ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

なのはなテレビ Twitter

なのはなテレビは2002年8月からスタートしました

2018-01-22 東京が大雪です

朝のうちは、曇っていたので、雪なんか降らないじゃんと甘く見ていましたが…

お昼過ぎから白いものが舞い降りてきました。

会社から帰宅命令が下りました。

交通機関が動いているうちに帰宅せよ、と。

おおげさだなーと思いながら帰宅。

ほどなく瑠璃も下校してきました。

夕方になると激しく降る雪が、あっというまに積り始めました。

二年前のお正月に霧島温泉に泊まったときのようです。

あのときはせいぜい10センチくらいの積雪でしたが、いま外に出て測ってみたら

12センチ越えてます。

しかもまだ降雪中なので、記録更新しそうな勢いです。

もう完全にノーマルタイヤの車は走行不能です。

このあと、雪がやんでも、きつい冷え込みで凍った雪が明日の朝、各地でたいへんな

事態をひきおこすでしょう。

車のスリップ事故、歩行者の転倒…

なので明日は瑠璃に学校を休ませるように言い渡しておきました。

登校させて、スリップしてきた車にはねられたら大変です。

子どもを守るのは親にしかできません。こういう非常事態に子どもを守れるのは

親だけでしょう?

東日本大震災のときにそばにいてあげられなかった負い目があるので、なおさらなんです。

f:id:Nanohana:20180122192927j:image

f:id:Nanohana:20180122192652j:image

f:id:Nanohana:20180122192619j:image

f:id:Nanohana:20180122161056j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180122

2018-01-18 オークションでガスコンロを落札するしない?

オークションでガスコンロ

うちのガスコンロが古くなってきたので、取り替えようと思いました。

すなおに街のショップに行けばいいのですが、その前にとりあえずネットで調べてみたのです。

アマゾンやYahoo!ショップで安く手に入れられればラッキーかなと。

それこそ、たくさん候補が出てきました。

でも、なにかがちがう。

目に見えない相手から、ガスコンロを買ってしまっていいのか?…という疑問が。

ヤフオクを眺めていると、当初金額が100円とかから始まるオークションがあって、けっきょく

それは最終的に1万円近い値を付けてしまうのですが、わたくしはそれに疑問を呈します。

だって、それは中古品でしょう?

ほとんど、中古品。中には新品もあることもありますが、ほぼ中古品の売買です。

それで1万円?

だったらわたくしは、新品を買います。

中古品で1万円なんて、そんなの買いたくもありません。

新品で買って1万5千円くらいです。安いホームセンターなんかではね。

だったら、そんな他人が使ったガスレンジなんて、ほしくありませんよね。

だけど、皆さん、数字のマジックに踊らされてしまっているのか、落札しているんです。

ちょっとだけ足せば新品ぴかぴかのものが買えるのに、なぜ他人が使ったものを買うの?

しかも、年式が古いものを…

すごく安ければいいですよ。

当時の価格から100分の1くらいだとか。1万5千円したものが、150円で売られていたら

買ってもいいとおもいますが…

けっきょく、うちはガスショップに行って、ビルトインコンロというものにしてもらうことに

決めました。ちょっとしたリフォームです。

うれしいな。

あと、ぜったいにIHじゃなくて、あくまでもガスです。

火は燃料を燃やすのが好き。感覚的に納得できる。

それに、なにかあったときにも、燃料がそばにあるガスのほうが、安心。

IHなんか停電したら使えないじゃない。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2018/01/19 23:28 ほほう。
さすがはスズちゃんの家だなあ。
ビルトインコンロにしたとは、すごいぞ。
ふむふむ。ということは、今までは普通のガスコンロを使っていたわけか。意外だな。当然システムキッチンだと思っていたからな。
で? こんどはキッチンのリフォームか?
対面キッチンなのだろうか。
料理が苦手できらいなきみが、料理をしている姿があまり思い浮かばない。
ましてや、リフォームしたばかりのぴかぴかのキッチンで…

そうか、これはもしかすると瑠璃ちゃんのための投資なんだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180118

2018-01-14 西郷どん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180114

2018-01-08 いらないキャメラがたくさんあります

わたくしは数年前に買ったペンタックスのX-5を愛用しています。

これは一見すると一眼レフキャメラに見えるので、はったりをかませるのに最適です。

もちろん、撮影されたデーターは十分に使えます。

仕事なので、万が一のこと考慮して、サブキャメラを持っていくことになっているのですが、当時からキャノンのIXYシリーズでした。首から下げられるIXYはわたくしにとってあこがれの的でした。

あこがれだったIXYが、ヤフオクだとびっくりするくらい安値で売られています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180108

2018-01-07 大河ドラマ「西郷どん」

いよいよ放送開始です。

ことしのNHK大河ドラマ「西郷どん」☆

桜島がいっぱい映っていました。

西郷隆盛さんの少年時代を演じていた子役が、すごい演技力でしたね。

泣きながら見ていました。

家族はまたか、という顔でわたくしを見ていましたが…

でも、このドラマを見て、西郷さんのことが好きになるひとはぜったいに増える!

好きにならないほうがおかしい。

島津斉彬さん役に渡辺謙さん。かっこいいー。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180107

2018-01-03 のび太の人類補完計画

Youtubeでおもしろい動画を見つけました。

よくできてるな〜って感心します。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180103

2018-01-01 あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

皇紀2678年・平成30年の幕開けです。

冬型の気圧配置のせいで関東地方はおだやかなお正月を迎えられました。

北海道・東北・北陸などは積雪がたいへんなことになっているそうですね。お見舞い申し上げます。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2018/01/17 09:30 おっす。
あけおめ。
スズちゃんも今年でいくつになるんだ?
もうそろそろ40に手が届く年になっているはずだが、早いものだな。
知り合ってからもう20年がたつわけだな。
20年前のスズちゃんは…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20180101

2017-12-27 ダイソーのスピーカーを買ってみました

ダイソーのミニスピーカー

わたくしは100円ショップが大好きで、毎日のように寄っております。

きのう、ダイソーで見つけたものが、パソコン用のミニスピーカー。

100円が基本のダイソーでもこれは300円もしました!

つまり左右ひとつずつのスピーカーは150円ってこと… 安っ

ひとつ150円のスピーカーってどうなの?って訝しがりましたが、結局カゴに入れちゃいました。

まあ、ダメダメだったとしても、300円ならあきらめられますし…

箱にはUSBスピーカーと書かれているので、DAコンバーターが入っていて300円なら安い!って思いますけど、実際はちがいます。USBは電源のために使うだけです。ほんとうは、ミニプラグをパソコンのスピーカー端子に刺し、電源のためにUSBをパソコンに刺します。

出てきた音は、それなりです。

スピーカーの直径は4センチくらいですが、意外と低音が出ます。

オーディオを聞くにはつらいと思いますが、わたくしの主用途であるAMラジオを聴くのなら実用十分です。

ノートパソコンの貧弱な音に比べたら、まさに雲泥の差。

たった300円でこんなにもいい音で聴けるなんて。

あくまでもオーディオ主体のひとにはおすすめしませんが、わたくしのようにAMラジオを聴く目的ならこれは十分にありです。こわれたときのために、あと3,4個買っておこうと思っています。

ダイソー、すごいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171227

2017-12-17 大型バスを個人所有

この動画を見ました。

D

このドライバーさんはたぶん陸送を請け負ったかたかしら?

わたくしがむかし見たレーザーディスクの映画「憎いあン畜生」での石原裕次郎さんのような立場でしょうか。

お客さんを乗せずに大型バスを走らせるのなら、精神的にも楽だし、わたくしもやってみたい。

法律的には無理じゃないでしょ?

だってわたくし、大型免許持ってるし、お客さんを乗せない営業運転じゃなければ二種免許は必要ないでしょ?

回送するだけならわたくしだって、やってできないことはありません。

ただ…

あちこちぶつけまくりだと思う。

この動画を見ているとよくわかりますが、大きな車を運転するドライバーはひんぱんに前後左右を確認しながら運転しています。ミラーを見る回数は、乗用車のドライバーよりはるかに多いはず。

図体が大きな車を運転するから、それだけ前後左右に気を配っているのです。

だからこそ、あんなに大きな車を運転できるのです。

逆に、乗用車に乗っている人は、安全確認がおろそかだから、車の前後左右が擦りキズだらけ。コンパクトカーや軽自動車なのにどうしてこんなに傷だらけなの?と。ま、わたくしも他人をとやかく言える立場じゃありませんけど、うちの車を擦ったりはしていませんからね! 反対に同居人のほうがいい加減な運転しているといえます。そのたびにぶっ飛ばしています。

鹿児島に行くたびレンタカーを借りますが、出発前にスタッフさん立会いの下に行われる車の傷点検のときにつくづくがっかりしちゃいます。

まだ数万キロしか走っていない新車なのに、もうあちこち傷だらけ。

車がかわいそうです。

わたくしが借りるのはちいさなコンパクトカーなのに、それでも傷だらけなんです。どうしてみなさん、ぎりぎりまで車を寄せるの?って思います。ちいさな車なのだから、余裕を持って停めればいいのに。

