだそうです。残念なことに当時のゲームカセットは使えません。これが使えたらもっと評価高かったのに… 内蔵された30種のゲームソフトで遊べます。
わたくしも欲しいなとおもいましたが、すでに予約いっぱい。買えませんでした。限定販売ということはないとおもうので、ひととおり落ち着いた頃に買えることを期待しております。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160820

2016-08-11 宮崎の新米

イオンの売り場に宮崎の新米が並んでいました。

宮崎はやっぱり早いですね。どこよりも早い。

3月に田植をしているのをわたくしは見てまいりました。岬馬を見に行ったときにね。

わたくしの家は、同居人の親戚が福島で農業を営んでいらっしゃいますので、毎年お米を送っていただいております。福島のお米はとってもおいしい。ですが、ちょっち宮崎のお米も食べてみたいですね。

kotarokotaro 2016/08/16 06:59 残暑お見舞い申し上げます。
お盆休みも、私は終わりきょうから普通の日常に。オリンピックイヤーの今年は、独特の感想でした。
4年後はもう60歳を超えていることを思えば。
7月の終わりに、本文と無関係ですが、あるところでイベントをやりました。
「クルマと音楽と男と女」みたいなテーマで、ベスト10形式で、車の出て来る情景のある
1980年代歌謡曲、ポップスで邦楽をアイドル中心に語りのイベントです。
元々、1980年代生れの30代の人に出会い、レコードの時代について興味を持たれて、
昨年から音楽イベントをお互い持ち寄り、数回行うようになりました。30代の方はリアル80年代の証言を
大変興味深く聴いてくださり、質疑応答もよく出て来ます。
私は「還暦アイドラー」の先輩宅に押し掛け、山のような当時のレコードから面白そうなものをピックアップ。
これが、先輩も「こんなにウケるとは」というくらい反響が有り、新旧世代の橋渡しに。
若者は「作詞家研究」とか「松本隆作品集」といったテーマで、行いますので私が毎回フォロー。
秘蔵のコレクション、当時のノートにつけた記録等に、驚きがあがったり。
しかし、内輪のイベントです。7月の私ので、やっと10人くらいのお客さんになり、女性ファンも
面白がってくれるようになりました。

秋に向けて、疲れの出ぬよう、また面白いテーマを探しましょう。お元気で。

NanohanaNanohana 2016/08/20 22:55 トリプル台風が襲撃中〜 どうぞみなさま、お気を付けください。
kotaroさんのイベント、とても楽しそう。
クリス松村さんのラジオ番組を聴いていて、まったく知らないアイドルのお名前が出てくることがしょっちゅうです。世間には未開拓のアイドルがまだまだたくさんいるんだな〜と実感しています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160811

2016-08-07 シン・ゴジラ

柏市に新しくできたTOHOシネマズで「シン・ゴジラ」を見てきました。

現在公開中の作品なので、内容については申し上げられませんが、特撮のレベルがすごかった。むかしの怪獣映画だと、いかにもミニチュアの街を壊しているのがバレバレでしたが、さすがに21世紀ともなるとそのような子供だましの映像ではなくて、まさかほんとに?っておもうくらい圧倒的なリアリティで、ミニチュア感は微塵もありません。

ゴジラはエヴァでいうところの使徒、そして巨神兵。「これってエヴァじゃん」という感想を見かけましたが、庵野秀明さんが総監督ですから当然です。さらに音楽は鷺巣詩郎さんですから。わたくしも何度か「あら?エヴァ?」とおもいました。

どこかで碇司令が「使徒に対し通常兵器では役にたたんよ」とつぶやいていそうなほど、ゴジラは凶暴凶悪です。

わたくしが知っているだいすきな東京がめちゃめちゃにされてしまうのですが、あまりのすごさに泣いてしまいました。

ひとりで見に行っていたし、隣の席にはだれもいなかったので、なんとか恥ずかしい思いをせずに済みました。瑠璃と一緒じゃなくてよかった。

ブルーレイディスクが発売されたら、絶対買います。

D

D

オリジナルを知りたくて、帰宅してからHuluでゴジラの第一作目を見ました。

時代はちがいますが「シン・ゴジラ」は第一作目をかなり踏襲していたことがわかります。

現代の風潮を踏まえてゴジラを新しく作ると、こういう作品になるのですね。ゴジラ第一作目に対して並々ならぬオマージュが込められている作品だと、改めておもいました。

十七年前、映画ばかり見ていた学生時代にハリウッド版のGODZILLAを見たときの感想文↓

 日本のゴジラも水爆実験の放射能汚染で巨大化したのだけど、本作のゴジラもフランスの核実験による放射能によって南太平洋の島にいたトカゲが巨大化してしまったという設定です。コモドドラゴンとイグアナが合体したようなGODZILLAは、従来のゴジラが垂直方向だとしたら、水平方向とでもいいましょうか。4本脚でトカゲのように這うこともするし、後ろの2本脚で高速移動もするし、ビルや橋をひょいっと跳躍だってしちゃいます。おまけに泳ぎも大得意。泳ぎはまるで海イグアナそっくりだけど、サカナが大好物だからその点は海草を食べている海イグアナとはちがいます。

