SY1698の日記 RSSフィード

2018-04-22

[]今月の「五共職場」 22:52 今月の「五共職場」を含むブックマーク

f:id:SY1698:20171021181621p:image

「規律ある民兵自由な国家の安全保障にとって必要であるから、国民が武器を保持する権利は侵してはならない」(合衆国憲法修正第2条)

というブツを流したくなる段階でヤバいw つーか土日にPC持ち帰って仕事してるとかおかしいだろ 24時間働きたくねーよ PCすら開けるの怖いんですけど

2018-04-01

[]花の散るのは一瞬ではあるが 00:59 花の散るのは一瞬ではあるがを含むブックマーク

f:id:SY1698:20180328063002j:image

f:id:SY1698:20180331085208j:image

f:id:SY1698:20180331090945j:image

f:id:SY1698:20180331104051j:image

今年の開花は早かったが、今週末で復刻塗色編成の運用が別路線に異動するので早めに撮りに行ってきた。ただし土曜日は昼寝運用なので実際はいつもの「黄色い電機」中心の撮影で、最後は紫花菜と絡めて。週末は適当にすごしておしまい

2018-03-25

[]文学フリマ前橋(2)エ25におります 00:24 文学フリマ前橋(2)エ25におりますを含むブックマーク

文学フリマ」参加時に相変わらずふざけたこの名義でやっているわけですが (中国貨車研究会歴史文芸部) とりあえず色々手持ちのものを持っていきます。例の「聖地巡礼」の場所に近いしね、といっても誰も通じなさそうだ。「短編創作」と例によって例のごとくの「財務諸表」本とか適当にもってきます

https://c.bunfree.net/c/maebashi02

2018-03-21

[]日々の会話が重要です 00:44 日々の会話が重要ですを含むブックマーク

f:id:SY1698:20171021181629p:image

日々あまりにも殺伐した五共画像しか投げてないのでたまにはコバトン同志の画像でも貼っておく。更新遅滞なのは察して。なにしろ毎日の日常が五共職場なものだから

となりで山のような書類を抱えて仕事をしている同僚が忙しいのは見ればわかるし、だからと言ってこちらも手伝いようもないのだけど、その中でとりとめのない話などすると気も紛れるし、またその中でどういうところに問題があって (これは自分もそうだが) どこがボトルネックとなっているかを共有できるのは大きい。とはいえ、自分もじわじわとケツを叩かれているような部分はあるのだけど。

「先輩なんですから」と言われてああそうだったのかと気づいたのだけども、思えば自分がまともに敬意を払って先輩扱いされたことなど人生の中でほとんどなかったので非常に新鮮な思いがしたし、たまにこういうことを言われるとなかなかうれしいものだなと

[]「五共職場」の日常 00:44 「五共職場」の日常を含むブックマーク

f:id:SY1698:20170406003113j:image

これもんだものw 「平均残業時間が80時間突破して産業医に呼び出されるよ!やったねたえちゃん!」いや全員が「こわれつつ」あるので、21時以降の職場での会話が良心回路こわれまくりのひでえ会話になっており、ある時は口のきき方を知らないのに「お前を殺して流してやる」に近いことを言ってもまだ聞かねえから「西氷庫」をいつか実践しかねない自分がいてヤバい

f:id:SY1698:20161020212303j:image

2018-02-14

[]難撮度は他線を上回る 22:35 難撮度は他線を上回るを含むブックマーク

f:id:SY1698:20160520073829j:image

f:id:SY1698:20180214222545j:image

f:id:SY1698:20180214091417j:image

なんでこんなに撮りづらいのかと考えてみたら元々編成数が少ないうえに、所属路線での運用が反対側につくことが多いし、一回取り損ねたら2〜4時間は戻ってこないばかりか昼寝することもあるからだったのだ。運しかない

[]河田町は夢の跡 23:25 河田町は夢の跡を含むブックマーク

f:id:SY1698:20180214151613j:image

f:id:SY1698:20180214151733j:image

ずっと昔に東京女子医大に通っていたことがあり、久々にこの界隈を歩いてみることにしたのだが「レストランふじ」は去年の暮れに店を閉めていたとは知らなかった。何年も前に会社帰りに立ち寄って、そのときはハンバーグサンドを食べて帰ったのだが、いつか来ようと思っていたらその次を果たすことはできなかった。


f:id:SY1698:20180214152352j:image

フジテレビの跡地は再開発されて跡形もないが、今でもこんなものが残っている。都営新宿線開業後の1978年前後に作られたものだろうか。