狭い場所にむりやり入って行くのかなー

わたくしがレンタカーを借りる際、カウンターで免許証を提示するじゃないですか。

それまでは心配そうに、こんなオバサンに貸してだいじょうぶかな…と内心思っていたスタッフが、免許証を見てからの態度はがらりと変わります。

「ふだんどういったお車を運転なさっているのですか?」

「あ、わたし、大型トラックに乗っているんです」←うそ

その瞬間、スタッフさんはわたくしを信頼してくださいます。

そのあとの保険だとか免責だとかの説明は、わたくしは全部断っていますが、とてもスムースに事が運びます。

無駄な免許を持っているかもしれない…と、ときどき思ったりするけど、レンタカーを借りるときはスムーズだからいいか!なんてね。

実際にわたくしが大型トラックを運転したら、その夜のテレビのニュースは一面わたくしの事故の報道でしょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171217

2017-12-14 自転車で女性を撥ね殺した女子大生

片手にカップ飲料を持ち、もう片手にスマホを持ちながら自転車に乗っていた女子大生が、70代の女性を撥ね飛ばし、被害者は頭部を強打して搬送された病院で死亡。

こういう事件事故がありました。

加害者の女子大生は20歳。

立派な成人です。

けれども、書類送検だからでしょうか、実名報道はされていません。

未成年者の加害事件じゃないのに。

これが自動車の事故ならどうでしょうか。

前方不注意で撥ね飛ばした被害者が亡くなったら。

それ以前に、加害者は安全運転義務違反。

たとえ前途ある女子大生だったとしても、成年しているのだから、相応のペナルティを負うべきです。

その社会的制裁が加えられないと、これからもまた、歩きスマホだとか、自転車スマホだとか、みんなが平気でするはずです。

被害者が亡くなっているのだから、書類送検ではなく身柄送検が妥当です。

そうしなかったのはなんでしょうか。

もしかするとこの女子大生は役人の娘だったりして…

代議士の娘だったとか…

そういうことも考えてしまいます。

わたくしはスマホを持っていませんが、わたくしが学生の時代でも、歩きながら携帯を見ている人は大勢いました。なにをそんなに見つめているのかさっぱりわかりませんでした。歩きながら端末を注視している人は、ここ20年くらい増大しているはず。この傾向は世界中に広まっています。

だから、日本でも、スマホを見るときは立ち止まる。

歩きながら、自転車に乗りながら、車を運転しながら、これらをすべて厳重に禁止すればいいのです。

スマホは立ち止まったときだけ見ていい。車や自転車が一時停止中だったしてもそれはダメ、当然罰則。車や自転車等の乗用具から降り、安全が確保できる場所で立ち止まったときのみ使用許可、とすればいいんですよ。

単純にこのルールでいいと思います。

不備ありますか?

今回の事故は、加害者側の女子大生に損害賠償請求が行くはずですが、まず払えませんよね。

親が立て替えるしかありません。

親も払えなければ、自宅は競売で売り払われます。

なおも残った損害賠償。

女子大生がこの後、就職できたとして、その給料からも持って行かれます。

彼女が将来結婚できても、請求は続きます。旦那さんに支払い義務はありませんが。

一生続きます。

完済するまで。

金銭貸借契約じゃありませんからね。損害賠償は。

5年や10年で時効になると思ったら大間違いです。

「一生を棒に振る」

というのは、こういうことなのです。

我が家の問題児瑠璃も自転車には乗れるようになったのですが、なるべく歩くようにさせてます。

徒歩30分圏内は、自転車禁止。

自転車保険には家族全員加入してます。でも、だからといって事故してもいいわけじゃないので。

たしかに世知辛い世の中になってきました。

自転車くらいのびのびと乗らせてあげたい。

娘といっしょにサイクリングするのが夢だったんだけどなー。

まあ、輪行して、あまり自動車が走らないところを、サイクリングできたらいいなと考え中です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171214

2017-12-02 また乾燥する季節が…

乾燥注意報発令

いよいよ今年も12月を迎え、年の瀬ですね。

仕事に追われていると、まったく気にもとめず、残り一枚になったカレンダーをぼーっとながめていたら、クリスマスが近づいていることに気づきました。気づけばもう、今年も終わりじゃないですか。

2017年、今年は鹿児島県の出水市にツルを見に行ったのがスタートでした。

つい昨日のことのようです。

年をとると、ほんとうに一年があっというまに過ぎていきますね。先輩たちが常々口にしていた言葉を、わたくしもようやく実感するようになりました。ほんとに早いわ。

湿度がやばっ

この時期、暖房していると湿度計の針は40%以下!

かさかさ。

やばすぎです。

なので加湿器を使っています。うちで使っているのは、SANYOの気化式のタイプ。

熱を加えないので消費電力がすくない。強運転で24W。通常で15W。

超音波式の欠点であるウィルスとか結晶分を巻き散らかさない。

部屋の湿度が上がればそれ以上は加湿しない。加湿しすぎることがない。

欠点はファンで空気を送るので騒音が発生します。リビングに置いていれば気にならないレベルです。

↑のような長所欠点がありますが、わたくしの家ではここ十年くらいずっとSANYOの気化式加湿器を愛用しております。

SANYO ヒーターレスファン式加湿器(ブルー) CFK-VX50F(L)

SANYO ヒーターレスファン式加湿器(ブルー) CFK-VX50F(L)

2005年モデルだから、十年以上使っているわけです(^^ゞ

それだけ役立っているんですよ。買い換えようと思わなかったんだから。

娘がまだ小さかったときでも、この加湿機ならばやけどの心配をしなくても済みました。

交換部品のフィルターもまだアマゾンで買えるようなので安心しました。

でも、永久じゃないから、今のうちに2,3個買っておいたほうがいいかもしれません。

SANYO 加湿器用フィルター CFK-F05C

SANYO 加湿器用フィルター CFK-F05C

↑だいたい3000円以下が相場のようです。

レビューを読むと、本体のほうを八年使っていますという方がおられましたが、我が家は十二年です。

それだけ長期間使えるSANYO製品の技術力には感服いたします。

寝室用と瑠璃の子ども部屋用にもうちょっち小型の製品も買いましたからね。↓

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171202

2017-11-25 きょう見た映画

64−ロクヨン(前篇)

昭和天皇崩御で一週間で終わった昭和64年。

当時11歳だったわたくしは、なにが起こったのかもわからなかった。町中のお店が閉まってて、おとなたちは落ち込んでいるし、テレビは天皇陛下のニュースを放送するばかりでした。

天皇陛下が亡くなられたんだよ、と教えてもらいましたが、当時のわたくしにとって天皇陛下はまったく遠い存在で、ふだん気にも留めたことがありませんでした。

校長先生とどっちが偉いの?とおもうくらいの低レベルでした。

ほんとうにあのころのわたくしをつかまえてきて、陛下にお詫び申し上げなさい!と叱りつけたいくらいです。

本作「64」は少女身代金目的誘拐事件を発端にしています。

(刑法第225条の2身代金目的略取等の最高刑は無期懲役)

(刑法第199条殺人の最高刑は死刑)

捜査担当した刑事さんが佐藤浩市さん。

わたくしにも娘がおりますから、身につまされるおもいで見ていました。

いまの娘は生意気盛りで小憎たらしいのですが、小学校に入った当時はかわいかったな〜などと、あのころを思い出しながら見ておりました。もし、あのころ、娘が誘拐されたなら… そう考えると、とても他人事ではありません。

ただ、前から書いているように、わたくしは人の名前と顔を覚えるのが大苦手。

登場人物の名前も顔も覚えられず、だれのことを話しているのだろうって、さっぱりわからなくなってしまいました。日本人が出演している映画ですらこうですから、外国の映画だと輪をかけてわけがわかりません。

同居人と見ていましたが、もうわたくしは学習しました(^^ゞ 

「この人だれだっけ?」

「………ってだれのこと?」

と質問すると鉄拳制裁が来るということを。

なのでわたくしは、わからないまま、おとなしく見ていました。

いま、前篇を見終わりました。

当然のように、さっぱりわけがわかりません。

D

考えてみると、子どもを家から学校に行くまで、親や先生の監視下から離れさせてしまうのは、問題ありですね。

集団登校させる地域もありますが、学童数が少なくて、それもできない地域もあるはずです。この映画のように。それならば海外のように、親が学校まで送り届けるスタイルが生まれてきてもいいはずですが、なぜか日本ではそこまで定着しません。海外に比べて治安がいいという理由があげられます。我が家でも、娘が小学生だったとき、ふつうに通学させていました。結果、なにもおこらなかったからいいもの、万が一事件事故に巻き込まれたら…と考えると、やはり親が最後まで見届けるほうがいいのではないのでしょうか。実際、うちの娘は東日本震災のとき、ひとりでしたから。といいつつ、あのときの反省があまり活かされていないのは事実です。

犯罪の被害者になるかどうかは、年齢を問わないじゃないですか。年齢が低いほうが可能性は高いけど、大人だから安全ということではないでしょう? しかも、男性よりは女性のほうが危険度は高いはず。

だからいま、娘のことが心配でたまりません。かといって、束縛しすぎると反発するし…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171125

2017-11-18 SCOOP!