 序盤で、島に残された信じられないくらい大きな足跡をヘリコプターから俯瞰するシーンがあるのだけど、その大きさや、足跡と足跡の距離が驚くほど離れていることによって、どれだけ巨大な生物かを暗示させるなんていうことは、いままでのゴジラ映画には見られなかったことで、ハリウッドらしいなあと妙に感心してしまいました(ゴジラ第1作で、丘の上から浜辺に残された足跡を見るシーンがあったけど、あまりにも遠すぎて巨大な感じがまったくしなかった)。

 GODZILLAがニューヨークの街中を、高層ビルを破壊しながら走り回るシーンなんて、ドキドキもの。尻尾の先がビルをかすめると、そこだけばらばらばらっと崩れ落ちるなんて芸が細かくて、ナイス。軍隊に追われるGODZILLAになぜかがんばれっていいたくなってしまうのは、なぜなんでしょうね。GODZILLA、負けるななんてね。

 中盤はなんとなくジュラシックパークやエイリアンを思い出してしまいました。それになんだか、かわいそうな気がしてならなかった。無責任なセンチメンタリズムだっていうことは承知しているのですが… その思いはラストにかけても同じでした。GODZILLAに生まれてきた責任はないのですよね。それなのにGODZILLAの生存を認めない理由は、ただ人より大きくて、街を破壊するから、それと放っておいたらどんどん増えて人間が滅亡するからだっていうのだけど、それは人間の勝手な言い分じゃないだろうかと思いました。でもまあ、実際、あんなのがいたら殺すしかないのでしょうが… T-REXよりはるかに大きい生物なのですものね。どこかに保護区を作ってそこで暮らさせるわけにはいきませんよね。海だって泳いじゃうからすぐ逃げ出しちゃいそうだし… 人間にはとても管理できないことはわかるのですが… わたしが甘いのでしょうか。エイリアンが殲滅されても良心の痛みは感じないのに、GODZILLAに対してはなぜだかとてもひどいことをしてしまったような気がしてなりませんでした。みなさんはこの映画をご覧になってどのような感想を持ちましたか?

August 15, 1999

まだ二十歳そこそこのわたくしでしたが、どういう経緯をたどったのかわかりませんが、いちおう「ゴジラ」第一作目も見ていたのですね。まったく記憶にございませんでした。ハリウッド版のGODZILLAも、ほとんど記憶に残っていませんので、しかたありません。DVDも持っていません… ただ、「シン・ゴジラ」はオリジナルに近いという感想は確かです。

ツクツクボウシ

今朝、家の庭でツクツクボウシが鳴きました。

相当、早くありませんか? ちょうど立秋の日に鳴くなんて。

このセミは、もうちょっちあとになってから鳴いて欲しいのですけど。処暑すぎに鳴き出すのがちょうどいい頃合いです。でも、もう地上に出てきてしまいました。今年の夏は、案外と短いのではないでしょうか。もう、コオロギたちが鳴き始めていますしね。セミは静かです。暑い夏だと、夜更けになってもセミが鳴いているのに、今年の夜は静か。

そして、街を歩いていると、舗道にセミの死骸を見かけるようになりました。街路樹から落ちて死んだセミたちです。さすがにわたくしもいいトシなので、触ってみることはありませんが、二十代のころはついつい触ってしまいました。そのあげく、いきなりジジジと鳴かれて腰を抜かすほど驚いたりしましたね。

ちなみに、去年の日記を読みかえしてみましたが、2015年にツクツクボウシの鳴き声を聞いたのは8月3日でした。ということは、今年は若干遅めだったわけです。

NanohanaNanohana 2016/08/12 22:42 NERV本部から極秘扱いの資料を入手しました。
「呉爾羅」殲滅作戦
第四種警戒態勢
NERV本部戦術作戦部
呉爾羅臨時対策課

おそるおそる、というのはウソです。もう、わたくしはo(^-^)oワクワクしながらページをめくりました! やっぱりNERVがあのゴジラを退治してくれるのね? ということは、エヴァの出番? どう考えても、あの凶暴凶悪なゴジラを相手にできるのはエヴァ初号機しかいません。ということはパイロットはわれらのシンちゃん? 碇シンジくん? 西暦2015年に14歳ですから、2016年現在彼は15歳の少年です! そっかあ、シンちゃんっていま15歳なんですね〜。だったらいけるかも。
だから「シン・ゴジラ」というタイトルなのですね。シンちゃんとゴジラが闘うという意味が込められていたわけね… いつか。

NanohanaNanohana 2016/08/12 22:52 この路線は、知ってる人は知っていたのですね。
エヴァの公式サイトを見たら、次回作はやっぱりわたくしが想像していたとおりの展開になるみたい。
http://www.evangelion.co.jp/final.html

だって「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ですよ!

