SY1698の日記 RSSフィード

2015-02-01

[]COMITIA111 (に15a) の新刊は「創作短篇集」です 21:47 COMITIA111 (に15a) の新刊は「創作短篇集」ですを含むブックマーク

f:id:SY1698:20141229003632j:image

前にも書きましたがいまさらながら宣伝までに。

http://www.comitia.co.jp/history/111list.html

第111回コミティアの新刊は、従来とは趣を変えた短編創作集となります。大連などを舞台とした作品三篇「満洲女学生気質」「関東州を覆う影」「漠河埠頭にて」+「歴史探訪」(実地調査) で 32p. 400円の予定です。

[]委託販売の宣伝です 00:10 委託販売の宣伝ですを含むブックマーク

f:id:SY1698:20140511212633j:image:h240f:id:SY1698:20140802210807j:image:h240

鉄道会社財務諸表大井川鉄道債務超過を回避した謎の会計処理に迫る鉄道同人誌きっての問題作、「錦州の葦パルプ遼寧省に残る葦を原料とした製紙工場専用線のおはなし、この二冊が2014年に刊行したものでした。今回は扱い店舗を若干広げてみましたが、かなりわかりづらくなっているので表に纏めてみました。なお、各店とも通販ございますので、遠隔地の方はご利用下さい *1 詳細はこちらにも書いておりますが。

委託先論叢1論叢2論叢3入 門前 進財 務葦 パ
グランデ
ブックタワー
-
-
-
東方書店
-
COMIC ZIN
-
-
-
-
-
旭屋なんば
-
-
-
-
-
-

旭屋書店なんばCITY店の扱いは 2015.1/31までとなります

*1:いや当方も手持僅少なものがございまして...。

2015-01-31

[]「鉄壁の財務体質」北越急行 (3) 15:26 「鉄壁の財務体質」北越急行 (3)を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20150118 のつづき。

「線路のない時刻表新潮社 (1986)

北越北線工事誌」鉄建公団東京支社/関東支社 (1998)

ほくほく線の十年」北越急行 (2008)

例のものを書くにあたって (また現地指導を行う前に)、歴史的背景を知らなければ書けるはずもないのでNDLに行き軽く見てきた。宮脇俊三氏はかつてあの「鍋立山トンネル」の現場にも入っていたとは驚きだ。この工事が完成したのは取材当時から15年を経た1995年...

「鉄骨の支柱が内側に歪んでいる。ガサっと泥岩が欠けて落ちて、足もとにころがってくる。山が動いているのであろう。気持のいいものではない」*1

また、新潟県第三セクター鉄道設立には当時消極的だったのは事実だが、道路も整備された平野部と、一度積雪に覆われれば大迂回を強いられる山間部とは鉄道路線への渇望度合いも異なろう。それが沿線17自治体を結束させ、田中角栄の力をもって「第三セクター方式しかない」と言わせしめた原動力でもあろう。

通史は「ほくほく線の十年」が詳しく、工事内容については「北越北線工事誌」が詳しい。なにしろ800頁の約10%を「鍋立山トンネル」に費やしているのだから。

f:id:SY1698:20150131151640j:image

写真のミニベンチ工法でさえもこの始末だったという。

変更当初はショートベンチ工法での変位量の1/3〜1/2であったものの、33km225m〜240m間で上半切羽の押出し、核部の崩壊、支保工の座屈等により、掘削断面の縮小に至る大変状となった。この時の最大土圧は135tf/屬魑録している」*2

あと総工費であるが、内訳が前掲書(p.9)にある。AB線 102,603百万円 (うちずい道費 60,839百万円)、高規格 25,460百万円。詳細はもう少し検証する必要があるが、第13期決算で実施した圧縮記帳額にほぼ見合う。

[]「寿都町史」に見る寿都鉄道 15:47 「寿都町史」に見る寿都鉄道を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20150126 のつづき

