Hatena::ブログ(Diary)

てぃーえすのワードパッド このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-29

やっぱり鳥がNo1

周武王東伐紂、夜濟河。時雲明如晝、八百之族、皆齊而歌。有大蜂状如丹鳥、飛集王舟、因以鳥畫其旗。翌日而梟紂、名其舟曰蜂舟。

魯哀公二年、鄭人撃趙簡子、得其蜂旗、則其類也。

武王使畫其像於幡旗、以爲吉兆。今人幡信爲鳥畫、則遺象也。

(王嘉『拾遺記』)



周の武王が殷の紂王を倒そうとしたとき、夜でありながら赤い鳥のような大きな蜂が武王の舟に群れ集まってきたのだそうだ。




そこで、武王は鳥のような謎の生き物の集合を吉兆であったと思って自分の旗に鳥を書くようになり、晋王朝の時代でもなお旗には鳥を書くという習慣が残っていたという。





や鳥N1

2016-09-27

淫泉

日南之南、有淫泉之浦。言其水浸淫縱地而出成淵、故曰淫泉。

或言此水甘軟、男女飲之則淫。・・・(後略)・・・

(王嘉『拾遺記』)



漢代頃の日南の更に南の方には「淫泉」という泉があったのだという。



もちろん、粘液性の物質がとめどなく湧き出してくる人体の一部とかそういう意味ではない。






諸説あるが、やはり私としては「水を飲むと淫らになる」というストレートな説を推したい。




というかその水を入手してみたい。

2016-09-26

蟹の形

(曹)仁果遣其子泰攻濡須城、分遣將軍常雕・督諸葛虔・王雙等、乗油船別襲中洲中洲者、部曲妻子所在也。仁自將萬人留橐皋、復為泰等後拒。(朱)桓部兵將攻取油船、或別撃雕等、桓等身自拒泰、燒營而退、遂梟雕、生虜雙、送武昌、臨陳斬溺、死者千餘。權嘉桓功、封嘉興侯、遷奮武將軍、領彭城相。

(『三国志』巻五十六、朱桓伝)



曹仁の配下の将に「諸葛虔」という者がいる。


まああの諸葛氏の関係なのだろう。




江表傳曰、是歳(孫)權遣諸葛壹偽叛以誘諸葛誕、誕以歩騎一萬迎壹於高山。權出涂中、遂至高山、潛軍以待之。誕覺而退。

(『三国志』巻四十七、呉主伝、赤烏十年)



一方、孫権の元にいた「諸葛壹」なる者が、魏の諸葛誕に対して偽降伏を行って諸葛誕に奇襲をかけようとしたという。





この「諸葛壹」は「諸葛虔」と同一人物ではなかろうか。


字形が似ているではないか。「聲」「蟹」のように。





「諸葛虔」=「諸葛壹」は諸葛誕の近しい親族で、上記の戦い、またはその後のどこかで呉に捕えられるか降伏して呉に仕えるようになったのではなかろうか。


それゆえに諸葛誕が呉との境界付近に赴任したことを呉は好機と見て「近親の諸葛誕降伏する」という体を作ったのだろう。

2016-09-25

ネッコが

ネッコが下痢していて心配なので寝る。



決して面倒とか何も思いつかないとかそういうアレではない。