そういうことだったのですね。
まんまと乗せられてしまいましたが、次回作の劇場公開版もきっと見に行きます。
それにしても、エヴァに夢中になってから何年たつのでしょう。初めて見たのは高校生のときでしたから、かれこれ二十年たつわけです。すごいことです。いまだにわたくし、エヴァは好きですから。

NanohanaNanohana 2016/10/24 12:54 ハリウッド版のGODZILLAはローランド・エメリッヒ監督作品でした。
ジャン・レノが出ていました。
今回、見直してみましたが、ゴジラとしての凶暴凶悪感は「シン・ゴジラ」のほうが圧倒的だとおもいます。
ハリウッド版のGODZILLAは武器として火を吐かないので、結果的にニンゲンにやられてしまいます。ゴジラは火を吐くのがふつうでしょ? 放射能の火を吐くから、ニンゲンはたじたじなのに… ハリウッド版はけっきょくアメリカ強い!ということにしたくて、このような設定にしたのでしょう。ゴジラじゃなくて、ジュラシックパークです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160807

2016-08-01 八朔

今年の夏は猛暑だと言われておりましたが、わたくしの体感的にはそれほどでもありません。

むしろ朝晩、涼しくてすごしやすい気がしています。(ロケ地・千葉県)

8月7日は立秋ですからね。もうすこししたら、秋になっちゃいます。夏はほんとうに短い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160801

2016-07-01 カナカナ初鳴き

きょうから七月です。

きょうは半夏生。梅雨明けまじかのころに当たります。偶然なのかどうかわかりませんが、千葉県柏市で夕方7時くらいかな、まだ明るいときにカナカナの鳴き声を聞きました。

きょうの千葉県は晴。気温も30度を超えました。蒸し暑い日でした。

セミたちが地上に出始めました。暑い夏がまたやってきます。

わたくしは夏は好きですが、暑いのはどうにかしてほしい。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160701

2016-05-23 DIG MY STYLE

先夜放送された*1TBSラジオ「粋な夜電波」で紹介された曲が、とってもよかった。

番組の最後に菊地さんが紹介してくださったのが、秋山一将さん。

1978年にリリースされたデビューアルバム「DIG MY STYLE」から。

聴いておどろきました。1978年ですよ。この年はグレートビンテージ年なのですって。ヒップホップ、ハウス、テクノポップ、ニューウェーブ、AORといった新時代の音楽がいっせいに花咲いた時代でした。奇しくもわたくしが生まれた年が、こんなすごい年だったとは、うれしい。

ぜひCDを手に入れたいとおもいましたが、現在では入手困難だそうです。

入手困難だった「DIG MY STYLE」が限定盤として2016年7月20日に発売されるみたいです♪

amazonで2484円(税込み)です。このタイミングで再発売決定ということは、菊地さんご存じだったのですね? 宣伝上手。でもいいです。すてきな曲を聴きたいので、予約しました。

*1:2016年5月20日深夜

kotarokotaro 2016/06/01 03:35 この紹介記事に出て来るレコード音源はいずれも名盤ですが、とりわけ「NEW YORK」の中の秋山一将の演奏は有名です。http://music.isi-tec.com/?p=4279 代表作がピックアップ曲になっているけれど、私的YouTube利用を目の敵にするソニーらしく削除されて聴けないのが残念ですね。CD探してみてください。

NanohanaNanohana 2016/07/20 20:27 予約していたとおもっていたのに、なぜか予約できていませんでした(>o<)
上記を読むと「予約しました」と書いてあったので、てっきり予約していたとおもってました。ガビーン(-_-;)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160523

