Stiffmuscleの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-07

元日本人慰安婦の回顧録:「オンナには地獄だった」−城田すず子さんのこと


Memoir of comfort woman tells of 'hell for women' (AP via China Daily - 2007-07-06 10:52) 元記事

http://www.chinadaily.com.cn/world/2007-07/06/content_911759.htm

元日本人慰安婦の回顧録:「オンナには地獄だった」

(以下の内容は、元記事にもとづいてStiffmuscleが編集したものです)


日本、館山。丘の上に立つ小さな教会、ふもとには様々な理由から自立が不可能になった女性のための居住施設「かにた婦人の村」がある。天羽道子シスターの後に従い、その教会の地下室へ降りて行った。 


f:id:Stiffmuscle:20070707125603j:image:right

幾年にもわたり、幾十人もの女性がここ「かにた婦人の村」で晩年を過ごしてきた。女性たちの遺灰は質素な祭壇の下にある石碑の後ろで眠っている。天羽さんは一枚の白黒写真を納骨堂の壁から降ろし、祭壇の上に置いて、ろうそくに火を灯した。


写真の中の女性は、少女のようなおかっぱ頭で、にこやかに微笑んでいる。彼女の名前は、城田すず子(仮名)さん。


17歳で実父に売られ売春をさせられた城田さんは、第二次世界大戦中ずっと旧日本軍に付き従って太平洋のあちらこちらを回った。日本の降伏後、帰国した城田さんは、占領米軍を客に取らされた。薬物中毒になり、困窮の末、何十年もここの施設に入所していた。


歴史学者は彼女のような日本人女性は数万人はいただろうと考えているが、名乗り出て自分の体験を話した日本人「慰安婦」は城田さんだけである。


城田さんは、1935年、14歳のときに母親がなくなるまでは、それなりに平穏な生活を送っていた。家業のパン屋が倒産し、父親は博打に走った。父親は借金の肩に、城田さんを売春宿に売り飛ばした。当初は、年上の女性たちの着付けや化粧を手伝っていたが、18歳のときに、客を取るよう命じられた。閉じ込められた部屋で、強姦された城田さんは、何日間か床に伏し、その後、梅毒の治療を受けた。一方、父親は博打をやめず、売春宿から借金を重ねた。横浜のブローカーが城田さんを台湾の売春宿に売り飛ばした。城田さんの回想録によれば、台湾へ行く船には、朝鮮沖縄、日本の女性が乗船していたが、この女性たちは厳しく監視されたという。


台湾で、城田さんは売春宿の中に閉じ込められていた。経営者は民間人だったが、売春宿は旧日本軍専用で、女性が逃げ出さないように厳重に監視していたのも軍当局であった。売春宿から外出するには書類が必要で、警察が彼女の行動を監視していた。

「私は名実共に奴隷になりました。土曜日や日曜日には、いつも列ができ、男たちは中に入ろうと先を争っていました。まさに肉体市場です。思いも感情もありません。一人当たり、10〜15人の客を取らされました。」と城田さんは、彼女のあまり知られていない回顧録「マリアの讃歌」に書いている。


この後、城田さんは、何とかこの奴隷状態を抜け出し、帰国するが、一家は離散した。頼る先もない城田さんは、お金を借りてサイパンに渡り、その後、トラック島、パラオ島と渡り歩いた末、慰安所の帳簿係として働くことになる。

爆撃による死地を脱し、終戦後に帰国した城田さんだが、新しい生きる術はなかった。街から街を渡り歩いていく生活のなかでメタンフェタミン(ヒロポン)中毒になってしまう。博多に移った城田さんだが、ここでも仕事はなく、結局、占領米軍が頻繁に利用する売春宿で働くことになる。

城田さんは、売春婦に群がるアメリカ兵のことを「戦争のようでした。私にとっては全く新しい世界でした」と書いている。ある米兵と暮らし始めた城田さんは、未来への希望を持ち始めたが、米兵は彼女を捨てた。城田さんは自殺を図った。母親の墓参りのときに、姉妹が自殺したことを知った。


城田さんは1971年に日本基督教出版局(1985年には、かにた出版部)から回想録『マリアの讃歌』を世に出す。しかし、この本は絶版になって久しく、出版元にも残っていない。