去年(2016年)の秋に見た映画「SCOOP!」が、アマゾンのプライム会員は無料で見ることができるようになりました。

数日前に地上波で「シン・ゴジラ」が放送されました。

わたくしは去年、劇場で「シン・ゴジラ」を鑑賞しましたが、テレビで見ると当時の感動は味わえませんでした。

やはりスクリーンの迫力というのは偉大なのですね。

テレビのちいさな画面で見ていると、ゴジラというより政治ドラマみたいでした。

政治ドラマそれも大事ですが、ゴジラの凶暴さをもっと見てほしかった。

劇場で見たときに、東京がめちゃくちゃにされてわたくしは泣いてしまった、と書きましたが、今回テレビで放送されている映像を見ていた娘は、平然としていました。感触としては、ぴんと来ていない。他人事のように感じているようでした。

そしてわたくしも、まったく泣けなかった。

たしかに、東京に対する思い入れは、わたくしと娘とでは20数年ちがいますから。

あ、今回はSCOOP!の話題でしたね。

アマゾンプライムの会員は無料で見られるようになりました。

かといって、まだ娘には見せられませんが。

全体のストーリーはとても良かったです。劇場で見て感激しました。

でもまだ、なんといいましょうか、娘といっしょに見るような内容じゃないんです。

PG12です。娘はそれよりもうすこし大きくなっていますが、なんだかねー。

「タイタニック」ですら、ようやくいっしょに見ようかなとおもったくらいですから。

 

D

踊り子号

松戸の駅ホームで電車を待っていたら、踊り子号が到着するアナウンスが。

ええっ

踊り子号といえば、伊豆じゃないですか。それがどうしてこんな常磐線のローカル駅に?

乗って行きたいですよ!

さいきんのJRって、なんだかわからなくなっていません? ほんとうに、情報格差が生じているとおもいます。

だって、知らない人は松戸から踊り子号に乗れるなんて想像もしていないはずです。松戸は常磐線ですよ! どうして伊豆?

わたくしが中高生くらいのとき、上りの常磐線は上野止まりでした。気がつくといつのまにか東京、品川まで行くようになっており、さらにその先のわたくしも知らないような駅まで走るようになりました。調べてみたら2015年の春からですって。ついこの前じゃないですか! だからわたくしはいまだに、上野で乗り換えて…などと考えてしまうのですね。

となると、その延長線上に伊豆があるのかしら。

あ、そうか。東京駅から東海道線にそのままつながるわけかぁ。線路はつながってさえいれば、北から南まで列車を走らせることは可能なのですね。サンライズ出雲がまさにそうですものね。

そう考えたら、松戸から伊豆までなんて、楽勝じゃないですか。

踊り子号の最終駅は下田でしょう?

下田、行ってみたい。

いつも飛行機の窓から見ています。

NanohanaNanohana 2017/11/25 22:58 わたくしが日常利用している常磐線緩行線は、東京メトロ千代田線と相互乗り入れており、松戸からの上りはJR綾瀬から東京メトロ千代田線になります。
北千住から地下鉄です。
わたくしが子どものころ、小田急線と相互乗り入れをしました。
なので、黙って乗っていると、東京を通り越して、いつのまにか神奈川県に行ってしまいます。茨城から千葉、東京を通り、神奈川まで。

NanohanaNanohana 2017/11/25 23:22 それで行き先表示の「唐木田」ってどこなんだろうと調べてみました。
地図で見ますと、JR中央線立川駅の南、町田市の北にあたります。
もうすこし西に進むと八王子市になり、津久井湖があります。米軍横田基地も圏内です。
松戸からみたら、とっても遠い。東京を通り越して、はるか西ですから。

小平や武蔵村山には行ったことがありますが、神奈川よりには行ったことがなくて。多摩川を越えたらわたくしにとっては別世界。
千葉県の人間は江戸川を越えて千葉県に入るとほっとしますが、東京を横断して、なおかつ多摩川を渡ると、とたんにびくびくと怯えてしまいます。
知らない国に来てしまった感がハンパありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171118

2017-11-17 Firefoxのデザインが…

いつのまにかアップデートされていたので、立ち上げたときにまちがえてInternet Explorerなの?って混乱しました。

そっくりです。

慣れれば、新しいデザインのほうが使いやすいのでしょうが、わたくしは旧デザインが気に入ってて、使い慣れてしまっていたので、新しくなったデザインにはしょうしょう戸惑いを覚えています。

Firefoxのバージョンは 57.0 です。

NanohanaNanohana 2017/12/12 22:51 デザインの好みは人それぞれなので、強制ではなく、選べるようにしてほしいと思います。
旧でざいんのまま使い続けるようにしてほしいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171117

2017-10-24 リネージュ2レボリューション

テレビのCMで流れているのを見て、あのリネージュ2が…っておもいました。

スマホゲームみたいなかんじだったので、わたくしには関係ないと決めつけていました。わたくしはスマホを持っていないので。

いろいろ調べたら、パソコンでもできることがわかったので、どんなものなのか興味津々、インストールしてみました。

わたくしがリネージュ2を始めたのは、10年以上前です。2004年の初夏でした。

当時のパソコンの性能でもぎりぎり遊べるかどうかというレベルで、ハイスペックなゲームでした。

内容も高度で、難易度が高く、こんなのできないって挫折したことも数え切れません。

新しいリネージュ2レボリューションの種族は4種類。

ヒューマンと、エルフと、ダークエルフと、ドワーフ。

ですが、ドワーフのメイジ(魔法使い)があったりして、おもしろい。

序盤からドワーフが魔法を使えるんです。本来、ヒューマン種族の魔法使いは打たれ弱いのが定番なのに、あの固い固いドワーフが魔法使いなのですから、向かうところ敵なしです。

楽しい。

そして、レベルアップが簡単になりました。

最初のリネージュ2からこうしてほしかったとおもいます。

基本的にクエストを受けていれば、ほぼ楽勝でレベルアップしていきます。

リネージュ2おなじみのお使いクエストも、自動的に移動してくれますし、クエスト目的のモンスターとの戦闘も自動でやってもらえます。わたくしたちはほとんどなにもせずに、画面を眺めているだけです。わたくしたちがすることは、アイテムの強化。これだけは自動的にされないので、こまめにチェックしなければなりません。

BGMは、オリジナルのリネージュ2を踏襲しているようで、聞いていると懐かしくてたまりません。

話せる島やグルーディン、ギランなどの地名も出てきます。

パソコンでしばらく遊んでみておもしろかったので、iPad Air2にもインストールしてみました。

さすがに、スマホゲームだけあって、パソコンで遊ぶよりもずっとスムーズです。

基本プレイは無料です。

現在、わたくしのレベルは20台後半。

■サーバー アインホバント

■種族   女エルフ

■職業   ウォリアー

■なまえ  阿麗

■レベル  32

■サーバー アインホバント

■種族   女ドワーフ

■職業   クォーラルウィザード

■なまえ  @はぐみ

■レベル  39

■サーバー アインホバント

■種族   女エルフ

■職業   ローグ

■なまえ  @しづは

■レベル  30


またどこかでお会いできればいいですね!

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/11/16 20:20 またゲームしてるのか。
しょうのないやつだ。
子育てから解放されたか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171024

2017-10-02 粋な夜電波

粋な夜電波シーズン14

夜電波じゃなくて朝電波になっちゃいますね。

でも、これからは冬だから外は真っ暗なはず。

次のシーズンの放送枠は、日曜早朝の4時から。

なんとまあ健康的な時間帯に移ったのでしょうか。というより、更にディープになったのかしら。

「粋な夜電波」のシーズン1からシーズン5までが本になりました。

これはぜひ買って読みます。

衆議院選挙

ラジオを聴いていてあれ?っておもったことがあります。

小池百合子都知事が立ち上げた新党についてアナウンサーの言葉を耳で聞いていると、

「希望の塔」

って聞こえてしまう。

なんだかわたくしの頭がやっぱりゲーム脳なんだということを、改めて実感しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20171002

2017-09-29

きのう、瑠璃に来月分のおこづかいを渡したとき

「これ偽札じゃないの?」

と、彼女が突き返した。

「やだ、うそ」

「だって、ほら」

瑠璃が指摘するところを見ると、ホログラムがありません。真ん中のすかしの部分も真円のようです。あわててわたくしは、じぶんのお財布からお札を取り出して見比べてみました。

「ほらーぜんぜんちがうじゃん」

うんうん! 一見似ていますが、よく見ると細部がちがってる。

「やだ、どうしよう」

「警察よ、警察に電話するのよ、早く早く」

わたくしたちがさわいでいると、同居人がやってきて、瑠璃の手からお札を取り上げ

「むかしの一万円じゃないか、これ」

わたくしと瑠璃は同時に大声をあげた。

「ええ==」

「最初の諭吉さんだろ。ママだって見たことあるはずだろ」

「そうだっけ。そういえばなんだか見覚えあるような… あ、裏のキジさん、かわいいなっておもった気がする…」

お札を裏返してみれば、雌雄の二羽のキジさんの絵がありました。

「なにそれ? 違う絵のお札があってもいいの?」

と、瑠璃がふしぎそうに質問。いわれてみれば、わたくしにも明確な答えはできません。どちらも正当に流通しているということでしょう? お札の図柄がちがっていてもいいの? 新しい図柄しか知らないひとにとってみれば、古い図柄のお札はどう見ても偽札です。その正当性の根拠はどこに由来するのでしょうか。