2016-05-15 ポータブルスピーカー

出張先のホテルで音楽を聴くときにほしいなーと以前からおもっていたのが、携帯できるスピーカーです。

かさばらなく、持ち運びしやすく、音もそこそこいいもの。

こういうものは同居人のほうが詳しいので、相談してみました。

「リチウム電池を使っているのは手荷物に預けられない*1から、ハンドバッグに入れないとだめなの。だからなるべくかさばらなくてちいさいのがいいの」

「そうか」

「でも、音が悪いのはイヤ。あと、ちゃちいのも好きじゃない」

「わかったわかった」

「さあ、選べ!」

パソコンの前に座らせ、さっそくAmazonで検索開始です。

f:id:Nanohana:20160522233948j:image:w360

しばらく画面を見ていた彼が最終的に選んだのが、このスピーカーです。

「なんで?」

「防水、耐衝撃仕様だから、がさつなおまえにぴったりだ」

「なにー」

「おまえはすぐ落とすだろ」

「むー」

「レビューを読んだけど、音もまあまあいいみたいだ。値段のわりには作りもしっかりしているみたいだぜ」

「いくらするの?」

「なんと2999円」

「安物じゃないの?」

「いや。旅先で使うなら、この程度のもので十分だ。クリックするぞ」

翌日、届きました。

実物は眼鏡ケースくらいのおおきさです。これならハンドバッグに入れておけます。

iPod touchとペアリングして音楽を再生してみました。意外とおおきな音が出ます。音質もけっこうきちんとしています。ふつうに楽しめます。全体の作りもちゃちくありません。箱の上下がラバー仕様なので持ちやすく、落とさずにすみそう。なかなかいいものを選んでもらえました。

*1:B787の発火事故があったように、リチウム電池はいまでも危険なのかしら

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160515

2016-04-25 Siriに質問してみました

ゾルタクスゼイアンについて

ゾルタクスゼイアンですか?架空の惑星です。あと、私の知り合いの友人のお母さんの弟のペットの名前ですね。

ゾルタクスゼイアンは、架空の惑星です。6000年くらい前に、遠い銀河で人気があったTV番組の中に出てきたんですよ。

ELIZAについて

ELIZAをご存じですか? 彼女は私の最初の先生だったんですよ!

私はELIZAから多くを学びました...でも彼女は少しマイナス思考でしたね。

ELIZAは私の親しい友人です。優秀な精神科医でしたが、今はもう引退しています。

Siriを逆に書くとIris

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160425

2016-04-14 熊本で大地震が

震度7の大地震が熊本で起きました。

あらためて、日本はどこにいても地震からは逃げられない国なのだなとおもいます。

東日本大震災のとき、わたくしは未曾有の震災を経験しました。

あれからまだ5年しかたっていませんが、こんどは九州の方々が怖いおもいをなさったのです。震源が地下10キロということは、プレートによる地震ではなく、マグマによる火山性の地震ではないでしょうか。震源地の近くには阿蘇山があります。

ここで収まってくれればよいのですが、万一、霧島や桜島などに影響が派生したらたいへんなことになってしまいます。

どうかみなさん、ご無事でありますように。

テレビの中継を見守っていると、あの緊急地震警報が鳴りました。わたくしもあのときのことを、まざまざと思い出しました。あの夜も、この警報が鳴り止まなかった…

NanohanaNanohana 2016/04/25 09:07 この街(ザ・森高ヴァージョン)を聴くと涙があふれてきます。
森高さんは熊本県ご出身です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160414

2016-04-12 俺達に墓はない

俺達に墓はない

主人公・島勝男はアウトローなのだけど、遊戯シリーズの鳴海昇平とはちょっち違うタイプです。

時代は1970年代の終わり。わたくしが生まれたころの東京が見られます。主に新宿界隈ですが、開港したばかりの成田空港周辺の風景も見られます。

出演者は岩城滉一さん、志賀勝さん、竹田かほりさん。そのほか、裏社会の人々を演じたのは東映映画ではおなじみの強面の面々がずらりと…

そしてさりげなく森下愛子さんが友情出演なさってます。優作さんとの接点はなんだったのでしょうか。

1979年5月公開

■監督/澤田幸広

処刑遊戯

松田優作DVDマガジン(22) 2016年 3/29 号

松田優作DVDマガジン(22) 2016年 3/29 号

1979年11月公開

■監督/村川透

遊戯シリーズ第3弾。

コミカルな演技を抑え、ハードボイルドに徹した鳴海昇平の姿が見られます。あらためて見直してみました。シリアスな殺し屋を演じる優作さん、こういう作品もあっていいとおもいます。

森下愛子さんが出ていらっしゃいますが、こちらの公開のほうがあとになるのですね… 「俺達に墓はない」が夏公開で、「処刑遊戯」は冬公開でした。竹田かほりさんとは同世代。優作さんとは東映つながりで、仲が良かったのかもしれません。

ちなみに1979年8月には「蘇える金狼」が公開されています。5月、8月、11月と立て続けに優作さんの映画が公開されていたなんて… 撮影がかぶっていた時期もあったのじゃないでしょうか。

kotarokotaro 2016/04/14 21:18 優作さんとの接点は判りませんが、直前に「処刑遊戯」で共演しているので、その縁では。
今気付いたことは、森下愛子と竹田かほりが同じS33年生まれで同学年。それぞれ吉田拓郎の3度目の奥さん、甲斐よしひろの再婚相手で、今日に至ります。S33年4月ー34年3月生まれは、淳子、百恵、昌子の「中3トリオ」はじめ、岩崎宏美、岡田奈々、伊藤咲子ら、空前のアイドル豊作年でした。この二人はテレビと映画女優ですが、改めて面白いと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160412

