SY1698の日記 RSSフィード

2014-11-23

[]COMITTIA110 ち34b「中国貨車研究会」 17:45 COMITTIA110 ち34b「中国貨車研究会」を含むブックマーク

f:id:SY1698:20141115174130p:image

http://www.comitia.co.jp/history.html サークルリストも公開されました

最近は「貨車」よりもいろんな方向に軸足を移している中国貨車研究会ですが、今回は「錦州の葦パルプ」と銘打って、葦を原料とした製紙工場専用線訪問記を新刊とします。それ以外にも、景気の悪い鉄道会社の話「鉄道会社財務諸表」や、鉄道同人誌の常識を覆す表紙の「中国貨車入門」など既刊も持っていきます。サークルカットは例のあれ

2014-11-22

[]明日の準備がまだできてません 23:10 明日の準備がまだできてませんを含むブックマーク

午後は車で買物など色々回らされていたので、子供がやっと寝付いてからが本番ですw とりあえず明日は「錦州の葦パルプ」「鉄道会社財務諸表」を中心に、既刊も含めて持っていきます。しかし「一次創作」であることにはちがいないが、相変わらず場違いなのは仕様ですのでご勘弁を

[]「炎上商法」二件 (やるならもっとうまくやれ) 23:10 「炎上商法」二件 (やるならもっとうまくやれ)を含むブックマーク

http://netgeek.biz/archives/25581

灘高〜SFCという経歴でビンゴやん それにしてもつまんねえことしやがんなと思ったら当人が速攻でゲロったというどうしようもねえオチで。もっとうまくやれやとしか言いようのないしょぼさがあかんなあ まあ「意識の高い」若者枠として取り上げられるのがどこまであかんかという好例ではあろう (ひどい)

あと、今日は土曜日だからむりだが、週明けになれば法人検索してみればいいよ たぶん豪の者がさっそく履歴事項証明書とるやろなぁw 600円のお布施払えば*1履歴事項全部証明取れるし、存在不存在の確認なら検索画面だけでもできる。でも本当のお楽しみはここからだという方もいるので世の中は恐ろしいのだよw

【補注】

http://netgeek.biz/archives/25607登記の可能性ががが


もういっちょう。

http://togetter.com/li/746961http://togetter.com/li/746952

どうしてコッパゲというのは炎上商法が得意なんだというわけで (例: 武雄市の例のアレ)、今回は普通なら作家人生にとどめを刺されてもおかしくない案件なのだが、どこまで逃げきれるか。これ以上ヘタ打てばNHK経営委員辞任不可避レベルの炎上ぶりですからなあ。

http://www.asahi.com/articles/ASGCP5X2XGCPUTIL05T.html

今年1月に亡くなったタレントで歌手のやしきたかじんさんの闘病生活を書いた、作家の百田尚樹氏の著作「殉愛」の記述で名誉を傷つけられたとして、たかじんさんの長女(41)が21日、発行元の幻冬舎に発行差し止めと1100万円の損害賠償を求める訴訟を、東京地裁に起こした。長女の代理人が明らかにした。「殉愛」は今月7日に発売。たかじんさんの妻の話などに基づいて書かれたノンフィクション。長女側は訴状で、たかじんさんが食道がんだと知った長女が「自業自得やな」とのメールを送ったとする記述や、たびたび金の無心をしていたかのように書かれた部分などは虚偽だと主張。「1人の遺族の話を根拠に、他の親族の取材をせずに一方的に攻撃するもの」としている。

幻冬舎は「担当者がいないのでコメントできない」としている。

「担当者がいねえ」じゃねえだろ「訴状が届いていないのでコメントできない」とでも言えや その担当者速攻で斬首したんかい*2

*1:オンライン申請だと480円に割引だよ

*2:斬首してたとしても言い逃れできるレベルの案件ではなさそうだが

2014-11-21

[]「少女歌劇満洲」延長線の「大連五月祭01:19 「少女歌劇と満洲」延長線の「大連の五月祭」を含むブックマーク

f:id:SY1698:20141121011610j:image

(『満州日報』1930.05.17)

「少女歌劇満洲 松竹歌劇団満洲」の延長線上にある (丁度満洲公演時期に「五月祭」が開催されたから) 本調査だが、やっと草稿をまとめることができた。要は欧州の「五月祭」を換骨奪胎した「体育祭」。資料調査は終わり、下地処理は行っていたのだが、どのようにまとめようかと苦吟した結果、付け足しで書こうと思ったことは蛇足に過ぎるとばっさり削ってしまった。本当は「あなたの娘さんの動作は明朗か」というくだりまで援用して色々書きたかったのだが、それはむしろ創作方面に突っ込んだほうが自然なような気がしてやめた

f:id:SY1698:20141121011611j:image

(『満洲日日新聞』1938.05.05)