「これ珍しいかもしれないから、使わないで取っておきなさいよ。価値が出るかもしれないわよ」

と、冗談でいうわたくしに、即座に瑠璃は

「ふつうのお札に換えて。早く」

あくまでも冷静なのでした。

学問のすゝめ (講談社学術文庫)

学問のすゝめ (講談社学術文庫)

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/10/03 10:48 ニセ札を作られまいとして、高度な印刷技術を取り入れて新デザインの一万円札を発行した経緯がある。
だから瑠璃ちゃんの指摘「これはニセ札じゃないのか?」というのも一理ある。古いデザインの高額紙幣は偽造されやすいからだ。君が持っていた古いデザインの一万円札は、もしかしたら本当はニセ札だったかもしれない。その可能性はある。あくまでも受け取りを拒否した瑠璃ちゃんは、大物になる可能性を秘めているなと感心した。さすがは君の娘だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170929

2017-09-09 出雲小旅行

f:id:Nanohana:20170906062250j:image:w360

まもなく岡山駅です。向こう側に見えるのはたぶん山陽新幹線の高架だとおもいます。

岡山駅でサンライズ瀬戸とサンライズ出雲は分離され、わたくしが乗っているサンライズ出雲はいよいよ中国山地を横断して鳥取県米子市に向かいます。山陽から山陰へ。伯備線は山の中を走り抜けていきます。

f:id:Nanohana:20170906100907j:image:w360

午前10時前に終点出雲市駅に到着しました。ほぼ12時間の旅です。駅の記念スタンプを押すのももちろん忘れません!

f:id:Nanohana:20170906113053j:image:w360

f:id:Nanohana:20170906113246j:image:w360

レンタカーを借りて、出雲大社に向かいました。駅から20分くらいでしょうか。

f:id:Nanohana:20170906120533j:image:w360

竹の樋が手水から引かれていました。まさかハトの飲み水?じゃありませんよね。見ているとハトたちは手水鉢に留まって直接水を飲んだり、水浴びしたりしていましたから。

f:id:Nanohana:20170906121224j:image:w360

あまり知られていませんが、大社のお隣に滝があります。亀の尾滝といいます。池にはカメがいました。

f:id:Nanohana:20170906121628j:image:w360

f:id:Nanohana:20170906121643j:image:w360

f:id:Nanohana:20170906121658j:image:w360

滝のそばに祀られている神社さんですが、不思議なものを発見しました。

「うかのみたまのかみ」をお祀りしているのですが、神社の下に奇妙な通路があるんです。なにかの通り道だとおもいます。ぱっと見た瞬間、巳さま(ヘビ)の通り道かな?とおもいましたが、よく考えたらこちらはお稲荷さまなんですよね。お稲荷さまと巳さまって関係あったかしら。弁天さま(宇賀神)ならばわかるんだけど。お稲荷さまの神使であるおキツネさまが通るにしては狭いけれど、明らかになにかの動物の通り道です。

横に並ぶふたつの神社の土台は吹き抜けなのに、このお社だけは周りを板で囲ってあるでしょう。何かがここで巣ごもりできるようになっているのです。

f:id:Nanohana:20170906123019j:image:w360

f:id:Nanohana:20170906123057j:image:w360

真名井の清水を見てきました。

残念なことに、車が一台停まっていました。地元の住民にすれば、自分の庭先に停めて何が悪い、ということでしょうが、ここは神聖な場所でもあるはずです。むしろ、大社の氏子としてはここに車を停めるのはどうかとおもいます。大社の神事で用いられる重要な水であるし、名水百選にも選ばれて遠くから汲みにくるひともいるというのに。わざわざこの場所に車を停めなくても、付近は広々しているし、ほとんど車など走っていないんですよ。

f:id:Nanohana:20170906123911j:image:w360

オオクニヌシノミコトとスセリビメの婚姻をまねして、杯を交わすウサギ。

このように、大社境内いたるところに、たくさんのかわいいウサギがいます。その場にふさわしいポーズをとっています。全部コンプリートしてみてはいかがでしょうか。わたくしのお気に入りは、本殿の後ろ側で手を合わせて拝んでいるウサギです。本殿の後ろまで歩いてくるひとは、さすがに少ないですね。でもディープな神社ファンはかならず裏まで回りますからね。

f:id:Nanohana:20170906130831j:image:w360

出雲国造家が代々お眠りになっているお墓。

こちらもガイドブックにはあまり載っていませんが、逆にそのほうがいいのかもしれません。静かにお眠りください。

f:id:Nanohana:20170906133128j:image:w360

歌舞伎の始祖といわれる出雲阿国のお墓。

f:id:Nanohana:20170906134934j:image:w360

f:id:Nanohana:20170906135522j:image:w360

有名な稲佐の浜にある大岩。まるで船が座礁したかのような印象です。この岩が神代のむかしからあったなんて… 神秘的です。

下は屏風岩。この岩陰で国譲りの相談がおこなわれたそうです。いまは民家の庭先にひっそりとあります。こんな扱いでいいのでしょうか。

f:id:Nanohana:20170906140531j:image:w360

奉納山の山頂にある展望台からの眺めです。山頂まで続く道はとても狭く、もし上から車が下りてきたらすれ違いなんかできないよ〜とびくびくしながら運転しましたが、頂上に着いたらだれもいませんでした。それはそれで、ちょっち怖くありません? 展望台の脇にトイレがあったのですが、入れませんでした。わたくしは霊感がゼロなので、あまり気にすることはないんですが。

f:id:Nanohana:20170906184915j:image:w360

f:id:Nanohana:20170906184952j:image:w360

東京に帰るサンライズ出雲です。

帰りはもちろん禁煙車両で、1号車の1番という席にしてもらいました。お隣は車掌さんのお部屋だから安心です。

この部屋は2階建ての1階じゃなく、ふつうの列車の高さなので、ホームから見下ろされることはありません。それに、天井も高くて、圧迫感がありません。おすすめです。またいつか、サンライズ出雲に乗る日があれば、車両の一番端の席を取ることに決めました。

行きは全席満杯でしたが、帰りの東京行きは意外と空きがあったようで、空室もちらほらと見かけられました。

出雲市駅を18時51分発、東京には翌朝7時8分定刻通りに到着しました。そしてそのまま出社です。

一日だけおやすみをいただければ、なんとか出雲大社にお詣りして帰ってこられるのですね。週末の金曜日の夜、東京を出て、翌日の土曜・日曜とフルに使って観光して、日曜の夜に帰ってくれば、週明けの月曜日から仕事に出られるという、そういうプランも可能なサンライズ出雲。なるほど人気なわけです。

楽しかったので、また乗ってみたい。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/09/08 19:23 おかえり。
意外だな、A寝台を使うのだとばかり思っていた。姫らしくないが、これも一般人と結婚した報いか。臣籍降嫁というのだったか? 贅沢せず、慎ましく暮らしているようで、生暖かく見守ってあげよう。
清水に車を停めたバカには、吾輩も憤りを感じる。ちょとしたセンサーが働かないのだ。ここに車を停めてもいいものか悪いものかを。最近は、スマホばかり見ている奴らが多いだろ? 隅っこに立ち止まっていじっているならまだ許せるが、画面を注視しながら一心不乱に直進してくる若い奴らは、あれどうしたらいい? 足蹴をかませて転ばせたら罪になるだろうか。そんなつまらないことで新聞沙汰になって人生終わらせたくないからな、仕方なくこちらが避けるが。スズちゃんだったらどうする。
そうそう、出雲大社でなにか美味しいものを食べてきたか?
裏話があれば、ぜひ聞かせて欲しい。

NanohanaNanohana 2017/09/12 21:34 おいしいものといえば、神迎の道を一生懸命歩いて、ガイドブックに載っているとあるおそば屋さんを探しました。途中で同じようにガイドブックを見ながら悩んでいるお二人の女性から声をかけられて「このお店を探しているんですけど、知ってますか?」と聞かれました。偶然同じ店を探していたので、じゃあ一緒に探しましょう、ということで5分くらい歩いて、ようやくお目当ての店を見つけました。やはり人気店のようで午後2時近い時間でしたがほぼ満席でした。わたくしたちは空いた席を見つけて、さっそく注文しました。
どんなにおいしいおそばなんだろう、と期待に満ちて待っていると、やがて3段重ねの割子そばが運ばれてきました。わたくしはそんなに食べられないから3段重ねにしましたが、若いお二人は5段重ねを注文してました。若いっていいなーなんておもった。
そして、期待感MAXで食べてみたけど、え?
なにこれ。
ぜんぜんおいしくない。
自慢じゃありませんがわたくしは関東育ちで、東京のおそばの味に親しんできました。江戸っ子の気概も持っています(ほんとうは江戸っ子じゃないけど)。
出雲そばのすべてがこんなふうじゃないとおもいます。事実、以前訪れたときに「出雲伝承館」の中でいただいた割子そばは目から鱗が落ちるくらいおいしかった。そのときわたくしは出雲そばのおいしさを知ったのでした。
ご一緒したお二人も、最初は「うわーっ、おいしそう!」と喜んでいたのに、少しすると無言になってしまいました。
すっきりしないまま店を出てすぐ歩いた先に、もっとおいしそうなお店がありました。中をのぞいて見ましたが、がらがらでした。こちらのお店はガイドブックには載っていません。しまったーとおもいました。でもいまさら、おなかいっぱいで食べられないし…

