Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2010-02-26

ROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン2号機 レビュー

f:id:UNOYO:20100226175303j:image

ROBOT魂に新カテゴリ<SIDE EVA>登場!

第一弾は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より、エヴァ2号機!


エヴァンゲリオン2号機

f:id:UNOYO:20100226175126j:image f:id:UNOYO:20100226175127j:image

真っ赤なボディが特徴のエヴァンゲリオン正規実用型。

映画ではアスカ・マリの二人のヒロインが搭乗。

冒頭からクライマックスまで大活躍でした。





f:id:UNOYO:20100226175128j:image

太めの胴に大きめの頭部、と設定画にかなり近いデザイン。

赤い部分は半ツヤの成型色で鮮やかに発色、塗装もつや消しで綺麗に仕上がっています。





f:id:UNOYO:20100226174910j:image

f:id:UNOYO:20100226174911j:image

おでこが二本ツノが特徴的な頭部。

映画のイメージどおりのバランスでいい感じです。





f:id:UNOYO:20100226174913j:image

f:id:UNOYO:20100226174912j:image

首はボールジョイントと球体関節の組み合わせにより

上下左右に大きく可動。





f:id:UNOYO:20100226174914j:image

f:id:UNOYO:20100226174915j:image

肩もボールジョイント+球体関節によりかなり広いの可動範囲を確保。

ウェポンラックはボディにボールジョイントで接続されています。





f:id:UNOYO:20100226174916j:image

肘、手首が球体ジョイントで可動。

金属軸が丸見えなのが少し残念な部分です。





f:id:UNOYO:20100226175413j:image f:id:UNOYO:20100226175414j:image

f:id:UNOYO:20100226175249j:image

腰は球体関節とダブルボールジョイントが仕込まれており前後に大きく可動。

ひねりを加えることも出来ます。






f:id:UNOYO:20100226174918j:image

f:id:UNOYO:20100226174917j:image

股関節にはROBOT魂独自の解釈で引き出し機構を搭載。

シルエットが少々崩れますが、足まわりの可動範囲が飛躍的にアップします。





f:id:UNOYO:20100226174919j:image

f:id:UNOYO:20100226174920j:image

垂直まで足を上げたり、180度開脚も楽々です。





f:id:UNOYO:20100226174921j:image

膝は2重関節で可動。膝下のアーマーは固定です。





f:id:UNOYO:20100226174922j:image

f:id:UNOYO:20100226174923j:image

足首は前後左右にスイング、接地性はバツグンです。

つま先を曲げることも可能。





f:id:UNOYO:20100226174924j:image

f:id:UNOYO:20100226174925j:image

f:id:UNOYO:20100226174926j:image

とにかくよく動きます。つづいてオプションの紹介。





f:id:UNOYO:20100226174927j:image

f:id:UNOYO:20100226175250j:image

オプションハンド&各種武装。

豊富な手首が付属しますが銃持ち手は右手用のみです。





f:id:UNOYO:20100226175251j:image

プログレッシブナイフは2本付属。

二刀流が可能です。





f:id:UNOYO:20100226175253j:image

f:id:UNOYO:20100226175252j:image

超電磁洋弓銃(ボウガン)は右腕に装備。

大きめに造型されており迫力があります。





f:id:UNOYO:20100226175254j:image

f:id:UNOYO:20100226175255j:image

ニードルガン(サンダースピア)も付属。

こちらも右腕に装備。先端がシャープでカッコイイです。





f:id:UNOYO:20100226175256j:image

アンビリカルケーブルは背中のジョイントに接続。

コード部分はリード線で自由に曲げることが出来ます。





f:id:UNOYO:20100226174928j:image

f:id:UNOYO:20100226174929j:image

f:id:UNOYO:20100226174930j:image

f:id:UNOYO:20100226174909j:image

肩のウェポンラックは飛行ユニットに換装可能。

下腕の装甲もウイング状のものと差し替えできます。





f:id:UNOYO:20100226175415j:image f:id:UNOYO:20100226175412j:image

飛行ユニット装着状態。

映画ではカッコよく飛び回るのかと思ったらほとんと自由落下だったという・・・





f:id:UNOYO:20100226175257j:image

レッツスカイダイビング





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20100226175259j:image

f:id:UNOYO:20100226175258j:image

f:id:UNOYO:20100226175248j:image

f:id:UNOYO:20100226175303j:image

f:id:UNOYO:20100226175302j:image

  f:id:UNOYO:20100226175129j:image f:id:UNOYO:20100226175125j:image

f:id:UNOYO:20100226175300j:image

f:id:UNOYO:20100226175305j:image

f:id:UNOYO:20100226175306j:image

f:id:UNOYO:20100226175301j:image

とにかくよくうごきます。

おかげで劇中のほとんどのシーンを再現可能。





f:id:UNOYO:20100226175304j:image

ポーズだけでもビーストモード。


以上、ROBOT魂エヴァンゲリオン2号機でした!


10月の魂ネイションでサプライズアイテムとして発表された

<SIDE EVA>の第一弾がはやくも登場。

中通りプロポーションとハイレベルな可動を併せ持つ

まさにエヴァの可動フィギュアのスタンダードと言って良い出来栄え。

「これぞ劇中再現」のキャッチコピーは伊達ではありませんでした。



ただ、人間が装甲を纏っているというデザインのエヴァにおいて、

股関節や肘などに見られるいかにもオモチャ然とした機構は少々ミスマッチ

ここは好き嫌いが別れるところかもしれません。


2号機にはサンダースピア、初号機にはATフィールドが付属ということで

オプション面も期待できそう。

零号機は是非N2ミサイルと包帯換装パーツ付きでお願いしたいところです。