amari3のはてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-08-22

[][]YAPC::Asia Tokyo 2015に参加してきた

東京ビッグサイトで開催されたYAPC::Asia Tokyo 2015に参加してきた。ちなみに今回の参加は7回目である。初めて参加したのは2007年で、確かSledge 2の話とかがあったと記憶している。ブログを書くまでがYAPCなので、僕のYAPCはもうちょっとだけ続くんじゃ。

セッションの内容の多くはスライドが公開されると思うし、自分の感想を中心に書いていこうと思う。

続きを読む

2015-06-04

[]pop3sのテストメモ

pop3sが正しく動作しているかどうかの確認コマンドをメモ。

# openssl s_client -connect localhost:995

ブログさぼり気味なんで、自分用のメモ書きくらいから再開していこう。

2014-08-31

[][]YAPC::Asia Tokyo 2014に行ってきた

慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されたYAPC::Asia Tokyo 2014に参加してきたので、自分なりの感想を書こうと思う。昨年は諸事情で参加できなかったんで2年ぶりの参加となる。通算では6回目の参加。

各セッションの内容は、公開されているスライドを見ていただく方がいいと思うので、自分が感じた事を手短に書いていこうかと。

続きを読む

2014-03-29

[]PHPマイクロフレームワークSlimを使ってTinyURLを作ってみた

Slim は RubySinatra の様なマイクロフレームワークで、PHP で簡単な Webアプリを書くにはちょうどいいと思う。今回はその Slim を使って、短縮 URL(bitly みたいなやつ)を作ってみた。なお、tokuhirom さんの Amon2 のサンプルからアイデアを拝借しています。

環境

Mac OS X 10.9.2

PHP 5.4.26

See also

Slim Framework v2

インストール

Slim のインストールは Composer で行う。Ruby の Bundler や Perl の Carton の様なライブラリ管理ツールである。

% cd /path/to/project
% curl -s https://getcomposer.org/installer | php

composer.json に以下を記述する。

{
    "require": {
        "slim/slim": "2.*"
    }
}

以下のコマンドでインストールする。vendor ディレクトリに slim が格納される。

% php composer.phar install

ディレクトリレイアウト

ベターなディレクトリレイアウトがあるかもしれないけど、手探り状態で作ったので、良いディレクトリレイアウトがあったら教えて下さい!

project/
    composer.json
    composer.lock
    composer.phar
    root/  # ドキュメントルート
        .htaccess  # PHP ビルトインサーバを使用したので今回は必要なし
        index.php
    tmpl/  # テンプレート
        index.php
        result.php
    vendor/
        slim/slim/   # Slimライブラリ
    sql/
        sqlite3.sql
    development.db

TinyURL を作る

まずは DB のテーブルを作成する。以下のスキーマを作成して、sql/sqlite3.sql で保存する。

sql/sqlite3.sql

create table tinyurl (
    key varchar(20) primary key,
    url text
);

以下のコマンドを実行して、DB のテーブルを作成する。

% sqlite3 development.db < sql/sqlite3.sql

これで DB の準備は完了。

今回はあくまで動くものを作ることが目的なので、エラーチェックやバリデーション等は甘いです。

root/index.php

<?php
require '../vendor/autoload.php';

$app = new \Slim\Slim(array(
    "debug" => true,
    "templates.path" => "../tmpl"
));
$db = new PDO('sqlite:../development.db');

// 引数で指定した長さのランダムな文字列を生成
function stringRandom($len = 5) {
    if (!is_numeric($len) || $len <= 0) {
        die("positive interger is required.");
    }

    $str = '';
    for ($i = 0; $i < $len; ) {
        $num = mt_rand(0x30, 0x7A);
        if ((0x30 <= $num && $num <= 0x39) || (0x41 <= $num && $num <= 0x5A) ||
(0x61 <= $num && $num <= 0x7A)) {
            $str .= chr($num);
            $i++;
        }
    }
    return $str;
}

$app->get('/', function () use ($app) {
    $app->render("index.php");
});

$app->post('/create/', function () use ($app, $db) {
    $req = $app->request();
    $url = $req->post("url");
    if (!$url) {
        $app->redirect('/');
        return;
    }

    // dup check
    $sth = $db->prepare('SELECT key FROM tinyurl WHERE url = ? LIMIT 1;');
    $sth->execute(array($url));
    $result = $sth->fetch(PDO::FETCH_ASSOC);
    $key = $result['key'];
    if (!$key) {
        // create new one
        $key = stringRandom(6);
        $sth = $db->prepare('INSERT INTO tinyurl (key, url) VALUES (?, ?);');
        $sth->execute(array($key, $url));
    }
    $app->render('result.php', array("tinyurl" => $req->getUrl() . '/g/' . $key));
});

$app->get('/g/:key', function ($key) use ($app, $db) {
    if (!$key) {
        $app->redirect('/');
        return;
    }

    $sth = $db->prepare('SELECT url FROM tinyurl WHERE key = ? LIMIT 1;');
    $sth->execute(array($key));
    $result = $sth->fetch(PDO::FETCH_ASSOC);
    $url = $result['url'];
    $app->redirect(($url) ? $url : '/');
});

$app->run();
?>

tmpl/index.php

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>TinyURL</title>
    <meta charset="UTF-8">
  </head>
  <body>
    <h1>tinyurl</h1>
    <form action="/create/" method="POST">
      <input type="text" name="url" value="">
      <input type="submit" name="submit" value="tiny!">
    </form>
  </body>
</html>

tmpl/result.php

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>TinyURL</title>
    <meta charset="UTF-8">
  </head>
  <body>
    <h1>tinyurl</h1>
    <div><?php echo htmlspecialchars($tinyurl, ENT_QUOTES, "UTF-8"); ?></div>
    <a href="/">return to top</a>
  </body>
</html>

実際に作ってみた感想

小さな Webアプリを早く作るには非常に使いやすいと感じた。フルスクラッチで書くと煩雑になりがちな、ルーティングを気にしないでいいのが個人的には大きいかな。PHP で簡単な Webアプリを書く時にはぜひ使っていこうと思う。

2014-03-27

[]PHP Built-in server の使い方メモ

PHP 5.4 から Built-in server が追加されてて、手軽にWebアプリの動作確認が出来る事を今更知ったので、忘れないうちにメモしておく。

以下の様な感じで実行する。

% php -S localhost:8080 -c /path/to/php.ini -t /path/to/htdocs

これで、PHP における Webアプリの開発がものすごくやりやすくなった気がする。