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/09/14 19:42 そうか。ガイドブックを信用して失敗したか。
だがスズちゃんはガイドブックを発行する立場じゃなかっただろうか? 君が載せた情報が大勢の人を左右することを思い出してほしい。まあ、君はガイドブック担当じゃないのだろうけれども。そして、ガイドブックに掲載されている店と出版社との間に密約が交わされていることも、君なら知っているだろうから。そこに多額の金額が動いていることも当然知っているだろう。それでもうやはりガイドブックありき、なのだな。裏の裏まで知っている君でさえも、ガイドブックに依存するんだな。日頃あれだけ自分の足で稼ぐと豪語している君らしくない。

NanohanaNanohana 2017/10/02 19:40 お叱りは仰る通りです。

シュン (>_<)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170909

2017-09-08 出雲に出発でーす

東京駅

f:id:Nanohana:20170905211027j:image:w360

サンライズ出雲は通勤客でごった返す東海道線9番ホームに入線します。

線路を隔てた向かい側が東京上野ライン下りのホームで、わたくしはいつもあちら側から指をくわえてうらやましくおもっておりました。あれに乗って行きたい、あれに乗って行きたい…と。

f:id:Nanohana:20170905213714j:image:w360

そんな憧れの的だったサンライズ出雲が入線してきました! 堂々としています。

f:id:Nanohana:20170905213946j:image:w360

行き先表示板はまごうことなき、出雲市です。ああ、これ。いまから、これに乗れるなんて〜

f:id:Nanohana:20170905214228j:image:w360

f:id:Nanohana:20170905214516j:image:w360

今夜だけのわたくしのお部屋です。B寝台シングル個室。サンライズ特急の中でいちばんオーソドックスなお部屋です。

2階のお部屋です。天井の4分の1くらいまで大きく窓が開いています。夜行なのであまり意味がありません。身長157センチのわたくしには十分すぎる高さですが、男性だとどうかしら。頭がつかえてしまうのではないでしょうか。まあ、寝台列車ですから立つことは想定外なのでしょう。

部屋に入った瞬間、薬品臭がしました。想像ですが、燻煙剤のようなものを使っているのではないでしょうか。ダニなどの害虫防止のために。気になるのは最初だけでのちのち気にならなくなりました。

サンライズ出雲は折り返し運転ではなく、車庫から回送されてきますから、入念な清掃がされています。ベッドメーキングもきっちりと清潔にされており、前の人の痕跡はまったくありません。

肝心のたばこ臭ですが、残念ながら古いビジネスホテルの部屋に泊まったような臭いが残っていました。禁煙ではない古いビジネスホテルの部屋の臭い。煙草を吸う人には気にならない臭いだとおもいますが、たばこを吸わないわたくしには慣れるまでけっこう気になりました。それからこれが重要なのですが、車両全体にたばこの煙が漂っています。部屋のドアを開けっぱなしでたばこを吸う人もおり、その煙がドアの隙間から内部に侵入してくるのです。せめてドアだけは閉めて吸ってほしいのですが。喫煙車両なので文句はいえません。

これからは絶対に! 絶対に禁煙車両に乗ろうと固くこころに決めました。

f:id:Nanohana:20170905223835j:image:w360

f:id:Nanohana:20170905223908j:image:w360

枕元にあるパネルで、部屋の照明や空調の調整ができます。

一番下のつまみでヒーターの調整ができるみたいなのに、MAXにしてもぜんぜん暖かくなりませんでした。

薄い毛布が一枚備わっていますが、寒くてしょうがなかった。ヒーターはまったく効きません。時期によるのかしら。9月はまだまだ冷房時期なのかしら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170908

2017-08-23 サンライズ出雲♪

来月、あこがれのサンライズ出雲にのれることになりました!( ^)o(^ )

ただ…

予約はJRのみどりの窓口で、マンツーマンで若い職員さんと会話しつつしたのですが、席はそこそこあいていました。

だけど、ほとんどが喫煙席(×_×)

禁煙席から埋まってしまうようです。

びっくりしました。

このご時世に、喫煙席がまだ残っていることに。

そして、禁煙席から埋まってしまうことを考えたら、喫煙席の数をもっと減らしていただけないでしょうか。

まあ、東京から出雲市まで12時間の長旅ですから、たばこを吸いたくなる気持ちもわからないではありませんが、いまは国際線の飛行機ですら禁煙があたりまえなのですから。12時間くらい喫煙を我慢していただけないでしょうか。

わずか12時間の喫煙を我慢できないというのは、中毒症だとおもいます。吸わずにはいられないのでしょう?

ニコチン中毒じゃないですか。

そんな中毒症患者のために、喫煙席を残しておくなんて、JR西日本なに考えてるの? さっさと廃止してください。

だったら、禁酒も同様にしろよ!というのはよく聞くご意見ですが、飲酒と喫煙は決定的にちがいがあります。

それは、においがあとあとまで残る、ということです。

寝台列車のせまい部屋で、12時間もたばこを吸われたあとの部屋には、入りたくありません。

喫煙者にはわからないとおもいます。

たばこを吸わないひとにとっては、ほんのすこしでもたばこのにおいが残っていると、それがすごく気になるのです。

ものすごく臭い。

たばこを吸うひとは、吸い込んだ煙を吐き出さず、残らず全部吸収してください。

肺に全部吸収して。それなら、吸ってもいいかな?

副流煙はいやですが。

それくらいの心持ちで、たばこを吸ってくださるなら、なんとか許容しますが。

JR西日本のお偉いかた、どうかサンライズ出雲を全席禁煙にしてください。

寝台電車でたばこを吸わせたら、火事のもとでしょう。

部屋がヤニで黄色く変色しちゃうし。いいことないよー。

たばこを吸わないひとにとって、本当にたばこの臭いは最悪なんですから。

せっかくの旅が台無しです。

NanohanaNanohana 2017/08/23 20:27 ファブリーズを持参して、消臭しようかしら。
ほんと、たばこ臭かったら最悪。
いまどき喫煙車があるなんて、嘘でしょっておもった。そしてみんな禁煙車のほうを選ぶのだから、どうしてだれも選ばない喫煙車があるのかわからない。
たばこを吸う人をいじめてるわけじゃないけど、たばこは周囲に煙をまき散らすので、それだけをやめてほしいわけ。たばこを吸うのはかまいませんが、まわりに煙をまき散らさないでほしいだけ。たばこを吸わない人は、そのまき散らされた煙に困っているわけなので。煙さえなければ、ぜんぜんオッケーなのです。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/08/28 15:47 久しぶり。
そうか、出雲に行くのだな。念願のサンライズ出雲に乗れておめでとう。むかしから君は乗りたがっていたからな。
我輩はサンライズ出雲には乗ったことがないが、現在のJRの技術力を信頼すれば、喫煙席だろうがなんだろうが、快適な列車の旅が約束されているのではないだろうか。まあ、スズちゃんの実地の調査でどのような結果が出るのか、後々の発表が楽しみである。
寝台車といっても我輩が乗っていた半世紀前の時代に比べたら、雲泥の差なのだろうな。近頃の寝台車は豪華だという話をよく耳にする。当時は当時で、味があって良かったものだと、今では振り返り懐かしむだけだが。
来月、スズちゃんはサンライズ出雲に乗る、と。
待ち伏せしていようか。毎晩、同じホームの、喫煙席がある車両の近くにいれば、スズちゃんに会える可能性は無じゃない。だからな、あまりそういうことをインターネットに書かないほうがいいぞ。忠告だ。
少々脅しすぎたかもしれないが、一応気をつけたまえ。
では、良い旅を。おみやげ話を待っているぞ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170823

2017-08-09 台風の置きみやげ

台風5号でしたっけ、南海上をうろうろしていたのに、結局こっちに来るんだ!とおもった台風が北陸沖に抜けていったあと、わが関東地方でも37度などという猛烈な暑さ。しかも湿度が高いから、不快指数は100%超え。

立秋を過ぎたというのに、この暑さはなんでしょう。

とはいえ、夜になればコオロギたちが鳴き始めました。この子たちも冬までの命。

諸行無常だなと、最近つくづくおもうようになりました。

季節の移り変わりに応じて、土の中から出てくる虫に対して、あらためて尊敬の念を抱きます。だれに教わったわけでもないのに、あの子たちはどうやって土から出てくる時期を察するのでしょう。ま、虫の歴史はニンゲンよりも遙かに古いから、そういう知性が備わっていてもふしぎじゃありません。

もうじきお盆です。

同居人の親戚がいらっしゃる福島に、またおじゃまさせていただこうと計画しています。

わたくしと、同居人と、瑠璃。

郷土色豊かなお盆の光景を、また見たくて。瑠璃にも見せておきたくて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170809

