SY1698の日記 RSSフィード

2016-05-05

[]「てっぱく」に逝ってきた 22:46 「てっぱく」に逝ってきたを含むブックマーク

f:id:SY1698:20160505121301j:image

f:id:SY1698:20160505121841j:image

最終日は鉄道博物館に子供を連行することにした。残念ながらミニ列車は整理券が售完でどうしようもなかったのだが、館内を適当に回ることもできたのでそれはよしとしよう。

f:id:SY1698:20160505133416j:image

しかしだな、鉄道貨物コーナーにある「中国貨物列車」っておいこれアメロコを上游に見立て、ホッパ車を黒塗りにして一般的な貨物列車とかそれはねえだろw (むしろ北朝鮮の蒸機っぽくなっている) 単に貨車だけならまだしも、米国はダブルスタックで欧州は電機牽引貨物、亜洲は蒸機ってこれどうよ?というレベルの代物やないか。当時はNゲージが出ていないにしても、欧州型を塗り替えてHXD1としていたほうがまだましかもしれない。

[]新所沢パルコに見る「モール」の源流 22:46 新所沢パルコに見る「モール」の源流を含むブックマーク

http://10plus1.jp/monthly/2010/10/2.php

3日前に「翔んで埼玉」査収のために新所沢パルコを現地指導したのだが、「パルコ、セゾン的なるものと現在のショッピングモールの違い」を読んでもう一回見て回ろうと思った。

f:id:SY1698:20160505173519j:image

f:id:SY1698:20160505180900j:image

新所沢パルコ (ガレリア) 下は自由通路になっており、規模は小さいがその後の光が丘IMAや東戸塚オーロラモール(西武百貨店)などにつながるデザインである。ガレリアの中はこのような感じとなっており、狭い中で空間をうまく活用しているのがわかる。開店当時(1983年)は、30代の若いファミリーが多かったというが (現に駅周辺には大規模マンションが多い)、子供を連れてちょっと回るにはちょうどいい大きさといえる。巨大ショッピングモールだと下手に迷子になると困るし、また歩く距離も馬鹿にならない。

そう考えると、同店のデザインはその後の店舗設計に大きな影響を与えたといえる。その後は大店法の廃止による店舗の大型化、駐車場完備が当たり前という今の御時世からすると若干見劣りする面があるのは事実であるが、西武百貨店所沢と競合する関係にありながらも今なお店舗が健在なのはそういう理由よるのだろう。だとすれば、藤村龍至の言うように「それこそ日本では、すでにパルコが振り返るべき対象になっていて、当時のクリエイティヴティを検証することがいま重要かもしれませんね」という言葉の意味は重い。

[]セゾングループの再検証の意義 23:23 セゾングループの再検証の意義を含むブックマーク

今更ながらの話ではあるが、パルコの店作りを見て回ると、西洋環境・TCFの不始末だけでセゾングループは語れないとつくづく感じた。無印良品だって一時期はオワコン呼ばわりされていたものが、ユニクロとは違った位置で戦っているわけだし(たしか中国ではかなりの人気を誇っていたはずだ)。だからと言って、傍流の朝日工業と上武鉄道を語るには情報が足りないわけだけど…。上武鉄道の破綻はやはり別の要因があるのかもしれない。財務諸表を並べてみるとおかしな点は数あるのだが、確固たる状況証拠に乏しい。

2016-05-02

[]通園のお供そのほか 09:37 通園のお供そのほかを含むブックマーク

0730に目覚めてゴミを出しに行くがなかなか取りにこないので、無事回収されるのかと不安になるがなんとか0830前に取りに来てくれた。あとは子供を連れて幼稚園に送り出し、口座残もなんとか無事に決済されていることを確認する。とはいえ、資金繰りは綱渡りなんだけどな。こういう事情もあって、4〜5月の時期はおとなしくせざるを得ない (去年のLTS6は例外で、さすがに文フリは出ている余力がない) さらに先月は調子こいて謄本ガチャやらかしたもんでますますカネがなく、せっかく平日だから何かやろうと思ったのだが、それどころではなく預金をかき集めなければ即死する。さらに幼稚園は午前中だけなので、午後は買い物、休む間もなく保護者会へ