2014-11-16

[]不毛な週末というべきなのか 21:33 不毛な週末というべきなのかを含むブックマーク

週末は特に予定も入れず、買物と子供の世話に同行する程度だったのだが、さすがにこういう週末というのは一気に脱力感が襲ってくる。子供が暴れまわるのでそれを引きずり倒す覚悟でなければ外には出られず、帰ればあとはおとなしく寝てくれるかどうかというそれ以外に考えることもなく、むしろ土日のほうが煙草の本数も増える。明日から仕事なのかという感覚すらない

[]「まんが極道」の地獄道21:33 「まんが極道」の地獄道。を含むブックマーク

唐沢俊一検証blogここで言及していたが「まんが極道」は平野耕太氏のこのつぶやきに尽きるんじゃないだろうかw 「実際にどこかで聞いたことのあるような」じゃなくて「事実」をデフォルメしているだけに*1ある意味救いがないというか。その事実を知った瞬間におやだれかきたようだ

[]「友好商社」をやらないか(4) 23:19 「友好商社」をやらないか(4)を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20140815 の続き。

二ヶ月ぶりに取り組む「日中貿易史」。今まで叩き込んだ事実関係を基に少し書き進めてみたが、二頁も持たずに暫停w ただし今気づいたのだが、とある会社の設立年は上海宝山計画が具現化する前だったことを知り (劉志宏論文では1977年の訪日調査団が上海宝山計画の発端という)、どうやってその情報を読み切ったのかという謎が更に深まる。設立趣意書なんて内部文書だからまちがいなく表に出ないにしろ、法人登記の年度は動かない。

あと「岐阜市史」にある日中不再戦碑文交換も、そもそもの発端は創業者帰国前ではないかと考えると、碑文交換に関与した件など含めてなかなか深いものがある。深きものどもにみそめられたようなそんな泥沼が山積みとか勘弁してくれw

*1:それも身近な人間をモデルにした回とか...

2014-11-15

[]「世外今是」の実在性と「甥出生後」の沈黙。 00:54 「世外今是」の実在性と「甥出生後」の沈黙。を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20131015/

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20141108 の続き。

http://www.tobunken.com/news/news20130120081332.html

今回の公演が、前回の『(株)世外今是』主宰でないことを不審がる人もいると思うが、前回、株式会社の会計方式に合わせてください、と言ってきた向こうの会計士の人に、終ったあと、支払いがドンブリであるとメチャクチャに怒られた。

登記ねっとというものがあって、平日0830〜2100までという時間制限付きだが法人登記の実在性を調べるには「かんたん証明書請求」から法人名を探る手法が存在する。別に法人所在を探るだけなら金はかからない。法人所在以外の部分は、じつは少し調べてみたのだが「察し」ということで。「母の室の存在そのものが、実は最大の担保」だったということで。

http://www.tobunken.com/news/news20121115081011.html

公演のおまけトークショーについて電話で打ち合わせ。なをき夫妻の出産におめでとうございますを言われ、もちろんありがとうは言うものの、不思議な感覚。

それはそうと、唐沢なをき・よしこ夫妻のお子さんはもう二歳となったようで。そんなに経っていたのかと (自分もここ二、三年頭のなかの時間感覚がおかしくなっている)。さらに「母の室」の中の人も初孫誕生の報を受けて速攻で面会しているにもかかわらず、実の兄のそっけない態度が気になる。この一文以外に弟夫婦の出生について言及したものがないのがまず感じた違和感。もっとも「老後後」シリーズであれだけネタにされているということは (察し

【爾後更新】 検索しましたw

株式会社オノプロダクション 渋谷区宇田川町6番11-413号

株式会社世外今是 福岡市中央区荒戸二丁目2番42-1202号

前者は休眠会社のまま放置プレーの可能性大 (「カラサワ企画」では見つからなかったので、おそらくオノプロのままで活動をしてそのまま解散公告も出さず休眠か)、後者は創業後そのまま死亡かあるいは斬首されたか

[]相変わらず「これはひどい01:09 相変わらず「これはひどい」を含むブックマーク

最近書くネタがどうも先鋭化しすぎたようでいかんw

なにしろここ3〜4年で「調べ方」をいろいろ覚えたもので、それを応用するとろくな手法ばかり思いつかんのである。そのうち表に出せそうなものだけどこかでまとめるようにはするが、こんなヨゴレなことばかりやっていてはいかんなあ。これを「趣味」といいつのるようではあまりにもあかんので、ここは @Kojimamo さんの「#ドボちん」ワールドにはまったほうが健全なのかもしれんw