2017-07-21 日本中が猛暑日

夜も更けてきたのに、まだまだ暑いよー

裏山ではセミたちが鳴いているし…

さすがにこの暑さではエアコン入れなきゃだめでしょ。

いつもは冷房きらいだから、できるだけ窓をあけて扇風機ですごしていたのですが…

青森や北海道でも30度を超える気温です。

むかし、聞いた話では、北海道のひとは夏場でもクーラーなんか必要なかったのですって。それくらい涼しかったそうなのですが、いまはもうどこの国の話?っておもいますね。

汗びっしょりになって帰宅して、とりあえずシャワーを浴びても、エアコンを入れなかったら料理中にまた汗びっしょりになってしまいます。

とても扇風機では追いつきません。

「るりーーーっ」

テレビを見てげらげら笑っている娘を呼びつけると、案の定不機嫌そうに

「なに?」

「怖くなる話、してよ。背筋がぞおっと凍るような」

「もううるさいなあママは。いまいるのは、左肩に落ち武者、右の足首をつかんでいるのがむかしの遊女みたい」

「!!」

声にならない絶叫をあげ、からだを揺すり、脚をばたばたさせるわたし。

「やだー るりー 取ってよ−」

「んもう、めんどいなあ」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170721

2017-07-09 セミが死んでいた

まだセミの鳴き声なんか聞こえないのに、今朝家の前の道にセミの死骸が落ちていました。

羽が透明で、胴体が緑色がかったセミです。

おそらくミンミンゼミだとおもいます。ニイニイゼミという可能性も捨てきれませんが、松戸で鳴き声を聞いたことはないので、たぶんミンミンゼミじゃないでしょうか。それともカナカナかしら。カナカナはわりと早い時期から鳴き始めますからね。でも大きさはアブラゼミくらいだったから、そう考えるとやはりミンミンゼミ?

なんで? いまごろ?

気の早い幼虫が、梅雨も明けていないのに羽化しちゃったのでしょうか。

鳴き声はしなかったのでメスだったのでしょうか。

拾って、ちゃんと調べればいいのだけど、セミの死骸なんか触りたくありません。

近所にいるネコたちが、そのうちくわえて行ってくれるでしょう。

D

D

D

NanohanaNanohana 2017/07/12 03:50 7月11日、ミンミンゼミが木に留まって鳴いているのをみつけました。
やはり、セミが羽化し始めています。
またあのやかましい夏がやってきました。

NanohanaNanohana 2017/07/15 18:34 夕方、18時30分過ぎに近所の林からカナカナの鳴き声が聞こえました。
今年初めてのカナカナ。
夏が始まりましたね♪ 関東も梅雨明けです。

koarokoaro 2017/07/18 05:14 この時期は仕方ないです。 お元気にされてますか。
最近ブログを書く人も減りましたね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170709

2017-04-20 籠神社参詣

東京は暑かったけど、丹後半島のこのへんはおもっていたより寒くて、もっと厚着してくればよかった。

事前に天気予報は確認してましたが、実際は行ってみないとわかりません。

うっかり軽装で行ってしまったわたくしは、大失敗でございました。

京都からJRで福知山まで行き、丹後鉄道の特急に乗り換えて天橋立駅まで。

f:id:Nanohana:20170420084816j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420085343j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420093111j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420093136j:image:w360

↑丹後鉄道の特急は微妙にレトロ感漂ういい感じでした。

f:id:Nanohana:20170420091052j:image:w360

↑大江山!このあたりは、大江山の酒呑童子のテリトリーです! 次回は大江山を取材しにきます!

f:id:Nanohana:20170420094836j:image:w360

天橋立駅は、神社建築ふうですね。イメージを大切になさっていることがわかります。

籠神社さんにやっと来られた。

シンプルですが、とても風格があり、さすがは元伊勢だけのことはあります。拝殿や本殿だけの見た目からいえば、伊勢神宮よりもご立派な印象を受けます。現在の神域などは比べものにならないくらいちいさいですが。

ただ、このあと訪れた真名井神社とともに、直近の鳥居の中は撮影不許可なんです。伊勢神宮とおなじです。インターネットには撮影不許可場所の内部がアップされていますけれど、撮影者は神罰を受けているとおもいます。神さまを甘くみてはいけません。

f:id:Nanohana:20170420102342j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420102628j:image:w360

↑ここから先は撮影禁止

白木のままじゃない。かといって、なにかペイントしているんでもない。まさかニスなんかを塗っているのじゃないとおもいたいです。ちょっち珍しい、あまりほかに見ないような柱の色です。鳥居だけでなく本殿も。先日お参りした香取神宮は漆塗りでしたが、こちらはそこまで黒くありません。社務所でお聞きしてみればよかったですね。中共のひとたちでごった返していたので、とても質問できるような環境じゃありませんでした。

バスを降りて、お詣りを始めたところ、上の方(笠松山へのケーブルカー乗り場)から団体客が降りてきて、口々に大声でおしゃべりしています。

わたしには理解できない中国語です。

どうしてこのひとたちは、神域でもかまわず大声でおしゃべりするのでしょうか。共産主義者は基本的に無神教だから、神域にいるのに畏敬の念を抱かないのでしょうね。だったら、来るな! ここは信仰の場なんだよ! 観光地ではあるけど、それ以前に信仰の場なんだよ! 共産主義者には理解できないでしょうが、日本に来るのならすこしくらい勉強して来なさいよ!

胸の内でむかむかしながら、一刻も早くバスに乗って去って行ってくれることを念じていました。

撮影禁止といわれている区域内でも平気で写真を撮っている彼らは、ぜったいに神罰を受けているはずです。日本の神さまはそれほど寛容じゃありませんから。

神罰てきめん、という日本語があるように、日本の神さまはおそろしいものです。小石ひとつでも持ち帰ろうものなら、それはもう…

まあ、いいですけどね。わたくしは、中共の彼らがどうなろうと知ったこっちゃありません。そんなこと知らなかったでは済まないのが、神罰ですからね。

ですから、どうか日本のみなさん、中共のひとたちがなにをしていようと、じゃあぼくたちわたしたちもやっちゃおうか、とおもわないでください。それをやったらおしまいです。寅さんもいっているじゃないですか。「それをいっちゃァおしまいヨ」というのは、真実なのです。

それはともかく、籠神社さんは、山陰道一宮と称せられたように、格式高く、どうかすると伊勢神宮よりもすごいかもとおもうほどでした。

威厳が感じられます。

なんていうかな、うわっ校長先生!を目の前にした小学生のような気分。

こわいよーでも怒らないでくださいーってひたすら目を伏せておどおどしているような感覚。

こういう感覚は、わたくし、伊勢神宮の内宮外宮でも持ちませんでした。不思議ですね。

あとになってわかりましたが、いまこちらには真名井神社の豊受大神の御魂が招かれているのです。

行ってみてがっかりしました。いま、真名井神社の本殿は改修作業中で、神さまは籠神社にお移りいただいているのです。ということは、いま籠神社は本来の神さまと真名井神社の神さまがダブルパワーでわたくしたちを迎えているのです。それで怖かったのです。

f:id:Nanohana:20170420124332j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420124429j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420124904j:image:w360

そのあとは、成相寺さんを参詣しました。左甚五郎作と伝えられている真向龍の彫刻はたいへんにご立派なものでした。

こちらのお寺さんは靴を脱いで中まで入り、無料で参詣できます。ほとんどのかたが、知らないとおもいます。もったいない。ふつうのお寺でも中まではなかなか入れません。でもこちらは、無料で中をじっくりと参詣できるんです。地獄絵の屏風図などを見ていると、わたくしもきっと死んだら地獄に落ちるだろうなとなんだかもうがっかり。というか、地獄とは悲惨すぎません? わたくしたちに欲を与えておいて、その欲を満たそうとしたら、はい地獄行き〜なの? なんだかハニートラップじゃないの?とおもう。

f:id:Nanohana:20170420113559j:image:w360

f:id:Nanohana:20170420105931j:image:w360

そうそう、そのまえに股覗きもしちゃいました。ここまで来て股覗きしないなんて考えられないでしょ? 現地でしかできないことは、実践する!というのはわたくしの先輩の教えですから。ちょっち恥ずかしかったけど、股覗きをしました。スカートで脚を拡げることも恥ずかしいのに、そこに頭を突っ込んで逆さまになって向こうを見る… 恥ずかしすぎる。でも、開き直ってやりましたとも。