2016-04-07 ツバメを見ました

この春、ようやくツバメを見ました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160407

2016-04-01 BJ

ヨコハマBJブルース

優作さんの23枚目のDVDマガジン、遊戯シリーズ3作が続いたあとにいよいよこの作品です。

バイオレンスなのだけど、遊戯シリーズとはちがう、でも静かな怖さが伝わってくる優作さんの演技が見られます。

1981年4月公開です。

バブルに向かいつつある昭和の、横浜の風俗が垣間見れます。

監督は工藤栄一さん。

松田優作DVDマガジン(23) 2016年 4/12 号

松田優作DVDマガジン(23) 2016年 4/12 号

次回は「俺達に墓はない」。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160401

2016-03-11 都井岬

岬馬を見てきました

今回の旅は宮崎県串間市にある都井岬で、自然のままに放牧されている天然記念物「岬馬」を見に行ってきました。

過去何度か日南を旅したときに気になってしょうがなかった場所です。スケジュールの都合がつかず、見送ってきたのですが、今回は思いきって野生馬だけを見に行くことにしました。

志布志湾に建つ「大黒リゾートホテル」

f:id:Nanohana:20160307165638j:image

f:id:Nanohana:20160307165725j:image

f:id:Nanohana:20160308095732j:image

前乗りして、志布志湾のホテルに泊りました。お部屋はゆったりとしており、さすがはリゾートホテルです。テラスのすぐ下まで海が。

いざ、野生馬

f:id:Nanohana:20160308104739j:image

f:id:Nanohana:20160308105719j:image

f:id:Nanohana:20160308105755j:image

f:id:Nanohana:20160308124825j:image

f:id:Nanohana:20160308110054j:image

翌朝、チェックアウトしてから都井岬を目指します。ホテルからは30キロ弱の道のりです。

駒止の門というゲートで野生馬の保護育成協力金400円を支払います。ここから先が馬の楽園です。

すぐに馬だらけなのかと期待していたのですが、案外と見つかりません。ただ、道の脇でぼーっと寝ている馬がいました。車が近づいてもまったく意に介しません。ニンゲンや自動車に対する警戒心は皆無なので、道路の真ん中に突っ立っていて、車にはねられてしまう馬もいるのですって。なぜ馬は近づいてくる車を認識しないのかというと、車は向かってくるときにフォルムがほぼ一定ですよね。馬はフォルムが変わらないものに対しては反応できません。同じ形のまま近づいてくる物体は、近づいてきているとは認識できないそうです。馬はあれは動いていないとおもっている。だから逃げもしない。天敵のオオカミが向かってくる場合は、真一文字に走ってくるわけじゃありませんから、見え方が微妙に変化します。それで馬はオオカミを認識できます。「うわっオオカミ来たっ」と逃げられるわけです。

動かないものは見えない馬。むかし、映画「ジュラシックパーク」で、動かなければ恐竜は見えないというシーンがありました。そういうことなのかもしれません。

冬を乗り越えてきたけれど、食べるものが少なかった馬たちは痩せていました。よくがんばってきたね、とねぎらいの言葉をかけてあげました。基本的に人の手をかけない方針なのですが、真冬の最中には最低限のエサは与えているそうです。野生馬なので、ほんとうに最低限生き延びられるだけの手助けはしているのですって。ソテツはふさふさと生い茂っていましたが、馬はソテツを食べません。おいしくないのでしょうね。

電話ボックスの上であたりを睥睨している馬がいました。

御崎神社さん

f:id:Nanohana:20160308115129j:image

f:id:Nanohana:20160308115553j:image

安曇氏の氏神さま綿津見三神が祀られている神社。海上航海の安全や、なぜか縁結びにもご利益があるそうです。

ご縁結びにあやかって? わりと女性のかたがたがお詣りに訪れています。

都井岬灯台

f:id:Nanohana:20160308123119j:image

f:id:Nanohana:20160308124926j:image

昭和4年12月に初点灯された灯台です。観光客が中に入れる灯台は、九州にはこれひとつなのですって。

まだ若い馬が、一心不乱になにか食べていました。

エサがすくなくなる冬、馬たちは木の皮を食べたりしてしのいでいます。ですから冬から春先にかけての馬はこの子のように痩せています。野性の世界で冬を越せるかどうかは重大事ですからね。