城田さんは、「かにた婦人の村」で20年近く暮らし、1993年に亡くなった。「慰安婦」たちの悲劇が、国際問題となった直後であった。


同僚の慰安婦たちの悲鳴が夢に出てきて、うなされると、城田さんは1984年に、「かにた婦人の家」の深津文雄牧師への手紙に書いている。


「終戦から40年になりますが、日本のどこからも声が起こってきていません。兵士や一般国民の記念碑は数あるのに、中国、東南アジア、南太平洋、アリューシャン列島でセックスを強要され、好き勝手に弄ばれた挙句、捨てられて、凍てつくような寒さの中を彷徨ったり、犬や狼の餌食になった女性たちの記念碑はありません。

軍隊が進攻したところには必ず慰安所がありました。・・・・兵隊さんは列を作って並んでいるし、次の兵隊さんが来る前に自分の性器を綺麗にする暇もありませんでした。私たちは死ぬほどの痛みを感じていたのに。兵隊さんを何度絞め殺してやろうと思ったことか。頭がおかしくなりそうでした。・・・・わたしたちが死んだら、ジャングルに穴掘って、そこに放り込んでおしまいです。もちろん、家族への通知なんてありません。わたしは、この目で見たんです、オンナにとってはこの世の地獄を。」

この城田さんの想いを知った深津牧師は、慰安婦たちの記念碑を建てた。最初は木の記念碑だったが、後に石の記念碑を建てることができた。


天羽シスターは、終戦記念日に、記念碑を訪れ、集いを開く。城田さんの死を看取った人でもある天羽シスターは、こう言った。


「名乗り出て国に恥をかかせるな!という無言の圧力があるのです。だから誰も名乗り出ていないのです。ですが、城田さんは自分の体験を語った最初の元日本人慰安婦です。彼女の体験が証拠なのです、日本政府にたいする異議申し立てなのです。」


「マリアの讃歌」 城田すず子者 (『バルーシア』HPより)

https://www.wesleyan.ac.jp/~yamashiro/yamashiro/txt/maria/2.htm



【関連記事・ブログ】

Activist: Japanese former 'comfort women' suffer in silence

(AP via International Herald Tribune - April 28, 2007)

http://www.iht.com/articles/ap/2007/04/28/asia/AS-GEN-Japan-Comfort-Women.php

TOKYO: Social stigma is preventing thousands of Japanese women who served occupying U.S. troops in official brothels from coming forward to seek compensation, a women's rights activist said Saturday.

An Associated Press review of historical documents indicates that U.S. authorities permitted Japan to operate an official brothel system for American troops in the early days after World War II — despite reports that many of the women were being forced to work in the brothels against their will.

"It is difficult for these women to come forward because of the social stigma attached to serving U.S. soldiers," said Mitsuko Nobukawa, an activist with the Tokyo-based Violence against Women in War Network.

"There were thousands of women who served in Japanese brothels around Asia during the war, too, but they suffered in silence and few have talked about their experiences," Nobukawa said.

Records show tens of thousands of Japanese women were employed to provide sex to U.S. troops until the spring of 1946, when Gen. Douglas MacArthur shut the brothels down.

About 350,000 U.S. troops were occupying Japan by the end of 1945, and a Japanese government-funded association employed 70,000 prostitutes to serve them, according to a memoir by Seiichi Kaburagi, the chief of public relations for association.

The records indicate that by then the Americans had full knowledge of Japan's reported of women in countries it invaded across Asia during the war, the records show.

Historians say that up to 200,000 women, mainly from China and Korea, provided sex for Japanese troops in military brothels across Asia during the war, and that many of them were coerced into sexual slavery.

Of these so-called "comfort women," at least 10 percent were Japanese, according to historians' estimates.


◆ 美しい壺日記 ◆ [慰安婦問題]産経・古森氏が、また歪曲報道2007/05/06/Sun

http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-61.html


Hatena ianfuグループ掲示板「事実委員会」全面公告を批判する

dempaxさんの投稿

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/bbs/25/57



Museum to 'comfort women' opens in Shanghai

By Xiao Zhen and Hui Linin Shanghai and Qi Wen in Guangzhou (China Daily - July 7, 2007)

http://www.chinadaily.com.cn/china/2007-07/07/content_912318.htm

moonmoon 2007/07/29 09:08 I am sorry to hear from people who had extremely hard times of their life and I can not imagine the suffer they had then however, everyone was suffered from War and poverty at that time and I am not quite sure her experience was the case that Japanese imperial army /navy or the government at that time was forced them to work as comfort women.