頭に血が上ってくらくらしているのに、恥ずかしいから早くやめたい。その結果よくわかんない。

股覗きのなにがおもしろいのかよくわかりませんでした(^^ゞ

f:id:Nanohana:20170420143602j:image:w360

↑こうしてみると、ヘビとか龍とかに見えなくもありません

天橋立駅前から、高速バスで京都まで帰ってきました。行きはJRと丹後鉄道を利用しましたが、高速バスのほうがだんぜんラクでした。しかも速いし。

バスが来るまでのあいだ、短い時間でしたが、駅のすぐ隣にある立ち寄り湯で一休みしました。

入浴料は700円です。わたくしが入ったときにはだれもいませんでした。舐めてみるとちょっち塩辛い。塩の湯ですねー。寒かったのでぽかぽかと温まるいいお湯でした。期待以上でした。バスの時間まで30分少々でしたから、あまり長湯はできなかったのが残念です。もっと時間があれば、2時間くらいいたかった。

f:id:Nanohana:20170420185729j:image:w360

京都駅でしばらくのあいだ、遊ばせてもらいました。東京に帰るバスはまだまだ深夜時間です。それまであんなお店に行ったり、こんなお店に行ったり… 存分に羽を伸ばさせていただきましたとも。

kotarokotaro 2017/06/12 21:24 久しぶりに見に来ました。実は私も、5月最終週に丹後半島の旅行に行っています。
私は、長男、長女が世話になった義母を伊根の舟屋を見に連れて行くと言う旅行に参加しました。
お義母さんの趣味で、成合寺と松尾寺にも立ち寄りました。
義母は満州育ちで、引揚記念館では、係員から話しかけられました。
たまには妻を外して、こういう親族の旅も良いものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170420

2017-04-19 靖国神社参拝

夏日の東京。

あっつ。

サクラはほとんど散ってしまいました。

そんな中、わたくしは生まれて初めて靖国神社を参拝しました。

明治2年、時の帝は「招魂社」を創設。

明治12年、「靖國神社」と改名され今に至る。

そうだったんだ。

明治天皇が創られ、のちに「靖國神社」改名されたのね。正式には「靖國神社」なのですね。

ご祭神は、日本という祖国のために殉じられた246万6千余柱の尊い神霊がお祀りされています。

東京の中心、皇居の北側にございます。九段坂の下から昇ってまいりますと、とてつもなくご立派な鳥居が目に飛び込んでまいります。

参道に入ると、意外と中共からの観光客が目に留まります。

まあ、このひとたちはどこにでも行きますから。イデオロギーは関係ないのでしょうか。

そして、白人系のかたがたも目立ちます。

カミカゼ、トッコウ、ニッポン、ニンジャが好きで訪れただけとはおもいたくありませんが、どうなのでしょうか。

f:id:Nanohana:20170419145831j:image:w360

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/04/24 00:48 ほう。初めての靖国神社か。確かスズちゃんの大学は神保町にあったよな?
それなのに今まで一度もお参りしたことがなかったとは。
目と鼻の先だっただろう? まあ確かに当時は若い女の子が好んで行くような場所ではなかった。女の子が行くようになったのは最近のパワースポットブームのおかげか?

NanohanaNanohana 2017/10/03 11:12 学校が近いからといって靖國神社によくお詣りするわけじゃないでしょう?
それならば法政大学の学生さんは、わたくしよりもずっと頻繁にお詣りしていることになりませんか?
それよりもわたくしが通った学校が神保町にあることをなぜご存じなのですか? もしかしたら以前、掲示板にうっかりと書いてしまったかしら。それともわたくしのホームページに書いてありました? ちょっち気になります…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170419

2017-04-13 東国三社詣で 一日目

鹿島神宮

朝から本格的な雨…

f:id:Nanohana:20170408113902j:image:w360

この上手側に公式の駐車場があります。普通車300円。ですが、参道の途中には私製駐車場があり、こちらは500円です。ただ、公式の駐車場は停められる台数に限りがあり、混雑時には空くのを待たされます。待つのがだいきらいなわたくしは、迷わず私製駐車場にクルマを停めました。まあ差額の200円くらいどうってことはありませんから。あーはっはっはっ。それに、半ばシャッター通りと化している地元商店街にもお金を落とさないと…

きょうは雨で寒かったので、参拝帰りに、駐車場の隣のお蕎麦屋さんで温かいお蕎麦をいただきました。以外と高値でおどろいたけど、わたくしにとってはさほどの値段ではないので、あーはっはっはっ。(^^ゞ

f:id:Nanohana:20170408104835j:image:w360

ご正殿は参道の右側にあります。徳川っぽい。若い人たちがさかんに参拝しています。みんなちゃんと二礼二拍手一礼をしています。若いのにえらいね。よく、日本人は無神教だといわれますが、こうして神社を訪れる若い人たちを見ていると、そんなことはないとおもいます。みなさん、ちゃんと鳥居をくぐるときに、頭を下げていきます。ほんとに、すごいことだなっておもいます。うちの瑠璃は、いちおうわたくしがやかましく教えているせいか、渋々従っていますけど、目を離せばなにをするかわかったものじゃありません。

雨に濡れた参道を奥宮まで歩きます。せめて玉砂利でも敷いてくれればいいのに。水たまりだらけの土なので、歩きたくなかったのが本音です。

途中、シカが飼われていました。雨のせいでシカたちも元気がありません。

翌日行った香取神宮にもシカがいます。たぶん、ほとんどの方がご存じないかもしれませんが、香取神宮にもシカはいますよ!

参道の奥に、鹿島神宮の奥宮があります。

f:id:Nanohana:20170408103427j:image:w360

奥宮からさらに奥に行くと有名な要石があります。

要石は東日本大震災のときに、あの大地震を抑えるために持てるパワーをフルに使ってしまったので、いまはへとへとなのですって。どうか、みなさんのエールを送ってさしあげてください。がんばって、とか、ありがとう、とか感謝の気持ちを送ることで、要石はまたパワーを取り戻すことができます。

f:id:Nanohana:20170408102754j:image:w360

息栖神社

f:id:Nanohana:20170408123714j:image:w360

f:id:Nanohana:20170408124807j:image:w360

こじんまりとした、いい感じの神社。鹿島神宮、香取神宮が立派すぎる反面、こちらでくつろげる。

f:id:Nanohana:20170408130352j:image:w360

宿から見た茨城の景色

f:id:Nanohana:20170408153128j:image:w360

高い建物がなく、だだっ広い印象を受けました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170413

2017-04-12 東国三社詣で 二日目

お宿の朝食はビュッフェスタイル。

早朝6時過ぎ、眠い目をこすりこすり朝食会場に向かうと、なんとまあ若いアスリートたちで満席です!

なにかの大会でもあるのでしょうか。取材してみようかしら、と一瞬おもいましたが、もういいやーって感じで、わたくしは眠い目をしょぼしょぼさせながら朝食をいただきました。わたくし、スポーツ記者じゃないし、寝起きのわたくしは機嫌が悪い。

お宿をチェックアウトしたあと、目指したのは香取神宮です。

f:id:Nanohana:20170409123835j:image:w360

黒塗りで渋い香取神宮。

f:id:Nanohana:20170409120025j:image:w360

f:id:Nanohana:20170409113346j:image:w360

めずらしい黒塗りの神社です。渋くてかっこいいです。

f:id:Nanohana:20170409115137j:image:w360

↑香取神宮のシカ。ニンジンの食事中でした。

f:id:Nanohana:20170409122334j:image:w360

↑香取神宮の要石

f:id:Nanohana:20170409123127j:image:w360

↑奥宮。なぜこのように厳重に囲うのでしょうか。

おそらく、中にいるモノを外に出さないためだとおもいます。奥宮というものはたいてい荒魂を祀っています。神さまの昂ぶる御魂です。たとえるなら、檻の中のオオカミやライオンのようなもの。おとなしくしているようにみえて、隙あらば飼育員をかみ殺してでも外に出ようとする。ニンゲンが抑え込めるものじゃありません。

鹿島神宮の奥宮に比べて、香取神宮の奥宮は規模はちいさいけれど、厳重さはこちらのほうが上をいっています。こちらの神さまのパワーのほうが強力なのでしょうね。

地獄の皇太子地獄の皇太子 2017/04/21 17:45 寝起きのスズちゃんは機嫌悪そうだな
スズちゃんとベッドを共にすれば、そういう姿も拝めるのにな。
天気の悪い中、神社取材ごくろうさん。いつもいっているではないか。吾輩に一言教えてくれれば、いつでもはせ参じると。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170412

2017-04-11 お伊勢参りはバスの旅

今回のお伊勢参りは、新宿から夜行バスを利用しました。

初体験です。

できたばかりのバスタ新宿は、乗客で大混雑でした。夜行バスの人気がすごいってことですね。ジェットスターなどのLCCも大人気ですが、もっと手軽なバスはLCC以上に混み合っているのを実感しました。その人気に対して、待合室の椅子がすくないし、せまい。もっとゆとりを持って設計できなかったのでしょうか。目当てのバスが到着するまで、立ったまま待たされるなんて、どうかしています。空港並にゆったりと待てるスペースを作ってほしい。

それから、インフォメーションがわかりにくく、どの乗り場に行けばいいのか不安だらけでした。わたくしの目的地は「伊勢市駅」なのですが、バスの行き先は「三重」になっているので、このバスでいいのかどうか係員に訊かなければ安心できませんでした。飛行機と違い、バスは途中でも停まるから最終目的地の表示に慣れるには乗客のスキルアップが必要なのですね。

今回わたくしが乗ったバスは座席指定はできません。乗り込む際に、係員に座席番号を告げられます。窓側、通路側、通路を隔てて通路側、窓側のいわゆる4列シートのバスでした。この構成のバスは失敗でした。わたくしは往復とも窓側を指定されてしまったので、休憩のたびに通路側のひとに断って席を立たなければなりませんでした。通路側のひとが休憩時に席を立つタイプのひとならいいのですが、どっかりと座ったままだと、いちいち「すみません」と声を掛けて、わざわざ立っていただかなくてはいけませんでした。とくに、夜行なので、隣のひとが眠ったままだと、恐縮してしまいます。

