Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2011-03-18

S.H.フィギュアーツ キュアブロッサム レビュー

f:id:UNOYO:20110318211356j:image

『大地に咲く一輪の花!』

ハートキャッチプリキュア!よりキュアブロッサムフィギュアーツに登場!


キュアブロッサム

f:id:UNOYO:20110318211656j:image f:id:UNOYO:20110318211657j:image

ハートキャッチプリキュアの主人公・花咲つぼみが変身するプリキュア

番組初期ではタイトルにもなってしまうほど名実ともに史上最弱のプリキュアでしたが

1年間を通して立派に成長し、最終的に最強のプリキュアへ。





f:id:UNOYO:20110318211658j:image

馬越嘉彦氏による独特のタッチのデザインを

うまく立体化できています。

ただしデザインの都合上自立が非常に難しくスタンド必須。





f:id:UNOYO:20110318211757j:image f:id:UNOYO:20110318211756j:image

f:id:UNOYO:20110318211758j:image f:id:UNOYO:20110318211759j:image

表情は全部で3種類。首を取り外すことなく交換できます。

出来もかなり良いですが瞳の色の彩度をもう少しあげたらより劇中に近くなったかも。





f:id:UNOYO:20110318210947j:image

f:id:UNOYO:20110318210946j:image

巨大なポニーテールは根元にジョイントが仕込まれており左右に可動。

保持もしっかりしています。





f:id:UNOYO:20110318210952j:image

ただし首の保持力がまったく追いつかないので今回は固定用の首ジョイントが付属します。

しかし固定用をつかってもなお不安定という恐るべきポニーテールの重量。

figmaジョイントならなんとかなる気がするんですが…





f:id:UNOYO:20110318210948j:image

f:id:UNOYO:20110318210950j:image

f:id:UNOYO:20110318210949j:image

可動範囲は前作の初代プリキュアコンビに匹敵。

劇中のポージングならほとんど再現できます。



f:id:UNOYO:20110318210951j:image

交換用手首も豊富に付属します。





f:id:UNOYO:20110318210953j:image

オプションとして変身アイテム

ココロパフュームが付属。

こういう小物はついてくるだけでうれしいです。





f:id:UNOYO:20110318210954j:image

専用武器ブロッサムタクトももちろん付属。

先端部分や中央のシリンダー部分はクリアパーツで再現。

さらにシリンダー部分は回転も可能です。





f:id:UNOYO:20110318211800j:image f:id:UNOYO:20110318211801j:image

f:id:UNOYO:20110318210955j:image

お供の妖精シプレオプションとして付属。

かなりクオリティが高いです。

パインにもタルトをつけてほしかった…





f:id:UNOYO:20110318210956j:image

専用台座にはブロッサムのロゴが入っています。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20110318211356j:image

f:id:UNOYO:20110318211402j:image

f:id:UNOYO:20110318211357j:image

f:id:UNOYO:20110318211359j:image

f:id:UNOYO:20110318211403j:image

f:id:UNOYO:20110318211400j:image

f:id:UNOYO:20110318211358j:image

f:id:UNOYO:20110318211401j:image

f:id:UNOYO:20110318211405j:image

おしりパンチは歴史に残る技ネーム。






f:id:UNOYO:20110318211404j:image

プリキュアは一人じゃない!

マリンは次回のレビューにて。


以上、フィギュアーツキュアブロッサムでした。


シリーズ中でも非常に人気の高いハートキャッチプリキュア

キャラクターであり、前作の初代プリキュアコンビも高クオリティだったことで

手元に届くのが非常に楽しみだった一品。


アクションフィギュア化がかなり難しそうな

デザインにも関わらずしっかりと可動とデザインの両立ができており

顔もこれまでのシリーズではトップクラスの可愛さと期待以上の出来でした。


絶対保持できないだろうな…と思っていた首部分には

固定用のジョイントを用意してくれたのもポイント。

オプションも充実しておりあとはマントをつけてくれたら完璧だったと思います。

ウェブ販売に期待かな?)