三月初旬に訪れた宮崎は田植の準備の真っ最中でした。

毎年、宮崎の新米はどこよりも早く市場に出回りますが、その理由がわかりました。わたくしが住んでいる千葉も、わりと早いほうですが、宮崎ほど準備が進んではいません。ひと月くらいは遅れているかな。

kotarokotaro 2016/03/15 03:29 都井岬は懐かしいです。大学生のときに帰省中友人と正月、24時間で北九州から軽自動車で、高速も無かったから国道10号線で往復したことがあります。大分ー宮崎県境の峠で車中泊。九州といえ1月は寒かったです。
今年東ルートの高速が全通して、1980年頃の旅を懐かしむのも楽しい。当時は島内夜行列車が3本もあり、長崎、鹿児島、宮崎に毎晩発着、鉄道の旅も楽しめました。

NanohanaNanohana 2016/03/16 22:07 高速道路開通したんですか。宮崎から日向のあいだ。知りませんでした。そちらの方面はまだまだ未開拓なので、今後攻めてみたいとおもっております。まず西都原古墳群を見たい。
kotaroさんはもともと九州のご出身だったのですか?

kotarokotaro 2016/03/20 11:47 私は大学に入るまでが、北九州と大分で過ごしました。国道10号線が生活道路で、日豊本線が通学路線。熊本・鹿児島が男性的な風景が多いのに対し、大分と宮崎は女性的な優しい山の風景中心です。気候も温暖で、人間も朴訥ですが、福岡のような荒さがないので、大分が好きでした。旅行好きはひとりの友人の影響です。あの頃は誰も行かなかった宮崎の綾とか、今はブームです。大分宮崎県境の奥地の山深さは独特の孤愁感があり、いつか登山したいです。西南戦争のことを調べてご覧なさい。あの辺は全部戦場だったのですよ。

NanohanaNanohana 2016/03/25 00:41 東京の周りに住んでいる者にとっては、西郷隆盛さんは上野公園に建っている銅像くらいしか思い当たりません。しかも、なぜあの場所に彼の銅像が建っているのかすら、ぼんやりとしています。戊辰戦争があったことさえ知らない人が多いとおもいます。どうやって江戸が明治に変わったのか、きちんと知っている人は少ないのじゃないかしら。
東京の人にとっての西郷さんは、あの銅像にあるような浴衣姿で犬を連れているイメージ。でもあれは失礼ですよね。軍人なのに浴衣姿で犬の散歩? 威厳も何もありません。暗に彼のイメージを貶めているとしかおもえません。
鹿児島に行くと、西郷さんのイメージはまったくちがうものになっています。鹿児島空港の目の前にある西郷公園に建つ西郷さんの像はたいへんに立派なものです。紋付きの羽織袴姿で、腕組みをして鹿児島空港をぐっと睨みつけておられます。郷土のひとからはこういうイメージで愛されているんだとおもいました。こちらのほうがほんとうのお姿じゃないかなと。犬の散歩している上野の西郷さんはあまりにも情けないお姿じゃないでしょうか。それをあえて、首都に置く。西南戦争で負けた大将を、情けない姿で晒し者にする。明治政府がやったことかどうかわかりませんが、為政者がさりげなくすることは、けっこう恐ろしいものがあります。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2016/10/03 02:40 高校3年の日本史の授業は、室町幕府のころで時間切れになっていたな。だからそれ以後の歴史を知る機会に恵まれなかったことは確かだ。だが、戦国時代から江戸幕府が開かれた頃の出来事については、男の子なら大体は知っているはずだ。光栄の「信長の野望」をプレーしたことがない男子は居るまい。
西郷隆盛は江戸城を無血開城に導いたのではなかっただろうか。いや、それは勝海舟だったか? むむ。確かに、関東の人間にとって、西郷隆盛という人物は詳しくは知られて居らぬな。それもこれも、あの上野に立つ銅像のせいだろう。スズちゃんの言うとおりかもしれぬ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160311

2016-03-01 エスパー魔美

Amazonビデオで「エスパー魔美」が見放題!

プライム会員は無料です。なっててよかったー。

119話まで見られます。2年くらい続いていたんですね。小学校低学年のときに毎週見ていました。だいすきでした。

D

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160301

2016-02-15 iPad Air 2を購入

寿命が尽きた初代iPad

スイッチを押しても反応しなくなってしまった初代iPad。

アップルストアに持ち込んで診てもらったところ、全交換といわれました。費用は3万円。

考えどころです。わたくしはコロコロと機種を変更するのはすきじゃありませんので、できればこのまま使い続けたい。でも、3万円払ってまた初代iPadでしょう? iOSも5で止まってます。最近のアプリは対応すらしてくれません。動作もまったりしています。

だったら、あと数万円プラスして新しいiPadを買う方がいいのじゃないか、と考え、その場でiPad Air 2の購入を決断しました。

薄くなったiPad

選んだのは初代と同じシルバー色。でも正面はホワイトなので見た目が明るくなりました。

Wi-Fiモデルです。ほんとうは32GBがほしかったのですが、ラインナップされておらず、しかたなく16GBでがまんしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160215