StiffmuscleStiffmuscle 2007/07/29 10:12 Hi, moon
Do you really believe that EVERYONE was equally suffered during the WWII and EVERYONE was equally poor at that time? You’re just downplaying the wartime atrocities IJA committed in its occupied Asian countries through these half-truths based on your false assumption by using the word ”EVERYONE.”
As you pointed out, Ms. Shirota had not been coerced by IJA. So, what was this was poor lady who had endured her life in poverty and absolute loneliness as had and have many other Japanese former ”comfort women” who have not come forward for some reason?

unkoreaunkorea 2008/01/07 07:19 自分を売り飛ばした親を恨むべきですね。

StiffmuscleStiffmuscle 2008/01/08 22:05 あなたが決めることではない。

nokoreanokorea 2009/01/27 03:32 自分を売り飛ばした親を恨むべきだな

yumitan51yumitan51 2012/08/23 15:44 今は2012年8月。。今になって初めて上記の記事をFacebookを通して読ませていただきました。城田さんのご冥福を心よりお祈りいたします。又、城田さんだけではなくこういった戦争体験者がどんどん亡くなっており、戦争の悲惨さを知る機会が少なくなってしまうのは残念です。Facebookにてブログshareしようともいます。ブログの投稿ありがとうございます。

StiffmuscleStiffmuscle 2012/08/24 01:29 yumitan51 さん お読みいただきありがとうございます。城田さんのように古い因習と戦争のいずれにも翻弄され、女性としてのごく当り前の幸せをつかむことができなかった女性の方々の名誉が1日も早く回復されるように望んでやみません。日本政府の勇気と正義に基づいた行動を欲します。

takayann_ctakayann_c 2012/08/24 17:43 突然失礼します。先日こちらの記事を拝読させていただいて、絶望と衝撃を受けました。
城田さんのご冥福をお祈りするとともに、こちらで紹介されていた城田さんの回想録『マリアの賛歌』を、復刊ドットコムというサイトにてリクエストしました。
その際、こちらのブログ記事のURLを紹介したのですが、先にこちらに承諾を取るべきだったと思い、コメント欄に、事後承諾の形で、大変恐縮ですが、書かせていただきました。
投票リクエストのページはこちらになります。 http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=55814
ご確認いただけますでしょうか?
もし、こちらのURL表記に不満がありましたら、修正もしくは再投稿をしたいと思っております。順番が逆になってしまい本当に申し訳ありません。気持ちが急いてしまいまして…。。よろしくお願い致します。

StiffmuscleStiffmuscle 2012/09/16 18:18 takayann_c 様
レスが大変遅くなり申しわけありません。
復刊ドットコムの件、了解しました。
手元に『マリアの賛歌』がありますので、可能ならばtakayann_cにお貸しして、お読みになっていただければと思ったりしていました。

この本の他に、城田さんについて書かれている本には以下のようなものがあります。
・山田盟子『慰安婦たちの太平洋戦争 秘められた女の戦記』(光人社、1991年)
・西野留美子『従軍慰安婦 元兵士たちの証言』(明石書店、1992年)

また、城田さん以外の元日本人「慰安婦」について書かれている本には以下のようなものがあります。
・川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房、1993年)
・広田和子『証言記録 従軍慰安婦・看護婦−戦場に生きた女の慟哭』(新人物往来社、1975年)
・玉井紀子『鉄火娼婦・高梨タカ一代記 日の丸を腰に巻いて』(徳間書店、1984年)

tokimistu108tokimistu108 2012/09/18 18:05 『マリヤの讃歌』私も持っています。今日問い合わせたところ、かにた出版部にはまだ在庫があるそうですよ。いくつあるのかは聞きませんでしたが。

leon-kubokkyleon-kubokky 2014/03/16 18:52 慰安婦問題が改めてクローズアップされ、国際問題にまで発展してしまいました。この事実を隠すには大きすぎる大罪をおかしたんだと改めて思いました。

chonburichonburi 2014/04/01 15:02 戦後、70年近くなって問題化させている人たちはその殆どが直接関係者ではありません。過去にあった悲惨な事実をこの無関係者が言い争う状況は理解に苦しみます。
特に韓国の陰湿なディスカウントジャパン活動に依って、この事実が翻弄される事は何とかならないものでしょうか?

etranger3_01etranger3_01 2016/02/25 06:25 相変わらず良い(善い)翻訳の仕事されていますね。
ご無沙汰しています。"Rearming Japan"のスクリプト起こし&翻訳でコラボしたGivingTreeです。またコラボしたいですね(^-^)

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。