Hatena::ブログ(Diary)

アクチュアリー試験数学の研究



 アクチュアリー試験
 (社団法人日本アクチュアリー会資格試験、アク試験)
 に関して、一定の基礎力を有する方を対象に、
 より合格を確実にするための
 効率的な解法
 の追究を主目的としたブログです。
 なお、メールアドレスは
 actuary_math@yahoo.co.jp(半角)
 です。
 また、質問のメール等を出される場合は、
 http://d.hatena.ne.jp/actuary_math/20090510
 を御一読ください。
 詳細は
 プロフィール
 をご覧ください。

2010-06-02 続・(損保の)アクチュアリー2次試験

前回

http://d.hatena.ne.jp/actuary_math/20100531

のエントリーの後

(1)いわき@s_iwk)さんが2回目のブログエントリー

http://iwk.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/22-9278.html

(2)まいす(@maisudai)さんがブログエントリー

http://maisu.blog.shinobi.jp/Entry/957/

(3)むしまんさん(@mushiman2)からTweet

http://twitter.com/mushiman2/status/15172208763

といろいろな方から反響をいただいたので、こちらの方でも何点か補足いたします。

1.むしまんさんのTweetについて

私は勉強範囲はテキスト等の試験範囲のみ、所見は無難にプラスアルファ程度で十分、と考えてます。

ですが、後半の所見については賛成です。というよりも時間的に「無難にプラスアルファ程度」を書くので精一杯です。

前半ですが、生保と損保では違いがあるのかも知れません。

損保の場合は、最近の改正事項それもかなり細かい部分がしばしば出題対象になります。(特に損保2(損保会計))

前回の例だとソルベンシーの改正については、まず今年の試験で狙われる可能性が極めて大です。(などと私が書くまでもなく受験者の皆様は、対策を打たれているでしょうが)

2.海外情報

海外でCEIOPSの例はさすがにやり過ぎでした。

もちろん日本の試験なので海外の制度の問題それも最新の事情等が試験で聞かれることはありません。

論文問題で、ごくごくさわりでよいので海外の話を書き加えると上記のプラスアルファになりうるという意図でした。

そういうのに適切な日本語の資料は、いわきさん御紹介のジャーナル・会報別冊等の他に、例えば

欧州先進的な保険リスク管理システムに関する研究会」議題・資料

http://www.fsa.go.jp/frtc/kenkyu/ousyuu/index.html

同報告書

http://www.fsa.go.jp/frtc/kenkyu/20080909.html

等があります。

3.その他の情報

(1)前回書きもらしましたが、「損害保険会社の保険計理人の実務基準」は最近変わったばかり

http://www.actuaries.jp/info/sonpo_jitumukijun_H22.html

のでこれも要注意です。*1

(2)いわきさんがブログで挙げられている

生保商品の変遷〜アクチュアリーの果たした役割〜」(isbn:4892933813

に相当する損保の「背景」や「考え方」を知ることのできる本(で今入手可能なもの)をすぐには思いつきません。

法令の改正をパブリックコメントに諮る際などに資料として背景の説明が出てくることがあるので(ソルベンシーを例にとると

http://www.fsa.go.jp/news/19/hoken/20080207-1.html

の(参考2)等)、

そういうのを丹念に拾い上げていくしかないと思います。

御存じのとおり平成8年に半世紀ぶりに保険業法が改正されましたが、そこから10年ちょっとの間に(ある意味)そのときの改正以上に大きな変化が生じています。

(3)他には

社団法人生命保険協会発行の

生命保険会社のディスクロージャー〜虎の巻」 2007年版

http://www.seiho.or.jp/activity/publication/tora2007.html

が役立つかもしれません。

業界人以外が使わないような用語等を簡潔に解説してくれているところが(短文記述問題等に)役立ちます。(当然生保と損保は違う部分もあり、損保としては共通部分しか利用できないのですが*2

2007年度版が最後なのが本当に残念です。

4.文章を「作る」訓練

あと前回書き忘れたのですが、文章を書く訓練と共に文章を「作る」訓練をされるとよいかも知れません。

鉛筆(シャープペンシル)を使って書く訓練の必要性は前回のとおりですが、これだけでは文章を「作る」量が不足しがちです。

「作る」訓練は、鉛筆を使う必要はなくPCのキーボードをたたけば十分です。

具体的な訓練の場としては、例えば、社内外の研究会等の報告書、ブログ等が考えられます。

以上

*1http://www.actuaries.jp/comm/sonpo_jitumkjn.html で紹介されている実務基準へのリンクは最新の改正が反映されていないので更に要注意

*2:逆に生保の試験には当たり前すぎて使えないかもしれませんが

mushiman2mushiman2 2010/06/04 07:56 Tweetでは、TLが流れてしまうので、こちらに失礼します。
二次試験には、主に、以下の2つの考え方があるようです。

A) 二次試験は、アクチュアリーとしての素養を高めるもの
   であり、テキスト以外に、様々な文献を読むべきである。
   それによって理解はさらに深まる。また、二次試験は、
   実務にも役に立つ。また、正会員になって、ようやくアク
   チュアリーとしての出発点に立ったと言える、という文言
   を好む。
B) 二次試験は、試験に出ることは、2年目の研究会員程度
  でも、実務をしていれば、知ってる程度のことしかでない。
  ただ、試験となると、決まり文句を覚える等、試験特有の
  大変さがある。従って、要領よく無意味な勉強をすべきである。
  一方で、試験以外の分野で、好奇心を満たすと共に、自己の
  能力向上に努めるべきである。正会員は、必要だからしかた
  なく取るのであり、A)のような精神論には嫌悪を抱く。
  一方で、試験に受からない者も最低限の能力に欠けると見る。

上記B)の人から見ると、A)の考え方は、無意味な試験に、いわば
試験はこうあって欲しいという願望であり、現実の試験と峻別できて
いないと思えるでしょう、なぜ、あんな試験のために、そんな勉強する必要
があるのだ、と思えるでしょう。

さらに、上記2つ以外に、
C) 試験は正会員になりたいから受けるのであって、お勉強は
  嫌い、という人も現実には多くいます。あるいは、その素養に
  欠ける人も多くいます。

A)やB)から見ると、C)は、そもそもその存在すら認めたくない
ことでしょう。ただ、C)のような人が現実、重要な役割を果たして
いる会社も多くあります。また、最近は、ゆとり世代の入社に伴い、
初めてこのような人たちと真剣に向かい合うことを余儀なくされ
ている人も多いと聞きます。

このブログの試験勉強についてのアドバイスはA)向けであり、
B)、C)の人々には向いていません。おそらくは、B)の人は
注意を喚起しなくても、すぐにその点に気付くでしょう。
C)の人は、そもそもこのブログを読む人は少ないでしょう。
とはいえ、誰が読むかわからない以上、この点は、注意を
促すべきと考えます。

adleradler 2010/06/06 13:50 2次試験対策、ありがとうございます。
2次試験で(相当)躓いている者として、とても参考になります。
今後ともよろしくお願いします。

actuary_mathactuary_math 2010/06/07 20:39 mushiman2さん
コメントありがとうございました。新たなエントリーを立ち上げたのでご覧下さい。

adlerさん
コメントありがとうございます。私は損保なのでどこまでお役に立てるかは不明ですが、少しでもお力になれたとすれば幸いです。

actuary_mathactuary_math 2010/06/10 20:52 adlerさん
既にご覧になっているかも知れませんが、生保の2次試験の対策サイトがあるようです。
http://www23.atwiki.jp/ac2nd/