SY1698の日記 RSSフィード

2014-10-29

[]この意味がわかったらあたまおかしいでしょ 22:51 この意味がわかったらあたまおかしいでしょを含むブックマーク

http://rasu.dojin.com/rasulist/lrwc/lrwc-wiki/index.php?%BB%F6%B7%EF

http://seikei.co.jp/news/disp.php?ID=710&q=

http://seikei.co.jp/news/disp.php?ID=514&q=

登記・供託オンライン申請システムを営業時間内に使用していろいろ検索してみた結果、それなりに面白いものが拾えたのだが、帰宅後それに関連するものをいろいろググってみたら「察し」という情報が出てきた。ググレカスせんせ さすがや。でもこれってやっぱり「てつ」絡みで扱えるような代物ではなさそうなのだが

[]なかなか複雑なものがある 22:59 なかなか複雑なものがあるを含むブックマーク

http://www.shosen.co.jp/genre/cat185/cat174_1/entry_3370/

時期的に給料日前で資金繰りがきつい時期なのだが、それにしてもいろいろ複雑なものがある。基本方針として滞留在庫はすべて吐き出すという方針なのだろうかと。別の見方をすれば、在庫引当を過年度に行っていたとすれば何ら問題はないわけではあるが、その時代の在庫 (負の遺産という認識なのかは知らぬが) はもはや版元では一切持たないということか。まあ、資料そのものを閲覧・複写するというだけなら「NDL」一択なのだが

2014-10-27

[][]「機帆船」徴用の暗黒史とは。 23:20 「機帆船」徴用の暗黒史とは。を含むブックマーク

http://www.47news.jp/47topics/e/258477.php

皇后陛下 宮内記者会の質問に回答記事より抜粋

まだ若い東宮妃であった頃、当時の東宮大夫から、著者が私にも目を通して欲しいと送って来られたという一冊の本を見せられました。長くシベリア抑留されていた人の歌集で、中でも、帰国への期待をつのらせる中、今年も 早蕨 (さわらび) が 羊歯 (シダ) になって春が過ぎていくという一首が特に悲しく、この時以来、抑留者や外地で終戦を迎えた開拓民のこと、その人たちの引き揚げ後も続いた苦労等に、心を向けるようになりました。

最近新聞で、自らもハバロフスク抑留生活を送った人が、十余年を費やしてシベリア抑留中の死者の名前、死亡場所等、出来る限り正確な名簿を作り終えて亡くなった記事を読み、心を打たれました。戦争を経験した人や遺族それぞれの上に、長い戦後の日々があったことを改めて思います。

第二次大戦では、島々を含む日本本土でも百万に近い人が亡くなりました。又、信じられない数の民間の船が徴用され、六万に及ぶ民間人の船員が、軍人や軍属、物資を運ぶ途上で船を沈められ亡くなっていることを、昭和四十六年に観音崎で行われた慰霊祭で知り、その後陛下とご一緒に何度かその場所を訪ねました。戦後七〇年の来年は、大勢の人たちの戦中戦後に思いを致す年になろうと思います。

海運・港湾関係の社史を見るとだいたい「徴用」の末に物故したという話が多く東洋埠頭社友会編「社友たちの戦後50年」1995にもそういう話が出てくる。「ええ金儲けの話がありまっせ」と騙されて軍属にされたらボコボコ船は沈むわ、という有様で、戦後どないしようかと思ったら東洋埠頭 (日満倉庫) が拾ってくれたというエピソードは強烈である。あるいは日塩「日塩五十年史」のように、大陸から戎克で決死の塩輸送とか狂気の沙汰も極まれりということまでやってのけた話まであるわけで、こういう形でも言及せねば死んでも浮かばれまい (軍属だからまた遺族年金等の扱いで不利を受けたという話もよう聞きますわね) 「死んでも許さじ」というのなら、船会社「うちの子を返して(´;ω;`)」 戦時徴用された民間船舶の戦時補償の深すぎる闇 で紹介されたように

