Hatena::ブログ(Diary)

あっ!やせいのひとりごとがとびだしてきた!

2017-08-18

「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング」の感想メモ

「劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング」の感想。


「今年一番面白い!」と思っていた別の映画の話の内容を忘れてしまい面白さを説明できなかったので、映画の内容を忘れないために感想を簡単なメモとして残しておくことにしました。

全体的な感想としては「(平均点が低めな)ライダー映画としては面白い方」です。


ネタバレを含むので続きから。

続きを読む

2017-08-14

「MINORI CHIHARA LIVE 2016 SUMMER DREAM5」3日目

MINORI CHIHARA LIVE 2016 SUMMER DREAM5

8/6の茅原実里のライブで河口湖ステラシアターに行って来ました。

(↑↑去年まで「ステラシアターまで」と「遠いところにわざわざ」みたいな書き方をしていたらしい・・・)


茅原実里のライブは昨年のSUMMER DREAM4以来で9回目。

春頃からツアーをやってたことすら知らなかったのですが、6年連続の恒例行事(?)として参加してきました。


セットリスト

01.「Freedom Dreamer

  • MC1

02.「KEY FOR LIFE

03.「Prism in the name of hope

04.「恋」

  • MC2

05.「夏を忘れたら」

06.「ビーカンVACATION☆」

07.「灼熱PARADISE」

  • Instrumental

08.「NEO FANTASIA」

  • MC3

09.「Dears〜ゆるやかな奇跡〜」

10.「会いたかった空

11.「Awakening the World」

12.「雨上がりの花よ咲け」

  • MC4

13.「TREASURE WORLD」

14.「SELF PRODUCER

15.「Best mark smile」

16.「Sunshine flower」

〜アンコール〜

17.「everlasting…」

18.「Contact 13th」

19.「HYPER NEW WORLD」

〜Wアンコール〜

20.「純白サンクチュアリィ


○大雑把な感想

  • 3日目のテーマが「power of smile」ということもあって、明るく柔らかい楽曲が多い印象
  • この日1日のバランスを考えるなら、もう少しアップテンポな曲があっても良かったと思う
  • 印象に残った曲は「恋」と「TREASURE WORLD」「SELF PRODUCER」「Best mark smile」の3連
  • SA.KANAちゃんかわいい

続きを読む

2017-08-02

2017-07-24

第3回大正義オフ 簡易レポート

7/16開催の第3回大正義オフに参加してきました。


ルールは2015,2016,2017の公式大会ルールを1人ずつ担当する3人1組のチーム戦。

過去2回と同様につくもさん・げべぼさんと組むものと思っていましたが、げべぼさんが別の方々と組むようだったので、今回はシニア日本一の経験があるジェラールさんと組むことにしました。


結果はベスト4。予選から4-2のチームが4つ並ぶ激戦区で、私の個人成績も3-3と微妙な結果でしたが、勝つべき相手にしっかり勝てていたため噛み合い良く予選抜けできました。決勝トーナメントは最後の試合の負けがチームの負けとなっているので悔しい結果ではあります。

負け試合の内容は「選択時間切れ」「選出ミス」「いわゆる択負け」「序盤の運要素による負け」だったので、満足いくものではないですが特に悲観することもないと思いました(もともとマッチ戦を意識しており、中身を改良して次週のぽちゃオフでベスト4になることはできました)。


〜使ったパーティ〜

★カプ・コケコ

ガブリアス

ウインディ

テッカグヤ

ギガイアス

★ポリゴン2


以下は対戦レポートと印象に残ったこと。


続きを読む

2017-07-17

「捕手異論」を読んだ感想。

捕手異論」を読んだので感想を。

著者はプロ野球OBで元千葉ロッテマリーンズ里崎智也

キャッチャーとして2006年の第1回WBC日本代表に選出されて、日本の優勝に大きく貢献するだけでなく大会のベストナインにも選出されました。その後も千葉ロッテの正捕手として活躍を続け、2014年に引退した選手です。


メディア露出が多くないパ・リーグの選手ということもあり、私もプレイスタイル以外についてはあまり詳しくなかったのですが、現役引退後の活動を見ている限り型破りな思考を持つ人間だということが分かったので、興味が沸いて本書を読むことにしました。

余談ですが、「型破り」と言うと変わっているように思うかもしれませんが、悪しき伝統や常識に囚われない合理的な思考を持っているというだけです。思考の在り方としては、その方が自然だと思うのですが、自然な思考をすることが「型破り」と表現されるのも不思議な話ですよね。


続きを読む