寿都町史」(寿都町, 1987) に見る寿都鉄道の記述は断片的ではあるが、同社の経営が戦後一貫して危機的水準にあったことを伝える。「各駅貨物発着調」(p.140) では、1953年度の寿都駅からの発送が24,770t (一日あたり67t=ワム車換算4〜5両/日)、「各駅乗降客調」(p.141)では、乗降客平均が寿都駅で238人/日。こういう状況で鉄道を維持できようはずもない。

さらに「昭和43年度」の項目には

また、この議会で協議の結果、寿都鉄道対策のために、特別委員会を設けることとなった。寿都鉄道は、町の損失補償*3によって運転資金を借り入れて以来、事業をバス、ハイヤー、砕石コンクリート製造部門に絞り、人員整理、赤字鉄道の休業などにより体質改善に努めてきた。しかしいまだに新線建設着工に至らないため、議会では、今後更に寿鉄対策を検討する必要があるとして、特別委員会を設置することに、なったものと説明している。*4

*1:「白き湖底の町にて」『線路のない時刻表新潮社, p.45

*2:「北越北線工事誌」p.166

*3:「債務保証」の誤りであろう。ただし、町が一企業に債務保証するということがあるのか不明瞭。

*4:前掲書, p.308-309

2015-01-29

[]精度が落ちてはあかんやつや 22:32 精度が落ちてはあかんやつやを含むブックマーク

どうもここ最近は家庭にリソースを割かれるあまりに本業の精度が落ちているような気がしてならぬ。定型化はそういう事情で意図して実行したことなのだが、それは精度を担保してくれる人間がいてはじめて成立する部分であったことを考えた。本質的な部分に問題はないといえども、穴があればそれを突くのが常道なわけだしなぁ (以下略

[]はやく束の鯖が落ちぬうちに 22:32 はやく束の鯖が落ちぬうちにを含むブックマーク

現地指導の日程を固めてしまわねばならぬのだが、さてどの日にしたものか悩む

2015-01-26

[]寿都の末期 (分割承認連絡運賃) 22:10 寿都の末期 (分割承認連絡運賃)を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20131205 の続き

f:id:SY1698:20150127220628p:image

体調が崩れる前に公告を読んでいたが、変わった科目名が存在していることに気がついた。借入金よりも預り連絡運賃の増加が気になっていたが「分割承認連絡運賃」とかこれもろに踏み倒し会計の最たるもんやろ。そんな末期的な決算公告は1964年3月期が最後なのだが、色々やらかした形跡があることはわかった。とりあえず今日のところは暫停

[]体調不良により早退 22:10 体調不良により早退を含むブックマーク

朝から体の節々に痛みを覚えたがなんとか無理して会社に着いたら「こらあかん」状態で早退してきた。とりあえずFLUは陰性だったものの、体の節々が痛くては帰宅後もまったく身動き取れず (それでPC持って帰ったのはかなりの罰ゲームや) 夜半に熱が出てくればだいぶ楽になるはずだが、明日会社に行くのはあかんやつや

2015-01-22

[]今回の新刊は「創作短篇集」です 21:47 今回の新刊は「創作短篇集」ですを含むブックマーク

f:id:SY1698:20141229003632j:image

月曜日に再々入稿したばかりなのに水曜日に速攻で納品されました

第111回コミティアの新刊は、従来とは趣を変えた短編創作集となります。大連などを舞台とした作品三篇「満洲女学生気質」「関東州を覆う影」「漠河埠頭にて」+「歴史探訪」(実地調査) で 32p. 400円の予定です。ずいぶん毛色の変わった代物を作ったものですが、なんとなくこういうものも作ってみたくなっただけのことでそれ以外の意味はありません。一応「てつ」要素はせいぜい大連市電程度でしょうか。ちなみに歴史的背景については今まで調べてきた事象を下敷にしております。今年はほかにどんなの作るんでしょうねえ、我ながら

[]色々ありまして疲れてます 21:47 色々ありまして疲れてますを含むブックマーク

家庭の事情が主なものですが、それと並行しながら本業と、更にその間合いで細々とこんなことばかりやってますもので、それを自業自得というのですが、なんとか今日は乗り切りました。その代わり夕方から頭痛に悩まされ、ビール飲んだらもう酔い酔いです 今週もまだ一日あるのに