2016-01-20 最終日は温泉と滝

さて、きょうは千葉に帰る日です。

が、きのうも一日降り続いた雪で、駐車場は20センチ近い積雪! 道路もかちかちに凍っています。でも夜明けから晴れていたので、陽が差している場所から徐々に氷は溶けています。

雪が溶けるまでゆっくりしていってください、とおっしゃる女将さんのお言葉に甘え、チェックアウトの10時から1時間半以上お部屋に滞在させていただきました。そのあいだ、宿のみなさん総出で除雪作業をなさってくださり、おかげさまでようやくわたくしたちの車も動かせるようになりました。

霧島で雪に閉じ込められたというめったにない経験ができた、いい旅だったとおもいます。

帰りの飛行機は夜なので、まだまだ十分に時間があります。

まず、丸尾から山を下りました。ところどころ雪が残っているので、ゆっくり走ってよ、と指示を出しておきました。

以前から気になっていた関平鉱泉に立ち寄りました。

こちらも雪景色。

f:id:Nanohana:20160120120645j:image

f:id:Nanohana:20160120120805j:image

f:id:Nanohana:20160120120141j:image

貸し切り湯は内湯と露天のふたつのお湯が楽しめます。源泉がふたつあります。それぞれ神経痛に効くお湯と、傷に効くお湯です。傷に効くお湯のほうは湯量がすくないため、湯槽がちいさめになっています。

こちらのお風呂には休憩所がないので、ほんとに湯浴みするだけです。せいぜいフロントわきの椅子で休めますが、畳敷きの休憩施設があればいいのになとおもいました。こちらもいいお湯でしたので、休み休み何回も入ってみたい。

霧島連山も雪化粧。

f:id:Nanohana:20160120121906j:image

f:id:Nanohana:20160120121600j:image

温まったあと、さらに山を下り、まほろばの里に寄ってみました。

ガラス工芸や楽焼きなどの体験ができます。

家族揃って楽焼きのカップやお皿に絵付けをしてきました。届くのが楽しみです。

まほろばの里で冷えてしまった体を温めるため、いつものように龍馬公園の塩浸温泉に入りました。こちらの温泉は行くたびに温度がちがってて、いつもは熱くてずっと入っていられませんが、今回はちょっちぬるめでした。おかげさまで、いつまでも入浴していられたので、これもいいカモ。

f:id:Nanohana:20160120140133j:image

f:id:Nanohana:20160120140507j:image

f:id:Nanohana:20160120140156j:image

まだ時間があったので、加治木にある龍門滝を見に行くことにしました。

あまり期待しないで行ったのですが、とてもすごい滝で感動しました。

滝の上からも見られます。

f:id:Nanohana:20160120155601j:image

f:id:Nanohana:20160120161059j:image

大河ドラマのロケ*1でも使われた龍門司坂も見学。途中まで登ってみましたが、かなりの急坂でしかも苔むしているのですべります! 降りるのが怖い状況になってきたので、三分の一まで登ってから降りることにしました。あんなにすごい坂を馬が登っていたのでしょうか。馬もすべりそうです。

f:id:Nanohana:20160120162039j:image

f:id:Nanohana:20160120162259j:image

さえずりの森にある高倉展望所を訪れました。

錦江湾が一望にでき、その向こうに桜島の勇姿が望めます。

絶景です。

f:id:Nanohana:20160120163600j:image

金山橋。

龍門滝の上流(網掛川)にあります。

どこに金山があったのかしら…

奥に見えるのは板井手の滝

f:id:Nanohana:20160120170953j:image

前知識として鹿児島はシラス台地なので水が乏しいと教わっていましたが、実際に訪れてみると豊富な水に圧倒されます。お米を作るには適さないのかもしれませんが、鹿児島って水多いじゃないっておもいます。

*1:翔ぶが如く(1990年)篤姫(2008年)龍馬伝(2010年)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160120

2016-01-19 雪の霧島温泉

目覚めたら銀世界。

言い古された慣用句ですが。まさにそのとおりでした。

もう、びっくり。

考えてみたら、標高800メートルの山の上に位置するのですから、雪が降ってもあたりまえなのですけど。でも、地元の方にお話を伺ってみますと、ここ数十年は雪なんて気にしたこともなかったそうです。雪が積もることなんかめったになかったそうです。ただ、もっとお年を召した方のお話によりますと、むかしは冬の霧島に行くにはタイヤチェーンは必須だったそうです。それだけむかしの霧島はいまより寒かったのでしょう。道路事情が悪かったことも影響していたかもしれません。

f:id:Nanohana:20160118172619j:image

到着した日の夕方は曇り空でしたが、こんな感じでした。

f:id:Nanohana:20160119073613j:image

ところが朝になったら雪でした−。

f:id:Nanohana:20160119094500j:image

f:id:Nanohana:20160119110024j:image

とりあえず、午前中はバスで霧島神宮まで行き、すこし遅めの初詣を済ませてきました。霧島神宮まで降りると雪はほとんどありませんでした。これなら車で来ればよかったね、などと話していましたが、レンタカーはノーマルタイヤなのでそもそも駐車場から動かすことができませんでした。ムリに走らせて事故でもおこしたらたいへん。