f:id:SY1698:20160218001113j:image

[][]新所沢パルコの歴史を考える 21:15 新所沢パルコの歴史を考えるを含むブックマーク

「翔んで埼玉」購入特典の付箋とポストカードをもらうために、わざわざ保護者会後に出かけてきたわけだが、よく見ればかなり特徴的な建物である。1980年代の出店だから、今となってはだいぶ古びたというか狭い印象もあるのだけど (駅前立地だから駐車場も完備はされていない) 狭い中で空間を活用している印象。

f:id:SY1698:20160502160051j:image

f:id:SY1698:20160502164209j:image

ちょうど、上武鉄道セゾングループ解体史を調べていたらこちらの記事を見つけた。「翔んで埼玉」とは何の関係もないのだが、都市論・商業論を考える上で1970〜80年代に堤・増田両氏が遺した役割は今の時代になって再検証されるべきなのかもしれない。

http://10plus1.jp/monthly/2010/10/2.php

[][]交通論学徒の成れの果て、都市論を弁ず 21:44 交通論学徒の成れの果て、都市論を弁ずを含むブックマーク

http://10plus1.jp/monthly/2010/09/1.php

http://10plus1.jp/monthly/2010/11/9-3.php

「東・北田対談も研究とは言い難い放談」と切り捨てられていて、社会学の無能さをdisっていて笑うほかないのだが、バブル崩壊を経てショッピングモールに収斂した均一化した状況をどう論じるかが今後の課題であろう。

これは当初、交通論のゼミに参加して最初に読まされたのが「土地の神話」なもんで、田園都市計画と東急との関わりのさわり程度しかやらなかったし、今迄このあたりは学界の徒が多く取り組んできたから今更感があったのだが、死んだ鉄道会社財務諸表をいじり倒しているうちに上武鉄道にたどりつき、同社を扱う以上はセゾングループの盛衰に触れなければならなくなってきたから、まさに先祖帰りしたかの如く、都市論・流通論にまで立ち返ることになりそうである。そのきっかけが「翔んで埼玉」の中吊り広告だとしても

しかし、その検証のためにわざわざ吉祥寺とかにぷらっと行くわけにもいかんしねえ。週末に一人の時間を持つことは極めて困難なのだ。ちょっと外出すれば、時間が遅いの、無駄遣いするなと詰られるのだから、論考する余裕など金銭的にも時間的にもありゃしねえ

[]「付箋」と「ポストカード」もろた 01:01 「付箋」と「ポストカード」もろたを含むブックマーク

f:id:SY1698:20160501200845j:image

http://shintokorozawa.parco.jp/spage2/event/4870/

わざわざそれを仕込みに行ったのかオマエはw まさかこんな付箋がふたつも出てくるとは思わなかったのだが、それを一体どう使えというのだ

f:id:SY1698:20160503004340j:image

2016-05-01

[]本日の査収案件 (文学フリマ東京) 20:13 本日の査収案件 (文学フリマ東京)を含むブックマーク

f:id:SY1698:20160501174653j:image

4〜5月は例年資金繰りが詰まる上、今年は年明けからずっと本業多忙でかつ周辺もバタバタだったのでサークル参加は見送ったのだが、査収候補案件がいくつかあったので、流通センターまで足を伸ばしてみた。そこで調達したものは上記の通り。なにを調達しとるねんというツッコミは一切受け付けないw

ちなみに査収物は以下のとおりで、カタログにあるサークル名を記載。

「小宮さん」(イ14: 雉子の巣)

「長編上等ガイドブック」(ケ37: R.B.SELECTION)

にごりえ。」(ス16: チェンジリング)

「いばら道 Vol.2 早稲女x文豪」(ソ17: 早稲女同盟)

男根供養」(ソ18: こじらせ女子部)

風狂通信 Vol.3」(チ09: 風狂殺人倶楽部)

「ドストエフスキーの日参加レポ」(ツ50: キリーロフの犬)