「戦時補償に対する課税率100%」というゲスさの極み

「戦時補償特別措置法」があって、特にNYKは横浜にある記念館が怨嗟の塊という。

【おすすめ】

艦これ」なんて目じゃないぜ @Kojimamo さんの「ドボク鎮守府

http://togetter.com/id/Kojimamo

徴用船とは関係ないが「ぼくは八路軍の少年兵だった」「十三歳の関東軍少年兵」も必読。

増補版 13歳の関東軍兵士

増補版 13歳の関東軍兵士

僕は八路軍の少年兵だった

僕は八路軍の少年兵だった

[]「日満港湾史」の謎ひとつ。羅津港開港式典 23:55 「日満港湾史」の謎ひとつ。羅津港開港式典を含むブックマーク

今更ながらで恐縮だが。

「機帆船」の話に踏み込むようになったのは、ひとつは「満州港湾整備史」をまとめる段階で、東洋埠頭社史を紐解く必要がでたため (大連甘井子埠頭建設所長、羅津港建設所長を歴任した桑原利英は満鉄から日満倉庫へ転じている)、あとは「復州湾の塩」関連で、日塩五十年史を閲覧したことがきっかけである。特に前者は「葫蘆島築港方策」とか「柏原兵太郎文書」所蔵の「機帆船による北海道炭輸送」など誰がこんなん読むねんというような代物まで目を通してしまい、全く別の観点からこのあたりに辿りついた次第。それは2012年前後のエントリを参照願いたい。一職員の来歴から港湾整備史を敷衍しようという試みはあまりなかろうと思うのだが、よりによってそれをこんな「貨車本」の中に入れてしまったがゆえに、まあ目立たず終始しそうである

(注)「中国貨車論叢III」書泉グランデ東方書店においております: CM)

その中で、一件だけ解き明かせていないものがあるのでこれを機に紹介したい。

f:id:SY1698:20131013141741j:image

写真は、(満鉄羅津港建設所長)桑原利英氏が、皇族あるいは華族と思われる夫妻を前に説明を行っている構図である。この画像は氏の来歴調査の過程で親族よりもたらされたものだが、誰が臨席しているのか判読ができていない。皇族あるいは李王家かとも思ったがそうでもないようで、華族動静まで手を広げたら収拾がつかぬ、そもそも羅津港開港の公告自体が官報では事後公告ということもあって新聞記事もあまり見当たらないという状況で (羅津港概要に関する桑原利英氏公演は「土木学会誌」でも「諸般の事情により省略」とされている。軍用品扱いが主力だったためか) 、満洲国軍を中心とした戦前史に詳しい東條之人さんにも聞いてみたのだが、軍装の男性の階級が読み取れず判断がつかないとのことで、手付かずの状態であった。

一年以上も経過してしまい、何ら成果もないというのは申し訳ない限りです。

ここに本写真を公表して皆様のご意見を幅広くいただければと存じます。

2014-10-26

[]珍しく「休日」らしい一日。 22:18 珍しく「休日」らしい一日。を含むブックマーク

f:id:SY1698:20141026161822j:image

今日は車を走らせて公園で子供を日が暮れるまで遊ばせて、外食後買い物して帰投。だいたい最近はちょっとどこかに連れて行くだけでも億劫になり、さらに自宅周辺の道路は休みになると混むからさらに出かける気が失せるという悪循環だったのだが、とりあえず今度の土曜日の幼稚園願書提出の目処が立ったので、少し気が楽になった。

[]入稿処理への準備段階 (11/23の件) 22:18 入稿処理への準備段階 (11/23の件)を含むブックマーク

とりあえず送金手配は済ませたので明日か明後日の夜半には入稿処理を実行せねばなるまい。原稿自体は作ってはいたからあとは送信するだけなのだが、準備は早いに越したことはない。断ち切り位置などに問題がなければよいのだが、なかなかこういう作業は慣れず試行錯誤の繰り返しである

2014-10-25

[]今村一郎の最期 (追記) 20:04 今村一郎の最期 (追記)を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20130929 の続編。

若松車輌」「今村一郎」で検索すると弊blogが検索されるようになりましたが (「鉄道車両と財務諸表」もお求め下さいw) さらにこんなものを発掘した。

f:id:SY1698:20141025200157j:image

http://www.rotary-bunko.gr.jp/pdf/R-201211/049-01.pdf

(『ロータリー100年の歩み』p.16)

「個人的事由」=「倒産 (和議申請) ですな。

そら倒産直後にロータリークラブで司会を務める図太さがあったらたいしたものだが (債権者が討ちにいくやろw) まさかこの年内に決着した和議条件がのちのちとどめを刺すこととなるとは思わなかっただろう。

[]「関東三大セメント観音」を制覇しよう 22:14 「関東三大セメント観音」を制覇しようを含むブックマーク

高崎観音」「大船観音」は過去に回ったことがありさてもうひとつはどこやろかと頭を抱えておったのだが (「牛久観音」は青銅だし「大谷観音」は大谷石)、ついったでの雑談の中で「韮崎平和観音」の存在を知った

http://www.mapbinder.com/Map/Japan/Information/Kanto3Kamnon.html

http://y-rinj.net/229_heiwa.htm

おおこれは見事な「セメント観音」

「関東三観音」というのは「セメント」を省略した言葉だったんだな― ( ゚д゚)ポカーン

【補記】

http://kurosuke969696.web.fc2.com/2000-177gokokudaikannnonn.htm

秩父市の「大淵寺護国大観音」もまごうことなき「セメント観音」なので、これも含めれば「関東セメント四観音」というべきなのかもしれない ただしどえらくアクセスが悪そうなのでやはりさっきの「三大観音」でええのかもしれん