これからは3列シートのバスにしようと強く決めました。

バスタ新宿を夜中の12時に出発し、翌朝の9時ちょっち前に伊勢市駅に到着しました。

道中はすこしは眠れましたが、シートはせまいし、2時間おきくらいに休憩になるので、ほとんど眠れませんでした。わたくしは夜行列車に乗ったことはありませんが、夜行列車のほうがもっと熟睡できるのじゃないでしょうか。特に4列シートの夜行バスは、隣のひとが気になってしかたがありません。これから夜行バスデビューするひとは、4列シートの夜行バスだけはよしたほうがいいです。すこしくらい高くても3列シートで、トイレが付いているものをおすすめします。途中休憩がすくなくなるから。

こんど、青森に行かなくてはなりません。夜行バスで。4月5月の青森はまだ寒いからやだって言ったのですが。

三内丸山遺跡に行かされることになりました。ぜったい雪が降っているとおもう。

「行ってもいいですけど、斜陽館見てきていいですか?」

「それは津軽だろ」

「同じ青森じゃないですか。あ、そうだ、竜飛岬も見てみたいなー。あ、そうそう、六ヶ所村も取材したいんですけど」

「行きたきゃ自腹で行け。休暇でも取って」

「あ、そうですか。ふーん。いいんですね。じゃあそうしますからね。それから、はやぶさで行きますから」

「だめだ。バスで行け。これは業務命令だ」

「いやです! はやぶさのグランクラスじゃなきゃ行きません!」

「それが通ればおれが行くよ…」

……… (T_T)

3列シートの青森行きのバスがありますように。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170411

2017-04-06 お伊勢参り 二日目

翌朝、日の出の時刻から十分ほど遅れて目覚めたわたくしは、やばっとおもいながら、あわてて着替えを済ませ、玄関に向かいました。

さすがは二見浦のお宿のスタッフさんなので、夜明けから働いていらっしゃいました。朝だからまあいいか、と化粧もなにもしていないわたくしに「おはようございます」とご挨拶。うわーはずかしい。髪の毛もぼさぼさなのに。

挨拶もそこそこに外に出ると、なんとまあ早朝にもかかわらず、人がたくさんいるではないですか! みなさん、日の出を拝みに集まっていらっしゃるのです。びっくりしました。すっぴんでぼさぼさ髪のわたくしも、いまさら戻るわけにもいかず、開き直って、二見興玉神社さんに参詣。太陽はわりと高く昇っておりました。有名な夫婦岩のしめ縄のあいだから昇る太陽は、時期的にもうちょっちあとにならないと見られないそうですが、それでも朝日を浴びるのは気持ちよかったです。太陽に向かって柏手を打つ、原初的な信仰形態を実際に体験できました。おもわず祈りたくなってしまいます。

f:id:Nanohana:20170403054923j:image:w360

f:id:Nanohana:20170403055431j:image:w360

f:id:Nanohana:20170403055500j:image:w360

チェックアウト後、寳日館(ひんじつかん)を見学しました。明治20年に建てられた、二見浦唯一の超高級宿。皇族の方々が宿泊されたところです。重要文化財です。それがたったの300円で見学できます。ここはぜったいに見たほうがいい。なのに、ほとんどのひとは素通りです。もったいないとおもいます。二見浦に行ったら夫婦岩のしめ縄を見ておしまいなの? こんなに素敵な場所があるのに。

120畳敷の大広間にお琴が置かれていました。だれでも自由に弾いていいお琴です。わたくしは生まれて初めて「サクラ」を弾きました。わかりやすい楽譜があるので、とりあえず弾くことはできます(^-^*) じょうずに弾けるわけはありませんが。

f:id:Nanohana:20170403093735j:image:w360

f:id:Nanohana:20170403094908j:image:w360

そうこうしているあいだに、バスの時間が迫ってきました。ここからバス停まではけっこうまた歩きます。今回の旅はレンタカーを借りず、公共交通機関のみを利用したので、時間に縛られました。時刻表をまったく見ないので、近鉄線も一時間ほど待たされたりしました。首都圏で暮らしていると、電車は数分おきにやってくるので、時刻表なんか気にしません。駅に行けばすぐ電車が来ます。ところが、こちらでは… 

そしてきょうは、内宮をお詣りします。

その前に、猿田彦神社さんへ向かいました。導きの神、サルタヒコ。ニニギノミコトが天下るとき道案内役を務めました。そしてこの人こそが、伊勢の本来の神さまではないかと噂されています。道案内後、彼は伊勢に向かいました。そして伊勢の海で貝に手を挟まれ海に沈んで亡くなりました。たかが、貝でどうして?とおもいましたが、成長したシャコ貝は250キログラムもあるのですって。そんな重たい貝に手を挟まれたら、助かりません。

さて、内宮ですが、参拝する人の車は駐車場まで90分待ちとか。大渋滞でした。平日の月曜日ですが、大人気ですね。わたくしはバスで行ったので、すいすいと行けました。バスレーンがちゃんと確保されていますので、バスは渋滞にひっかかりません。お伊勢参りをする人はバスを利用することをおすすめします。

それにしてもものすごい人です。

外宮の比ではありません。新宿・渋谷のようです。新年度が始まったばかり、サクラが咲き始めたばかり、というのも関係あるのでしょうね。

f:id:Nanohana:20170403130323j:image:w360

日本人のこころのふるさと、伊勢神宮。

死ぬまでに一度は行きたいお伊勢参り。

いろいろといわれておりますが、実際に行ってみた感想は、広大すぎて唖然とするしかないって感じ。

ありがたみを感じるより、茫然自失とする感覚のほうが強いです。圧倒されてしまう。

わたくしは、ただただ恐縮して、縮こまっておりました。なんていうのかな、あこがれているスターの目の前に立っている感覚というか。わたしなんか、わたしなんか、恐れ多いことです〜とひれ伏すような感覚。握手してくださいとか、サインしてくださいとかいえませんよね。あちらから声をかけてくれただけで卒倒します。そういう感覚に近かったです。

「また行きたいか?」という質問には「はい!」と答えます。

すこしずつ身を慣らしたいとおもいます。一回目よりは二回目、三回目と回を重ねるごとにお伊勢さまに近づけるかもしれません。近づきたいとおもいます。

内宮をお詣りしたあと、バスに乗って倭姫宮に行きました。

f:id:Nanohana:20170403135916j:image:w360

f:id:Nanohana:20170403140807j:image:w360

この次は、東国三神宮(東国三社)参りをしてきます。

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社をお詣りしてきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170406

2017-04-05 お伊勢参り 一日目

この夜の宿は二見浦に取りました。

ここの駅前も壊滅的にさみしい。ただ、お正月と海水浴シーズンでかろうじて保っているようなものでしょう。

わたくしといっしょに駅を降りた人たちは、迎えにきたマイクロバスに乗って行きます。わたくしはなにも連絡していなかったので、よいしょっと声を出して荷物を持ち、宿を目指して歩き始めました。

(迎えに来てもらえばラクなんですよ? でもそれじゃ、地元の雰囲気がつかめません。バスやワゴン車ですいーっと連れて行かれたら、なにもわからないままお宿に到着じゃないですか。まあ、それでもいいというひともいますから、人それぞれです。ただ、この参道に等身大のエイリアンのモデルを飾っているおうちがありました。超リアルです。そういうものを、ワゴン車に乗っていたら見過ごしてしまうでしょ? 歩く速度だからこそ見つけられるのです。え? そのエイリアンが気になりますか? だめです。これ以上は書けません。企業秘密ですw)

f:id:Nanohana:20170402172302j:image:w360

f:id:Nanohana:20170402172309j:image:w360

f:id:Nanohana:20170402172526j:image:w360

駅前に鳥居が立っています。二見興玉神社さんの鳥居でしょう。鳥居をくぐり、おおきな国道を渡り、海に向かって歩きます。表参道に立ち並ぶ旅館は純和風で、古き良き時代を残しています。予約していたお宿は二見興玉神社さんに近く、ほぼ旅館街の突き当たりにあったため、思っていたより歩きました。重たい荷物を持ちながら(まだかな〜まだかな〜)と半べそかきながら歩きました。

f:id:Nanohana:20170402174001j:image:w360

ようやくチェックイン手続きをしているわたくしの足下に、ロビーの奥から黒毛のチワワが走り寄ってきました。靴の匂いを嗅いで、納得したようで、また奥に引っ込んでいきました。この子は翌朝、玄関前にずっと伏せていて、番犬をしていました。

翌朝の日の出の時間を教えていただきました。5時43分。起きられるかしら、と心配していたとおり、ちょっち寝過ごすわたくし。

早めに寝たのですが。

f:id:Nanohana:20170402175846j:image:w360

f:id:Nanohana:20170402214646j:image:w360

f:id:Nanohana:20170402120043j:image:w360

↑伊勢地方のお家の玄関でよく見かけたお飾り。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nanohana/20170405