[]この広告は卑怯すぎるわw (翔んで埼玉) 20:13 この広告は卑怯すぎるわw (翔んで埼玉)を含むブックマーク

f:id:SY1698:20160501200845j:image

http://shintokorozawa.parco.jp/spage2/event/4870/

最近、話題沸騰中の「翔んで埼玉」なんだが (まさか職場でもネタになるとは思ってなかった) これを宣伝に使う新所沢パルコは卑怯すぎでしょw 草しか生えない それも1980年代の代表的大型店である新所沢という微妙な選択がまたようこんなところを選んだなとしか

→ 実は埼玉県人の茨城県人に対する二重差別というエグい構図が

[]セゾングループ解体の根源が向こうに 20:26 セゾングループ解体の根源が向こうにを含むブックマーク

f:id:SY1698:20160501154136j:image

インターコンチネンタル東京ベイが見えるよ これが「てつ」なのも上武鉄道からその末裔たる西洋環境開発の解体 (このあたりは当時の雑誌記事を拾えばだいたいはわかります) の端緒となった案件ですしのう むしろ兄弟間の不和が「良品企画」と「ファミマ」を産み、その裏返しがこのインターコンチとサホロという罠 (ただし上武鉄道の清算がこうしたものと関連しているかはまだわからない)

2016-04-28

[]今日のぼくの気分 22:36 今日のぼくの気分を含むブックマーク

f:id:SY1698:20151024030829j:image

週明けの立ち上がりは不調で、さらに仕事も色々面倒な事案もあったのだが、不安要素について報告しておいたらまさか今朝の打ち合わせでそれを解消してくれるとは思わなかった。これでだいぶ肩の荷もおりたのだが、それ以外の積み残しもなんとか片付き、さらに疲れたから帰るかと思ったら、自分より先に出たはずの方々と遭遇するとは思わず、クッソ焦ったw まあそれはさておき、無事に連休を迎えられそうで非常に気分がいい。さあ、仕事のことはとりあえず忘れることとするかね

[]鍼を打つことにした 22:43 鍼を打つことにしたを含むブックマーク

先週から腰の調子がまた悪くなり、鎮痛剤に頼ろうにも残弾数も減ってきたので、ここは鍼を試してみることにした。スマホやPC操作で姿勢が悪くなりがちなのが原因なのかもしれないが、今年は激務が続きそうなので予防保全をすることにした。どの程度効果があるかわからないが、無理がきくお年頃ではないのだ。

それにしても、こういうことを気づかせてくれるひとの存在はありがたい。心身ともに頑健ではないからなのだが。その中で考えていけばそれなりに回答も見えてくる。

2016-04-26

[]今週のぼくの気分 01:06 今週のぼくの気分を含むブックマーク

f:id:SY1698:20160424231026p:image

これ以外にあるか!(; ゚д゚)

[]「意識の低い人材の存在を前提とした」組織運営 01:06 「意識の低い人材の存在を前提とした」組織運営を含むブックマーク

http://sura-taro.hatenablog.com/entry/2016/04/26/184059

前にもTLで流れてきた気がするんだが、本当の組織論ってこれでしょ。

「意識の低い」という言い方はアレだが、一流の人材を抱えて仕事ができる部署はまだましなほうで、実際のところはそんな俗塵にまみれた人材を抱えて目先の仕事を回さなければならないのだ。このあたりの話は泥くさくて本にならんわw

そもそも、大陸で泥舟に乗ったらほんとこんな毎日で、有望な人材は逃げる、人は増やしてくれないという地獄変。自分も逃げるw というのは冗談だが、二流どころか三流、四流でさえも逃げ出すようなところでは、とりあえず目の前にいる人材のうち、使えそうな目星のついた人間から徐々に戦力化せざるをえないのだが、これも自らの品格が問われるし、海外ではそんなものすらクソの役にも経たない。

こういうことはむしろ学生時代から経験しておくべきだ。意識の低い後輩をいかに釣って何かさせるとか、相姦図が作れるような泥沼な人間関係の中でいかにバランスをとって泳ぎきるだとか、クソすぎる経験を踏んでいないとこういうことはおそらく耐えられない