[]「併願禁止カルテル」とか言わないが 23:11 「併願禁止カルテル」とか言わないがを含むブックマーク

公立園がない我が市では私立園のどこかを受けなあかんのだが、どこか入れる場所を探すのが精一杯で、枠の多い場所を狙わないとあかん。何しろ願書提出日が統一なので併願すらできやしねえ。高校受験の集中日 (2/18) とか、株主総会の集中日 (6月最終週) とはいわないけどね。まあ、未就学児体験コースに入ってもあまり優遇の受けられそうにない園の話を聞くと、間口の広い場所に流れるのは必然だと思うのだが。願書代だけは横並びでないのは笑うが。今日行ったところは100円で販促品かしらんがキンダーブックまでついてきたものの入学費用からはじまって意外に金がかかるもんだな

2014-10-24

[]消えた会社概要「銚子電鉄00:36 消えた会社概要「銚子電鉄」を含むブックマーク

f:id:SY1698:20141004201035j:image

http://d.hatena.ne.jp/katamachi/20130202/p1 ← ご参考

銚子電気鉄道の問題は、そもそも京成電鉄 (千葉交通) が内野屋工務店株式を売却したところから話が始まっている。もともと同社は資本金400百万円しかなく、そのままでは「解散不可避」*1だったのだが、内野屋工務店が買収時に増資。ただし親会社は1998年に破産、ところが内山健冶郎はそのまま社長に居座り続けて2003〜2006年に資金を横領というところからさらなる迷走が続く。

当然、業務上横領で逮捕されて、内野屋出身の小川文雄が社長に収まるのだが、この時期は補助金停止+金融機関融資凍結すなわち「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです」状態に至った。もっとも2005年8月の段階で、資本金を129,100千円から69,100千円に減資して欠損填補に充てている。

f:id:SY1698:20140705001119j:image

2007年に千葉県の主導により、税理士の竹本勝紀が取締役に入るが、もはやこの段階に至ると「本業:菓子製造業」化していることはかつて公告されていた財務諸表からも裏付けられている。2012年12月に小川文雄から竹本勝紀に社長が交代しているのだが、これは「自主再建断念前」の2012年3月期決算が影響しているのではないか。たしかに東日本大震災の影響で収益が悪化したのは事実だが、それだけでは説明できない。もっとはっきり書こう。

f:id:SY1698:20141025010631j:image

固定資産売却益80百万円とは何か。

それに相当する固定資産増減ならびに現預金増減は見られない。だからこその社長交代ではないのか。おそらくそれが「自主再建断念」発表の条件だったのではないのか。また、わたしがこの財務諸表の中身を「ふしぎやなー」とニラニラしながら眺めておったすきに

http://peace.2ch.net/test/read.cgi/rail/1400064834/246

245 :名無し野電車区:246 :名無し野電車区:2014/10/16(木) 05:07:36.40 ID:/IAolW/e0

今日からサーバーが変わったのか、外部制作になったのか

HPがまるっきり変わった。

f:id:SY1698:20141019001248j:image

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/20141018 で指摘した通り「会社概要」が消滅していたのは何を意味するのだろうかw ちなみにこの会社概要、ホームページから直接リンクしてなくてググってはじめて出てくるという代物だった。魚拓こそ取っていないが、三期分の財務諸表は手許にある。それにしても、銚子電気鉄道の場合は前社長と労組が未だ過半数の株式を抑えているという非常に微妙な状態が続いているという。それが「きな臭さ」を周囲に撒き散らす原因ではあるがゆえに、再建を難しくしているという側面がある。

京成電鉄回りには因果な会社しかないという法則。

【補足1】

2013年3月期の賠償金収入 49,152千円は「福島第1原子力発電所事故による(引用者注: 東京電力からの)風評被害への賠償金」とのこと。

http://www.city.choshi.chiba.jp/simin/LifeEvent/files/2013-0520-0854.pdf

(「銚子電気鉄道運行維持対策協議会 設立会議 概要」p.3)

【補足2】

元社長の持株については無償譲渡・償却の方向で決着が付いた模様。ただし、具体的な時期は示されていない。さらには2014年3月期の決算公告を見ないことには判断ができないのだが。減資公告出してないよね。

小川前社長名義となっている株式 65,000 株については、経営責任として会社の自己株式にすると理解してよいか?この株式自己株式化した後は減資するのか?

この 65,000 株は、不正借入問題に関する示談を平成 17 年に内山元社長と締結した際、内山元社長が実質的に保有していた当該株式を会社に譲渡することとなった経緯がある。これまでは小川前社長がこの株式の所有権を主張していたが、今回、経営責任として所有権を放棄することの合意が得られた。自己株式化することには減資の効果がある。今後、消却又は販売することとしたい。

http://www.city.choshi.chiba.jp/simin/LifeEvent/files/2014-0320-0950.pdf

(「第3回銚子電気鉄道運行維持対策協議会概要」p.3)

*1:当時存在した最低資本金制度のため。