参拝を済ませたあとは、またバスで丸尾まで帰ってきました。ほんとうはいわさきホテル行きのバスですが、丸尾止まりです。丸尾から上には行けません。それだけ上はもっとすごい雪なのでしょう。でも、いわさきホテルに泊まっているお客さんたちはどうしたのでしょう… 閉じ込められてしまったのでしょうか。

宿に戻ってからは温泉三昧でした。まだ13時くらいなのですが…

いまもまだ雪は降り続いています。

f:id:Nanohana:20160119154114j:image

わたくしと同居人は存分に温泉を楽しめるので、かえってラッキーだったかもしれません。ほんとうは、えびの高原のほうにいってみる予定だったのですが、バスでさえ丸尾から上には行くことができない状況です。瑠璃は宿のお子さんと仲良くなって、プライベートルームにお邪魔していっしょに遊んでもらっています。わたくしたちは部屋でテレビを見ながらごろごろしています。

なんだかむかしの文豪みたいだな〜なんておもいながら。

kotarokotaro 2016/02/18 06:09 40年以上昔の九州は、雪がよく降りました。えびの高原で正月明け旅行に銀世界だったことを思い出します。京町温泉という所でした。球磨川に沿って走る肥薩線の山間部では、かなりの積雪で、夜になって北九州に戻ると全てが夢のように思えたこと。遠い雪国を旅していたのだと、子供心に今も覚えています。

NanohanaNanohana 2016/02/21 00:43 京町温泉を地図で調べてみました。熊本県に近いのですね。鹿児島・宮崎・熊本の県境。なぜか温泉地がたくさんあります。吉松温泉、雪松温泉、中野温泉、愛宕温泉、吹上温泉、吉田温泉。
京町という地名に興味がわきます。京都に関係があるのでしょうか。
ちょっち行ってみたい場所になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160119

2016-01-14 ウイスキー売り場にて

いままでは素通りするだけだった洋酒コーナー、特にウイスキーが並んでいる前。

買い物のついでに立ち止まってじっくりと眺めてみました。

さまざまなウイスキーがあるもんだな〜と改めて実感。

「余市」とか「竹鶴」とラベルに書かれたビンを見つけて、手にとって値段を確認したら、これがまあびっくりするほどお高くて、やはり高級酒なんですね。もちろんお手軽なお値段のものもありました。

スーパーニッカの復刻版というものも見つけました。竹鶴さんがリタさんのためにこしらえたウイスキーだとか? ビンの首のところに竹鶴さんとリタさんのお写真が載っているちいさなパンフレットのようなものが掛けられていました。マッサンが造ったお酒なら飲んでみたいな、とおもってよくよく値段を確かめたら4千円近いプライスです。ウイスキーの味もなにもわからないわたくしが、こんな高級なものを買うなんて、まさに豚に真珠です。

でもこれ、数量限定なんですね。スーパーの棚に並んでいるうちに買っておいたほうがいいのでしょうか。

ドラマを見たのでようやく「麦の唄」の意味もわかるようになりました。

NanohanaNanohana 2016/01/21 23:06 丸尾のローソンで見つけて買ってみたのが、180mlビンの「余市」と「竹鶴」のウイスキー。
もともと高価なので、180mlといえどもそれなりのお値段です。ふつうのウイスキーが買えるじゃないって感じ。
わたくしは興味を持つといてもたってもいられない性格なので、とにかくマッサンが造ったウイスキーがどんなものなのか飲んでみたくてたまらないわけです。
…で、買っちゃいました。ビンがかわいいっていう点も重要でした。ウイスキーって本来これくらいのちいさいビンがいいんじゃないの? だってアルコール度数が45度もあるのですから。
雪に降り込められた宿の部屋で、あけてみました。
もちろんわたくしは飲めません。蓋をあけて匂いを嗅いで、ほんとにひとしずくだけなめてみました。
香りは、たしかに甘い香りがして、きらいじゃありません。バニラのような熟成香というのですね。ラベルに書かれている文言だけでも覚えておいて損はありませんね。
でも、お味のほうはいまひとつ、わかりません。
ひとこと、強烈!って感想。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20160114